高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!


    • 1: 高低差速報
      雑誌『週刊プレイボーイ』で連載中の、対談コラム「なんかヘンだよね」
      ホリエモンとひろゆき氏が、ニッポンの“ヘン”を語り尽くします。

      今週のテーマは、「元号」について。

      ホリ システムは全部西暦でいいんだよ。

      ひろ 1年ごとに区切れるならまだしも、例えば1月7日までは昭和64年ですけど、1月8日からは平成ですし、こんな感じでルールがややこしすぎるんですよ。
      今は長さの単位って主にmとかcmになっていますけど、昔の日本は「尺」とか「寸」とか使っていましたよね。あんな感じで使いたい人だけ使う感じにしたほうがいいと思います。

      ホリ 同意。

      ひろ ちなみに、日本人が海外で運転免許証を見せるときにも結構困るんですよね。海外で免許証を身分証代わりに使おうと思っても、
      日本の免許証って生年月日が平成とか昭和で書かれているから、外国人に上手く伝わらないんですよ。

      ホリ そうそう。あれはかなり不便だよね。だから、俺はわざわざ船舶免許証を持ち歩いているもん。
      船舶免許って西暦で英語表記もあるから海外でも身分証として使えて便利なんだよね。

      ホリ 本当は自動車の免許証でいけるようになればいいんだけど。

      ひろ ってことで、社会システムの部分はそろそろ西暦に統一した方がいい派が増えて欲しいものです。でも、
      あんまりそういう話が主流にならないですよねぇ。ITに関わってないと、元号とかすげーめんどくさいし、間違いのもとだし、コストも上がるとか、わからないものなんですかね。

      ホリ 元号を使っている日本って、けっこう稀なケースっぽいよ。

      ひろ 1977年に行った世論調査では元号存続派が80%、廃止派が5%だったらしいんですけど、今一度調査してみてもおもしろいでしょうね。公的な書類を書く時に「あれ? 今年って平成何年だっけ?」と戸惑う人も少なくないでしょうし。

      ホリ やっぱり、めんどくさいよな。利便性の妨げになってしまっているのは事実。

      引用記事:http://weblog.horiemon.com/100blog/46812/
      関連記事


      堀江貴文さん「元号なんていらないじゃん!効率悪い!日本はバカだな西暦で統一しろや」 の続きを読む


    • 1: 高低差速報
      近代以降、ヨーロッパのエリート養成を担ってきた教育機関では長らく哲学と歴史が必修とされてきました。今日に至っても、たとえば政治・経済のエリートを数多く輩出しているオックスフォードの看板学部「PPE=Philosophy, Politics and Economics」(哲学・政治・経済学科)では、哲学が三学領域の筆頭となっていますし、フランスの高等学校課程=リセでは、理系・文系を問わずに哲学が必修科目となっており、バカロレアの第一日目の最初に実施されるのは伝統的に哲学の試験とされています。パリにしばらく滞在した人であれば、バカロレアの哲学試験にどのような問題が出されたか、自分ならどう答えるかがオフィスやカフェで話題になっているのを耳にしたことがあるのではないでしょうか。

      あるいはアメリカに目を転じても、エリート経営者の教育機関として名高いアスペン研究所では、世界中で最も「時給」の高い人々であるグローバル企業の経営幹部候補が集められ、風光明媚なスキーリゾートとして知られるアスペンの山麓で、プラトン、アリストテレス、マキャベリ、ホッブズ、ロック、ルソー、マルクスといった哲学・社会学の古典をみっちりと学んでいます。

      彼らはなぜ、ともすれば「役に立たない学問の代表」とされがちな「哲学」を、これだけプライオリティの高い学問として学んでいるのでしょうか。アスペン研究所設立のきっかけとなった1949年の国際カンファレンス「ゲーテ生誕200年祭」において、発起人の一人であるシカゴ大学教授(当時)のロバート・ハッチンスは「リーダーに教養が求められる理由」について次のように言及しています。

      ・無教養な専門家こそ、われわれの文明にとっての最大の脅威
      ・専門家というものは、専門的能力があるからといって無教養であったり、諸々の事柄に無知であったりしていいものだろうか
      (日本アスペン研究所HPより)
      実に強烈です。哲学を学ぶと「役に立つ」とか「カッコいい」とか「賢くなる」ということではない、哲学を学ばずに社会的な立場だけを得た人、そのような人は「文明にとっての脅威」、つまり「危険な存在」になってしまうというのがハッチンスの指摘です。

      ひるがえって、わが国の状況はどうでしょうか。たまさか、筆者は先日ある経済団体の集まりに問題提起者として参加し、財界を代表する経営者と「文化と企業」の関係について議論する機会を持ちました。しかし、ここでわかったのは、このテーマについて、まともに「自分の意見を述べる」ことができる経営者が、少なくともその場にはいなかった、ということでした。多くの経営者は「文化は儲からない」「祇園におカネを落としたいが時間がない」といった幼稚なコメントに終始し、まともに「企業経営が文化形成に与える影響」について議論することができませんでした。

      一方で、このように無教養な「お金儲けの専門家」によって率いられている多くの日本企業から、子どもでさえ仰天させるようなコンプライアンス違反が続出しているわが国の状況を鑑みれば、このアスペン研究所設立の前提となったハッチンスの問題意識が極めて予見性に満ちたものであったことがわかります。
      引用記事:https://toyokeizai.net/articles/-/221844

      book_yoko




      関連記事

      「地位はあるけど教養がない」人たちの末路とは の続きを読む


    • 1: 高低差速報
      味の素株式会社が20代~60代の男女1万人を対象に「みそ汁に関する調査」行い、その結果を伝えたい。

      ■みそ汁が大好きな都道府県ランキング
      まず、「みそ汁が大好きな都道府県ランキング」だ。1位は「北海道」、2位は「東京都」、3位は「長野県」となった。

      ■よく使う具材は?
      みそ汁によく使う具材は、1位はダントツで「豆腐」(83.6%)、2位が「わかめ」(75.6%)、3位に「油揚げ」(69.7%)がランクイン。
      みんなもこの辺は普通にみそ汁に入れて飲むだろう。

      ■意外に合うみそ汁の具材ランキング
      続いて「意外に合うみそ汁の具材ランキング」となるが、トマトが1位で最多となった。2位は「「かぼちゃ」、3位は「さつまいも」、
      4位以下は「納豆」「レタス」「じゃがいも」「なす」「卵」「玉ねぎ」「キャベツ」となっている。

      ■意外にみそ汁に合うメニューランキング
      また具材ではなくみそ汁と一緒に食べてみて意外とおいしかったメニューについても調査。1位は2位に倍以上の差をつけ、
      ダントツで「カレー」となった。2位は「トースト」、3位は「パン」、4位以下は「スパゲッティ」「炒飯」「白米」「焼きそば」「お好み焼き」
      「ハンバーグ」「オムライス」となった。

      味の素の「ほんだし」のウェブサイトにはみそ汁に関するコラムや調理の時短の裏技、みそ汁に合う旬の野菜情報などの情報が
      掲載されている。
      引用記事:http://gogotsu.com/archives/40059



      food_omisoshiru



      関連記事

      意外と味噌汁に合う「具材」「メニュー」「都道府県」ランキングの続きを読む

      このページのトップヘ