高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!


    • 1: 高低差速報
      7月8日、チームメイトのユニフォームやバットなどを盗んだとして、元読売巨人の柿沢貴裕容疑者が窃盗の疑いで逮捕された。柿沢容疑者は盗んだ道具を売却し、約100万円を手にしたという。

      このニュースを受け、7月9日の『バラいろダンディ』(MX系)では、タレントの武井壮さんが自身のスポーツ観や日本スポーツ界の未来などを語った。(文:石川祐介)

      「スポーツ界はアスリートになるまでの間に、人としてどうやって生きるのかを教えるべき」

      番組中、武井さんは逮捕された元選手に対して、

      「スポーツをずっと頑張ってやってきて……、憧れの場所じゃないですか?ジャイアンツに入るってことは。それをこんな100万円ぐらいのお金を手に入れるために、全部失うわけじゃないですか」

      とコメント。多くの野球少年・少女が憧れる"読売巨人軍"に入団したにもかかわらず、たった100万円のために、選手としての可能性だけでなく、人としての信用を失ってしまったことの馬鹿馬鹿しさを口にし、呆れ顔を見せる。

      さらに、今回の事件を、スポーツ界全体が危機感を持たなければいけない問題と指摘する。

      「もっとスポーツ界はアスリートになるまでの間に、人としてどうやって生きるのかを教えるべきだと思うんですよ。お金の稼ぎ方もそうだし」

      スポーツの技術や勝ち方を教えるだけではなく、生きていくために大切な人間性や生活観もキチンと教える必要があると語気を強める。

      「スポーツマン=ちゃんとした人」という幻想を捨てるべき
      また、武井さんは日本のスポーツ界に対しても警鐘を鳴らす。

      「スポーツだけやってりゃまともな人になれるっていう幻想を、そろそろ日本のスポーツ界は捨てないと僕はダメだと思います。スポーツは夢あるけど、夢ない部分もちゃんと話していかないとダメ」

      最近だと日大アメフト部の問題が記憶に新しいが、今年1月には、カヌーの有力選手がライバル選手の飲み物に禁止薬物を混入させた事件が話題になった。スポーツに真剣に取り組んだ結果、問題を起こしてしまう選手は少なくない。

      また、米メディアによると、NBAプレイヤーの60%が引退から5年以内に自己破産しているという。スポーツで活躍したからといって、健全な生活を送れるわけではない。スポーツをただやらせるのではなく、スポーツから何を学習できるのかをキチンとデザインしないと、どの種目でも同じような問題は生じてしまうかもしれない。
      武井壮「スポーツだけやっていればまともな人になる、という幻想を捨てないとダメ」 巨人選手の窃盗騒動でコメント

