2:
どの本の影響を受けるかで
とんでもないアホになったり
とんでもない賢者になったりする

3:
>>2
良くも悪くも読書の影響力って地味にあるよな
以前はゲームがなんたらとか騒がれてたけど下手したら読書のほうが悪影響だと思うわ

4:
読書しないとアホになる……?

6:
「とりあえず読んだら何か感想を持たなくちゃいけない」
みたいな風潮があるのは読書感想文が生んだ弊害だと思う

7:
しなくても頭いいやつはいいしすぎて自分の頭で考えられなくなるやつもいる
頭の良さなんて性格みたいなもんだ

9:
実際、読書しなくても頭良いひとってほとんどいなくね?
読書はしないけど新聞は読むみたいなひともみたことないし
情報収集する習慣があるならほぼ確実に読書もするとおもうのだが

対人能力があるとかそういうタイプの頭良いということならまた別問題だろうけど

11:
>>9
普通にいるけど……

14:
>>9
頭いいってなに?
東大に入るとかならゴロゴロいる

17:
>>14
ゴロゴロはいないだろ(むしろレポートを書くときや講義で参考図書も読まされるし)
逆に東大生だけど全然読書はしないのだとしたらそいつは相当知識に偏りがあるとおもう



【画像】WiiUを売る人、続々登場wwwwwwwwwwww


彼女「結婚式上げたくない…」僕「なんで?」彼女「呼ぶ友達いないから…」僕「僕も…」

【悲報】父親が大企業の人事だった結果wwwwwwwwww

【画像】雲の上を走る道路が話題に

【悲報】マックの新商品の名前、パクリだった・・・

台湾の平均月収wwwwwwwww





10:
インターネットすれば頭よくなる

12:
インターネットだけだとかなり限界があるとおもうのだが

24:
>>12
皮肉だよ
お前ら一日中インターネットしてるのに馬鹿ばっかじゃんって

22:
読書すればわかるぞ
読書しないから読書しても頭良くならないとか言ってるんだよ
真剣に毎日読書してみろ
俺は昔少しだけ読書した期間があったけど、実感はできたな

26:
頭のいい人との対話するのが一番頭が良くなる方法
読者は頭のいい人の話を聞けるから頭が良くなるんだ

28:
てか
大学生ならその専門分野の雑誌やらなんやらはだいたい読むからな
東大生とはいえ全然読書していないなら相当馬鹿になるとおもうわ

29:
東大生だとしてもバカになるって、対人能力でも受験勉強力でも測れない頭のよさって何なんだよっていうね

32:
>>29
知識

39:
>>32
知識バカって見たことない?
なんの話題振っても誰々はこう言ってたってばっかで、実際そいつの意見を話させると恐ろしいほど貧弱なの

44:
>>39
繰返しになるけど俺の主張は下記みたいなものだから
読書すれば(知識詰めこめば)頭良くなる←これではない
読書しないと馬鹿になる←これ……ちなみにここでいう馬鹿とは知識不足みたいなニュアンスだからな

30:
趣味読書とか言う奴に何読んでるのか聞いてみたら・・・

自己啓発とか、ハウツー本とかばかりだったwwww
そんなもん読書じゃねぇよwwwww

33:
ショウペンハウエルの読書についてでも読んでろ

34:
>>33
読んだ

38:
頭の良さなんて個体差ほとんどないんだから
読書して語彙たくさんみにつけて、
小説なら小説でいろんな人間の思考パターン学んで、
論文なら議論の進め方やなにかに特化した知識を学んで
ハウツー物なら役に立つかはともかく具体的な実践的な知識を学んで

とにかくたくさんの言葉とパターンに触れることはプラスになる。
これを頭が良くなると表現するかは知らないが

40:
ショーペンハウアーは「読書は思考停止」と言って
ニーチェは知識だけの頭でっかちを「教養俗物」と罵ったけど
この人たちは、知識がない馬鹿の恐ろしさをあんまり知らない(何せ完全普通選挙すらなかった19世紀の人達だから)から
知識があるだけマシ、って考えがないんだよね

41:
頭の回転の早さなんてほぼ素質だし、
鈍臭い奴はひたすら知識を詰め込むしかないでしょ、と俺は思うけどね

43:
読書はすなわち他人の思考をなぞること
いろんな考え方を知っていれば、自身の思考も柔軟になる

知識は辞書でも参考書でも映画でもウィキペディアでも雑誌でも得ることはできる

49:
>>43
映画でもウィキペディアだけでもかなり無理があるとおもうが……
少なくともそれだけの情報では知能労働みたいなものはほぼ無理だろう

あと「参考書でも辞書でも映画でも雑誌でもウィキペディアでも」って言うけど
それだけ情報収集の意欲があるのに読書を避けるひとはあまりいないとおもうし
尚且つそれらのメディアに頼りつつ読書のみを避けるならかなり非効率なことをしているとおもう

45:
なんかの本に読書してもすぐに頭よくなるわけじゃない
たくさんの本を読むことによって徐々に力になるって書いてあってその通りだと思いましたまる

54:
参考書は読書には入らないの?

