高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!


    • 1: 高低差速報
      * * *

      ホリ 大学生の生活費の中で、携帯電話代金の占める割合が増えているっていう日本学生支援機構のデータがあったけど、それっておかしくない?

      ひろ 仕事で使う人は除きますけど、携帯電話の料金って要領の悪い人ほど高くなるイメージがあります。

      ホリ だよね。そもそも大学生なら「格安スマホ」とか「格安SIM」と呼ばれるMVNOを使えば安くなるのに。

      ひろ 時間帯によっては通信速度が遅くなるといわれてますが、単純に携帯料金を安くしようと思えばMVNOは有効ですよね。大手キャリアに比べて、半額から3分の1になりますから。

      ホリ 「お金がない」と言っている人ほどムダ遣いをしてるよね。

      ひろ あとは、「節約とか細かいことはよくわかんねえ」みたいなのが、男らしいと思われるような価値観もあるような…。

      ホリ ちなみに俺は昔、MVNOを使ってたけど、通信速度が微妙だったから、結局、キャリアの回線を使ってる。海外に行っても手間なくそのまま使えるし。

      ひろ 僕は日本にいるときには「au」っすね。フランスにいるときには格安のサービスを使っていて、日本やアメリカの固定電話にかけても通話料がかからないプランなので、毎月2600円ぐらいかな? ほかのヨーロッパの国に行ってもローミングしてくれるのでそのまま使えて便利なんですよ。日本でauを使っているのは、SIMをなくしてもすぐに対応してくれるからって理由だけです。

      ホリ なんでみんなMVNOを使わないんだろ?

      ひろ そもそも知らない人が多いんじゃないですか? 自分のスマホのSIMカードが交換できることを知らない人は多そうですし、SIMロック解除とかよくわからない人もたくさんいそうです。

      ホリ 昔は大手キャリアで契約した場合はSIMロック解除ができなかったけど、少し前に総務省のガイドラインが策定されてからは、契約から一定期間過ぎたら簡単に解除できるのにね。

      ひろ まあ、なんだかよくわからないから手を出さないって層は、一定数いる気がします。

      ホリ キャリアで買うと端末が割賦で購入できるというポイントもあるのかもね。月々の支払額だけ見るとべらぼうに高いわけじゃないし、複雑な割引システムやキャンペーンに引っ張られている感じもしなくはない。とはいえ、結局、大手キャリアと格安SIMではトータルで支払う金額が全然違ってくるのに。

      ひろ まあ、自分が支払うトータルの金額を全員が把握しているわけではないですからね。それができたらクレジットカードのリボ払いなんて存在しないわけで。

      ホリ あれはヤバいよね。「月々決まった額」とか「少額で返せる」なんて聞こえのいい触れ込みだけど、高い金利のせいで元本がなかなか減らないなんてこともある。

      ひろ でも、リボ払いを使っている人は少なくないですよね。

      ホリ まあ、納得しているならいいけど、そうじゃない人だらけなのが問題なんだよ。
      引用記事:http://wpb.shueisha.co.jp/2018/05/05/104006/
      img_87e8cc28922d6eb5bef31a9dc2ed3be5170611



      関連記事

      お金がない学生ほど無駄遣いしてる?とホリエモン×ひろゆき「なんでMVNOを使わないんだろ」 の続きを読む


    • 1: 高低差速報
      炭水化物を抜くダイエットって健康面でどうなの? 医師に聞いてみたら…「考えさせられる回答」が返ってきた


      今回、私の質問にこたえてくれたのは、今まで何度も禁煙の相談に乗ってくれたお茶の水循環器内科の
      院長・五十嵐健祐先生。その質問と回答は以下の通りである。

      私:「最近、炭水化物抜きダイエットが流行っていますね。単刀直入にお聞きしますが、健康面の影響はどうなのでしょう?」

      先生:「炭水化物抜きダイエット(糖質制限ダイエット)に関しては、近年急速に注目を浴びているのですが、
      医師によって意見が分かれる部分があります」

      私:「つまり、先生によっても意見が分かれるってことは……否定的な見解を示す先生もいるってことですね?」

      先生:「はい、まだ長期のデータがないので、色々と意見が分かれているのが現状です。ただ、私個人としては
      「糖質制限はほどほどであれば良いのでは」と考えています。

      また、炭水化物制限の食事を実践している人で、血糖が改善しているケースを臨床的に経験することもあります。
      例えば、検診で初期の糖尿病・糖尿病予備軍と言われた方が運動をして、なおかつ炭水化物の摂り過ぎに
      気を付けると、その後に血糖が基準範囲まで改善したというケースはしばしば経験します」

      私:「お! 問題ないんじゃないですか!」

      先生:「と、言いたいところなのですが、「100%問題ない」と言い切れるわけではないんですよ。なぜかと言うと、
      特定の食事療法が健康に良いかどうかを判断するためには、1年や2年ではなく、10年20年という単位で長期的にも
      問題がないかを検証する必要があるからです。

      しかし、日本で炭水化物抜きダイエットがブームになったのはここ数年のことでして、そういう食事を長期間行うことが
      本当に安全なのかどうかを検証した長期のデータがまだ無いんです」
      引用記事:https://rocketnews24.com/2018/05/15/1061896/
      fe9035d4aae1434aed73db640f42ecd7



      関連記事

      医者 「糖質(炭水化物)制限ダイエットは、効果はあるが、20年後も健康であるというデータがない」 の続きを読む

      このページのトップヘ