      引用記事:http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14995509/

      関連記事


      武井壮さん「スポーツだけやっていればまともな人になる、という幻想を捨てないとダメ」 巨人選手の窃盗騒動でコメント の続きを読む


    • 1: 高低差速報
      僕の田舎に若者が移住して3年!彼は"失敗した"と後悔中だよ

      僕の実家は山奥にある限界集落なのですが、そこに20代の若者が移住してきました。
      だがしかし・・・

      村の住人はみんな、その人が移住してくることに反対しているのです!!
      「何が目的でこんな村に来るんだろう」
      「悪いことを考えているのではないか」
      本気でそんなことを言っています。
      「地方創生だ~」「地方移住だ~」と政府や行政がハタを振っても、現場の実態はこんなものです。
      「働き手がいない」「若い人は出て行く」と、なげきながら・・・
      いざ外から若者が来るとなったら、みんな全力で反対します!!
      彼が実際に移住してきてから、あともう少しで3年となります。
      話を聞いてみると、「移住は失敗だった」とめっちゃ後悔していました!!
      「田舎って不便ながらも、お互い助け合っているイメージだった」
      「でも僕がここで見てきたものは、それとは正反対のことばかり」
      彼が実際に僕の村で体験した理不尽な出来事は、たとえば以下のようなものです。
      1.村長を押し付け
      村では年に1回、村長を誰にするか話し合いが行われます。
      村長は週一で町の会合に出たりと忙しいので、誰もやりたがりません。
      みんなが持ち回りで村長をするので、だいたい順番は決まっているのですが・・・
      次になる予定の人が「自分はやりたくない」とグズりだし、収拾がつかなくなったのです。
      さんざん話し合いは長引いた結果、最終的にその村で一番の若手が村長になりました。
      「村長をやりたくない」という老人たちが、一番弱い立場にある若者へ押し付けたのです!!
       2.呼びかけに応じない
      今回の豪雨で、村にたくさんの被害が出ました。
      そこで土砂の撤去をするため、村長が村人全員に集まるよう呼び掛けたのです。
      しかしそこで集まったのは、ほぼ40代以下の若者だけ。
      それより上の年代の人は、2人しか来ませんでした。
      村長に聞くと、「うちのことで大変だから」とみな断ってきたようです。
      なのに口だけは達者で、「うちの前の土砂も撤去してほしい」とか言ってきます。
      集まった若者はみんなシラけて、気分を悪くしながら作業しました。
      3.怒鳴られる
      移住してきた彼は今年、村のお祭りを仕切ることになりました。
      普段はカット野菜などを買って、手間なく料理を準備するのですが・・・
      彼は「村の野菜を使ったらどうか」という案を出したのです。
      「この村で野菜を作っている人は多いから、それを持ち寄ってみんなで食べよう」
      「去年より手間はかかってしまうが、地産地消で村のつながりは強くなるのでは」
      そう言って、村の婦人会に手伝いをお願いしに行ったのですが・・・
      「勝手にそんなこと決めるな!!」と、1人の女性に怒鳴られたそうです。
      最終的に、彼が村のためを思って出したアイデアはボツとされました。
      田舎の人は優しくない
      「今いる彼女と結婚する予定だが、この村に呼ぶのをためらってしまう」
      「協力隊として呼んでもらったのに恐縮だが、出ていくことも考えてる」

      引用記事:http://yukihiro.hatenablog.com/entry/2015/12/02/210501
      fukei_mura



      関連記事

      【悲報】田舎の若者「甘い言葉で田舎に移住者を呼び込むのは害悪、糞みたいな老害しかいない」 の続きを読む


    • 1: 高低差速報
      霞ヶ関に突如現れた黒塗り広告。その企画意図は?

      ケンドリック・ラマーのセンセーショナルな広告が、突如東京メトロ国会議事堂前駅、霞ヶ関駅に出現した。

      公的文書のような紙に書かれた文字を黒く塗りつぶし、その上にはケンドリック・ラマーの最新アルバムタイトルである『DAMN.』の文字、そしてケンドリックのサインが記されている。

      日本に住む私たちには見覚えのある黒塗り文書。広告は全部で8種類あるが、塗りつぶされた文面をよくよく見ると、森友・加計問題を巡って国や自治体が公表した文書、そしてパワハラ告発に対してレスリング協会が出した見解文書をパロディーしているようだ。

      これまでも自身の音楽を通して、社会的・政治的なメッセージを発信してきたケンドリック・ラマー。不都合なものを隠す黒塗りの文書の上に「DAMN.(クソが!)」の文字が重ねられたこの広告にはどんなねらいがあるのだろうか。

      広告の企画者はCINRA.NETの取材に対して次のように明かす。

      「ケンドリック・ラマーは世界で初めてラッパーとして『ピュリツァー賞』を受賞したことからもわかるように、今日の世界において、音楽という観点のみならず政治的・社会的にも重要なメッセージを発信し続けている人物です。彼の現在の世界における重要さを日本の皆様に理解してもらうために、政治的・社会的に重要な問題へのアプローチを広告にしました」

      「現在日本社会を大きく揺るがしている、いわゆる『黒塗り文書』などに関する文書のパロディーグラフィックを製作し、その黒塗り部分に彼の代表作である『DAMN.』(クソが!)の文字を重ねる企画になっています」。

      また「黒塗り」を採用したことについては「本来は何かを暴くため、抵抗するため、声を挙げるための力である『黒』の力が、何かを隠蔽するため、抑圧するため、声を押し○すために使われる日本社会への皮肉なメッセージになればいいと考えました」。