60:
>>54
大学受験までは参考書だけでもいいんじゃね?
若干真面目すぎて読書とはいわないきもするけど

56:
SF読んどきゃいいんだろ?

58:
>>56
SFを読んでおけばいい
SFを読んでおけば天才科学者にもマッドサイエンティストにもなれる(妄想のなかで)

68:
>>58
じゃあ僕はトラルファマドール星人になる
ちょっと万里の長城建造させてくる

62:
小説なんか読んでも意味ないけど
参考書、専門書、教科書も本だし

69:
>>62
小説も意味はあるが……
自分の興味ない分野(知識)と出会うような契機を与えるという意味で小説はなかなか優れた娯楽
専門書ばかりを読んでいると専門分野の知識は身につくが広がりがなくなるとおもわれ

67:
読書なんて趣味の一環だろ
頭が良くなるならないは二の次
好きな奴が好きな本を好きな時間に読めばそれでいいんだよ

71:
自分の知的レベルに合った本選んで読んどるといったほうが近いよな
バカDQNがカントやデカルトやトルストイ読んで賢くなるかというとならない
まず読めない

72:
社会で求められるのはアウトプット
読書で得られるのはインプットだけ

読書すれば頭がよくなるってのは完全に間違ってる
当たり前すぎる

92:
読書するようになってから現国の偏差値上がったしあながち間違いじゃないと思う

95:
恋空読んでアタマが良くなったか?
恋空読んで感動しちゃう女に知性を感じるか?

つまり恋空は神

98:
>>95
恋空を読んだら頭に花畑ができたから恋空は神だよ

102:
つかそもそも知らないと話にならないから基礎教養として有名な小説とかはカバーするようにしてるな
夏目漱石とか芥川とかそういうのも
あんまり面白くないけど

107:
マジレスすると

アタマの良い人間は読書をすることで知識を得、視野を広げる
アタマの悪い人間は読書をすることで観念を固定させ、視野を狭める

本に書いてあることが絶対だと信じて疑わないようなバカは読書を重ねることでよりバカになる傾向にあると思う
知識だけが増えて思考の柔軟性がなくなっていくんだ
しかも読書する自分は高尚、知識ある自分は有能、読書しない人間は低俗無能…みたいな変な自信がつく分タチが悪い

109:
>>107
「アタマの悪い人間は読書をすることで観念を固定させ、視野を狭める」←確かにこれはある
個人的には読書の影響力って良くも悪くもゲームよりあるようなきがしてるからな
物語や書籍というのは洗脳のツールとしても古典的な部類にはいるし

120:
そもそもなんでAorBで考えてしまうひとがおおいんだ?
読書だけしろなんてことは誰も主張していないとおもうのだが
ネットのほうが〜とか書くことのほうが〜とかそういう比較には意味がないきがする
どちらにもメリットデメリットがあるにだから必要に応じてそういうことをすればいい
利用できるツールは利用するにこしたことはないしそれを意識的に避けている奴等がいるとすれば理解しがたいが

121:
>アタマの悪い人間は読書をすることで観念を固定させ、視野を狭める
これについては他の本を読んだり他人と議論することで解消するから結局は読書したほうがいい、となる気がする

124:
>>121
でもたまにおかしな方向で思いきり理論武装している人達もいるからなぁ
個人的には読書しないよりもしたほうがいいとはおもうけど読みかた次第では悪影響になることもあるとおもう

128:
>>124
おかしくても相手から決定的な批判を受けないくらい理論武装できてる時点でそれなりに頭は良いはずだし
どちらかというとそういう奴は確信犯(あえて使う)に近いから頭よりも性格が悪いと考えるべきだな

132:
>>128
でもたまにほとんど洗脳されているような奴等もいないか?陰謀論とかスピリチャル関連とかそういう方向の奴等
(馬鹿ではないかもしれんが)読書に思想とか絡んでくるとかなり厄介なものにもなるきがする
それに小さなころに読むような本って結構影響力あるとおもうんだわ個人的に

157:
>>132
そういうのは宗教やってる奴と同じだから無視したほうがいいな
「縁なき衆生は度し難し」ってやつ
何にでも「信仰」が入ってる奴を赤の他人が説得して翻意させるのはまず不可能だと思う

