2:
すげえ…

3:
図書館いけば金かからんしな

13:
>>3
個人的には図書館だと返すのが嫌なんだよなあ
書き込みもできないし
読んだ本は手元に持っておきたい
読み返したいときいつでも読めるように

18:
>>13
てに入らない本もあるし読む本全部買ってたら奥スペースも金もなくなるじゃん

22:
>>18
今まさにその状態
先月30冊以上買ったけど案の定ほぼ積読
でもいいんだ
手元にあれば読みたくなったときいつでも読めるし
読みたいときに無いことが一番つらい

5:
人とのコミュニケーションも捗るしな…

8:
>>5
読書は対話

17:
>>8
最近はその本の著者と対話する感じで読めるようになった

29:
>>17
まじか
時空超えちゃったかぁ~

モノによっては100年前に書かれた本とかあるしね
しかもそうゆうのほど長く読まれてるから
真理に近づきがちなんだよなぁ

35:
>>29
最近の本よりも長い時間、様々な文化の下、多くの人々に読み継がれてきた古典の方が学ぶことって多いよね


イチロー「おっとっと(観客席に突っ込む )」→女発狂wwwwwwwww


【悲報】女さん、夜行バスでとんでもないことをしでかす

「軽自動車だから軽油を入れる」…1ヶ月に296件も

【朗報】リプニツカヤたん、ガチで育成成功!!!

パナマ文書にアグネス・チャンの名前wwwwwwww

今の10代が見たら糞ダサいと思うバンドwwwwwww





10:
本読むのは好きだけど趣味かどうかと聞かれるとなぁ
みんな読んでるだろ本なんて
音楽もそうだけど

19:
>>10
いや、思ってるより本読む人って少ないよ
新書とか実用書を読むくらいの人は多いけど

読書の効用ってすぐ使える知識を補給することじゃないと思うんだよなあ
むしろ使えなそうな無駄な知識ほど後々になってから役立つことが多い

16:
青空文庫で著作権切れの本読み漁れば

25:
>>16
紙じゃないと読めない
どうしても読めない

27:
誤解をしないで欲しいんだけれど
受動的な趣味って鑑賞であって英語で言うところのホビーとは違うよね

30:
>>27
読書って受動的趣味ではないと思うんだよなあ
著者の思考とテキストと自分の思考が融合していくというか
うまく言えないけど混ざり合う感じ
著者の思考が完全に自分の中に入るわけでもない
テキストに刺激されて自分の思考が思いもしなかったところに発展したりもする
著者の思考やテキストをどこまで受け入れて、どこを捨てるか、そこから何を見出すかって主体的な行為だと思うんだよな

28:
なんというか
本を自分の手元に置くことを含めて趣味って感じなんだよなあ
まあそれ以外にも収集癖はあるんだけどね

33:
>>28
これ
本を読んでいくうちに同じ著者の本とか関連した本とかあれも欲しいこれも欲しいって数珠繋ぎに欲しいものが増えていく

32:
心情理解力ってのが頭悪そうな言葉だけどだいたいあってる

36:
ただ厄介なのは傲慢になりがち
謙虚にありたいとは思うけどなかなか難しい
むしろ謙虚なことを誇ってしまう矛盾

37:
だんだん本に吸いこまれるとゆうか読書ハイになるわな
もう文字ばっか読んでると
そこに対する嗅覚が研ぎ澄まされるとゆうか
あぁここいい味出してんなとか、こんな言葉の並び見たことねえわ
とか思ったりとか、いやもうそれすら思わなくて
忘我の境地でただ何かにとり付かれるようにページをめくって
真空状態の頭に言葉がなだれ込んでくるような、読み終わって
布団に入ってもまだ言葉が渦巻いて寝れないようなそんな夜ある

39:
>>37
なにそれこわい

38:
いくら読んでも読みたい本は一生かかっても読み切れないのを思うと悲しくなってくる

42:
>>38
でもいくら読んでもいくら読んでも全てを読み切ることはできないって凄いことだと思う
何歳になっても読みたい本がある
読みたい本を読んでないうちは死にたくない