      市アック最新アルバム『DAMN.』でヒップホップアーティスト初の『ピュリツァー賞』

      2017年に発表された『DAMN.』は、昨年アメリカで年間売上チャート1位を獲得した、ケンドリック・ラマーの4枚目のスタジオアルバム。

      今年発表された『グラミー賞』では5部門を受賞し、U2のボノ、The Edge、コメディアンのデイヴ・シャペルをフィーチャーした授賞式での圧巻のパフォーマンスも記憶に新しい。

      no title


      4月には『DAMN.』でヒップホップアーティスト初となる『ピュリツァー賞』を受賞。クラシックやジャズのミュージシャン以外が『ピュリツァー賞』音楽部門を受賞したのも、同部門が設立された1943年以来初という快挙だった。

      https://www.youtube.com/watch?v=bhCfQ8BGow8



      ケンドリック・ラマーは『DAMN.』について「(前作)『To Pimp a Butterfly』では世界を変える事や、物事に対してどう取り組み立ち向かっていくか、というアイディアを提案したんだ。今回『DAMN.』では、自分自身が変わらないと世界を変える事はできない、という考えを提示したんだ」と述べている。

      社会的・政治的な問題意識が込められた作品群

      犯罪率や貧困率の高く、アメリカで最も危険な地域とも言われるカリフォルニア州コンプトンで生まれ育ったケンドリック・ラマー。自身の内面に抱える葛藤や、貧困、人種差別、マイノリティーに対する社会の無理解への抵抗を音楽に込めてきた。

      2012年のメジャーデビューアルバム『Good Kid M.a.a.D City』では、自身の体験をもとに、ギャングの抗争や暴力が蔓延し、貧困に苦しむコンプトンでの厳しい現実が表現されている。

      以下全文はソース先で

      ケンドリック・ラマーの広告が掲出された霞ヶ関駅構内
      no title

      国会議事堂前駅、霞ヶ関駅に掲出されたケンドリック・ラマーの広告
      no title

      no title



      引用記事:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00013528-cinranet-musi
      ケンドリック・ラマーの「黒塗り広告」が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 の続きを読む


    • 1: 高低差速報
       6月11日に『コカ・コーラ クリア』(日本コカ・コーラ)が、同19日にはノンアルコールビールテイスト飲料『オールフリー オールタイム』
      (サントリービール)が登場した。これまで、紅茶やラテなどが無色透明になって驚かされたが、透明化の波はおさまりそうにない。

       それにしても、コカ・コーラといえば黒褐色なもの、だったが、そう簡単に透明に至りはしなかったようだ。

      「『コカ・コーラ クリア』は日本で企画され、米国本社で開発されました。長年親しまれているコカ・コーラ独特の液色にはカラメルが不可欠ですが、
      透明にするにはカラメルが使えません。そこで、さまざまな原材料、フレーバーを吟味し、50種類以上のサンプルを作り、目新しさを追求したのです」
      (日本コカ・コーラ 広報部)

       もう一方の『オールフリー オールタイム』についても聞いてみた。透明にした、その理由は?

      「ノンアルコールビールテイスト飲料の飲用シーンを、仕事中などのオンタイムにも拡げるべく開発しました。これまでのノンアルコールビールテイスト飲料は
      缶が主流でしたが、見た目が“缶ビール”ではオンタイムに飲むことに抵抗を感じるかたもいる。その点、ペットボトルが最適ですが、液色が見えてしまい、
      その液色がビールをイメージさせてしまう。そこで、中味も見た目も透明にする必要があったのです」(サントリービール・大津亮さん)

       このように、クリア飲料が続々と増えている理由について、トレンド総研の福田結生さんはこう語る。

      「見た目は水なのに、味が違うというギャップが消費者にウケていると思います」(以下「」内、福田さん)

       2010年に発売された『い・ろ・は・す みかん』から始まったこの動きは、徐々に広がりをみせた。

      「ラテや紅茶が透明だという斬新さから、一度は試してみたくなり、飲んだらSNSでシェアしたくなる。その流れがうまく機能しているのではないでしょうか」

       さらには、人目を気にする 日本人の気質も関係ありそうだ。

      引用記事:https://www.news-postseven.com/archives/20180708_715444.html
      no title

      関連記事

      透明コーラ、透明ビール、透明紅茶… 最近「透明飲料」がウケている理由 の続きを読む

      このページのトップヘ