高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    • 2ちゃんねるのコメント


      1:
       「頑張る学生を『意識高い系』と批判して足を引っ張ることは、社会的な損失だ」。
      意識高い系という言葉にはいま、こんな批判が寄せられています。
      ボランティアや就活イベントに広まる「一人でやってくる現象」、社会は変えられないという無力感。一体、何が起きているのでしょうか。(朝日新聞 東京社会部記者・原田朱美)


      「この言葉で、どれほど心を折られてきたか」

       〈意識高い系という言葉が、大嫌いです〉
       子どもの貧困問題に取り組むNPO法人「キッズドア」の渡辺由美子理事長(51)は先日、自身のフェイスブックに、こう書き込みました。そして、こう続きました。
       〈日々、子どもたちのために自分の時間をつかって頑張る大学生ボランティアが、この「意識高い系」という言葉で、どれほど心を折られてきたか〉

      「やっぱり『友達は誘いづらい』」

       渡辺さんは、残念そうに語ります。
       「うちでやってる無料学習支援のボランティアに来てくれる学生さんって、みんな一人で申し込んでくるんですよ。
      『意識高い系って言われちゃうから、友達には黙って来た』言うんです。本人は、すごく楽しそうに活動してくれる」
       「でも、うちでイベントをやる時に『友達を誘ってよ』って頼むと、やっぱり『友達は誘いづらい』って。もったいないなあ。どうにかならないのかなあ」。

       渡辺さんは2007年にキッズドアを立ち上げました。300人ほどの学生ボランティアが日々活動していますが、「意識高い系」が学生の行動に影響し始めたのは4~5年前からだといいます。
       学生がボランティアを敬遠する現状を解決するべく、渡辺さんは、企業の人たちに「採用選考のエントリーシートにボランティア経験を記入する欄を作って」と提案しているそうです。
       「就活のためのボランティアでいいんですよ! 何もしないより! ずっと企業セミナーだけに行くより、役に立ちますよ。
      どんな目的であれ、まずはやってみたら、感じることがあるでしょう? そこから考えるのが大事なんです」。


      「ああいう子を孤立させない方法が必要」

       もう一人、話を聞きました。
       原田謙介さん(29)。若者の政治参加を目指すNPO法人「Youth Create」の代表を務めます。
       社会貢献やボランティア活動をする若者は「意識高い系」と言われやすいですが、最も言われる率が高いのが、政治です。
       原田さんの活動も、「意識高い系」って言われるんじゃないですか?
       「言われますね。元々は褒め言葉なのに攻撃的な言葉になっちゃって、違和感があります」。
       渡辺さんと同じ「一人でやってくる現象」は、原田さんも経験があるそうです。
       「若者と政治を考えるイベントに来る子って、一人で来るんですよね。地方から一人で、友達に黙って上京してくる子もいる」
       「本当は、僕が学校に出向いて出前授業をやって『政治に参加しよう』って呼びかけるより、こういうイベントに来る子が学校に帰って友達に『楽しかった』って言う方が、はるかに効果があるのに。ああいう子を孤立させない方法が必要ですよね」。
       原田さんは、一人でやってきた子には、自分の体験談を話すようにしているそうです。
       大学時代、原田さんは20代の投票率向上を目指して学生団体「ivote」を立ち上げました。2008年。ちょうど、「意識高い系」が批判され始めた頃です。
       当初は、やはり「意識高い活動やねえ」と、友達に引き気味に言われていましたが、そのまま数カ月続けたら「そういうキャラ」として「政治に関することは原田に聞こう」と認知されるようになりました。

      「本人も周りも、若者代表だなんて思ってません」

       ただ、今の若者に「思い切って友達に言えば」と提案すると、「え~」と半信半疑だそうです。メディアの取り上げ方にも、原田さんは注文を付けます。
       「メディアが、政治に参加する若者をすごい人って祭り上げちゃうと、他の子が参加するハードルが高くなるので、アウト」
       「普通の子なのに。あと政治や社会問題に関わっている子を『若者の代表です』っていう扱いで出すのもアウト。本人も周りも、若者代表だなんて思ってませんよ」。
       たしかに取材中、意識高い系が嫌いだという学生からは、「私たちの代表みたいなスタンスで意見を言うのがムカつく。彼らの方が圧倒的に数が少ないんだからマイノリティじゃん」という声を聞きました。
       原田さんは、若者と政治を遠ざけない工夫が、メディア側にも必要だと言います。

      「意識高い系」で失ったもの ボランティア・政治参加、阻む無力感 - withnews(ウィズニュース) 2016年04月02日
      http://withnews.jp/article/f0160402003qq000000000000000W03j10101qq000013222A

      続きます
      page07_01




      【悲報】IKEAの机の中身、ハニカム構造の厚紙だったwwwwwwwww


      【悲報】北海道で史上稀に見る猛吹雪で大変なことに・・・

      【緊急】 misono(31)が超ヤバイ・・・・ (●Д●;))

      【衝撃】 マ ジ か よ ……っ て な る 画 像く だ さ い

      【画像】右足だけで100kgあるインド人が発見される

      宇宙最大のブラックホールをもつ銀河を撮影 太陽の210億倍、ハッブル宇宙望遠鏡で

      【画像】SEALDsが名古屋で渋滞を発生させながらデモ「民主主義ってこれだ!」

      【悲報】イタ飯屋予約客40名が一人も来ない

      もしも「国」がなかったらどうなると思う?

      俺、Amazonで箱買いしたチキンラーメンを泣く泣く捨てる

      参照記事 : http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1459718309/



      【議論】“意識高い系”批判で失ったボランティアや政治参加。の続きを読む

      このページのトップヘ