161:
>>157
まあそうだよなぁ……
そういう奴等をみてると思想書の極一部が禁書にされてた理由も納得できる
いまだにほとんどの新興宗教でもネズミ溝でも書籍は利用されているしね

158:
>>132
というかそういう奴は読書する前にもう陰謀論に傾くような下地が出来上がってるはずで、
読書は単なる引き金だろうし、数もそんなに多くいないから、
読書否定の根拠としてはあんまり説得的じゃない

163:
>>158
読書を否定しているわけではないよ
ただそういう影響力もあるだろうってだけ

165:
>>163
そう気にしなくていいと思うけどなー

166:
>>165
そこまできにしてもないんだけど
「自分も読書から影響されてたりするんだろうなぁ」くらいの認識はもちつつ読書してるんだよ

129:
>>124
理論武装してるならいいじゃん
理論武装出来ない奴こそ馬鹿

132:
>>129
でもたまにほとんど洗脳されているような奴等もいないか?陰謀論とかスピリチャル関連とかそういう方向の奴等
(馬鹿ではないかもしれんが)読書に思想とか絡んでくるとかなり厄介なものにもなるきがする
それに小さなころに読むような本って結構影響力あるとおもうんだわ個人的に

122:
何を読むかについて語られない定期

126:
>>122
おまえが「何を読むかについて」を語りだしてくれてもいいんだよ?

139:
サザエさんしかまともに読んだことないけどセンター国語で9割とった
つまりサザエさんさいつよ

142:
>>139
おまえはサザエさんで獲得した読解力でまたサザエさんを読むわけな

151:
「読書は単なる娯楽」みたいに割りきるような奴等は娯楽としても読書を十分に楽しめてない

152:
読むより書く方が圧倒的に効果高いよな
あいうえお作文毎日やれ

153:
>>152
何の効果だよ……仮に文章力の向上という効果だけで考えたとしても
書くだけではなく並行して読書もしたほうが断然成果あるとおもうわ

154:
>>153
読書はいわば食事なんだよ
でもその消化も大変な知的作業で
時間に任せてやろうとするとすげえ時間がかかる
だからとにかく書く

156:
>>154
作家論みたいになるけどひたすら書いて文章力が向上するのははじめのうちだけだろ
二十代あたりまではそれだけでも伸びるかもしれんけど文章力のほとんどは才能だとおもう
だから才能ある作家は書いているばかりの期間よりも読書期間のほうがながくないか……?
個人的にはそんなに伸びもしないところをひたすら書いて伸ばすよりも読書のほうがまだ有意義におもえる
(結局はどちらもしたほうがいいんだろうけどな)

160:
>>156
才能とは?

164:
>>160
生まれつきのものあるいは成人期あたりまでに環境などで培われた素地(能力)
実際ひたすら書きまくるばかりの作家の文章力ってあんまり変化していない印象なんだよな

167:
多産家はすでに文体が完成してるから作品を量産できる、って意味じゃ文体は変わりにくいかもな

168:
>>167
まあそれはあるな、てかそもそも上手くなることを読者も求めないしな

169:
読書は知識を得るだけであって
元々の知能を上げることにはつながらない
これが結論でしょ

171:
結局お前らはさ
自分のことを理解してくれるやつが頭良くて理解してくれないやつは馬鹿ってだけだろ
不毛すぎる

Twitterのコメント





管理人YU(Twitter始めました!)より:
( ・∀・)ノ凄いなって感じた人は大抵読書している。





招待状のご出席の「ご」に二重線引くやつwww

【画像】新幹線が早さを求めた結果がこちらwwwwwwwwww

内定辞退で正論吐いてバカ女社員怒らせてやったwwwwwwww

ぼく(15)「勉強して良い大学いく!」 低学歴親「は??」

年取ってから独身は悲しくなるとか煽ってる結婚厨wwwwwwwwwwww

【悲報】桐谷美玲、デブにだけ冷たい

【衝撃】高橋みなみが自民党から出馬かwwwwww

ベッキーの最後のツイートwwwwwwwwww

【画像】平子理沙の外見の変化が衝撃的と話題に

作者「バカな読者のために、説明いっぱい入れよう」 女「結婚するなら年収800万以上」俺「で、それに見合うリターンは?」

海外「日本との差が悲しい」 さかなクンに日本の凄さを見出す台湾の人々

妻「主婦の仕事を年収に換算すると1000万円なんですって」男「ハァ?」

日本はジャンクも健康的!?外国人が紹介する日本のジャンクフードに海外渇望(海外反応)