48:
少なくとも読書も
音楽鑑賞や映画鑑賞と同じ分類の趣味ではあると思う
その一歩先のレビューまで行ってはじめて趣味と言えるのかも

51:
>>48
いわゆる娯楽小説はそうなんだろうけど、一口に本っていっても色んな本があるからなあ
否が応にも自分の思考を刺激される哲学書や人間の心情や思想を描いた小説はただの鑑賞では済まないと思う

53:
>>51
それこそそうだよねそこで自身が何を感じてどう考えるかをメモする事って重要だと思うよ

56:
>>53
そうそう
読みながら書き留めることで、更に思考が深まっていく
思考を漏らさず残せるように読むときは常にノートを置いてる
でも、読書することで得た経験ってほんとに個人的で主観的な経験だから、人には伝えにくい
まあ伝える必要もないんだけどね

50:
何をどう読むかによって学べることの種類も深さも全然違う

52:
>>50
何をどう読むかより読んで見て聴いてどう感じたかのほうが重要な気もするんだけれど

54:
>>52
感じ方は読み方によるでしょ

55:
>>54
そうそれを読書感想文にまとめて発表しろなんていう気はない
それでも何を感じているのかをメモで良いから纏める事は大切だと思う
個人の中でどう咀嚼するか位は纏めないと流し読みしてるだけなんじゃないのかな?

57:
感じたことを文字にするって最初は結構難しくない?

60:
>>57
難しいよ
最初はグッときた、心が動いた箇所を抜き書きするだけだった
そのうち抜き書きしながら自分の言葉も加えていけるようになった
一冊の本を読みながら、もう一冊自分だけの本を作り上げていく感じ
慣れていくと本当に楽しい

61:
>>60
なるほど
慣れるまで手探りで挑戦すればいいのね
俺もやろうかな

65:
>>61
昔はとにかく大量に読みたくて貪るように読んでたんだ
でもそのとき読んだ本の記憶ってほとんどない
今はそのころに比べて圧倒的に読むペースが遅くなった
見開きの2ページ読みながらノートも1ページ書くような感じだからね
それでも読んだ内容と自分の思考が血肉になっていく感じがする
読むペースは遅くなるかもしれないけど、こっちのほうが一冊一冊しっかり自分のものにできると思う

62:
本としか対話できない社会不適合者にならんように

67:
>>62
これな
本だけだとどんどん自分の思考の中に入り込んでいって思い込みが激しくなる
たまに打ち解けた友人と話すことで、頭がほぐれる
人との会話は大事
ただし本音で腹を割って話せるような人じゃないとあまり意味ないと思う

64:
映画は昨日ウッジョブ見たけどおもしろかった
最近よかったのは海を感じるときとふがいない僕は空を見たハンナアーレントもよかったな

本は今ナチスに抵抗した人たちを読んでる
他人を操ろうとする人と権力の終焉と人間の条件も読みかけ
最近よかったのはなんだろHARD THINGSはおもしろかった
お薦めは大傑作1984だな動物農場も面白い
1984は朝生に東浩紀が初めて出たときくらいの衝撃だった

66:
>>64
Big brother is watching you

71:
頭のなかに言葉が詰まってないと思考が途切れるってのは橋本治が小説でやってたね

72:
あと記憶の中に色んな人間のパターンや経験があることは大事かもなあ
実体験で知っている人間のパターンや経験が少ないと本を読んでも自分の思考と繋げにくいかも
経験が豊富であればあるほど本から刺激されることも多いんじゃないかと


Twitterのコメント




管理人YU(Twitter始めました!)より:
( ・∀・)ノ読書楽しいですよね~



【画像】ラーメン二郎、とんでもない一杯を出すwww

友達にバレたらやばい秘密一覧wwwwwwwwwwww

【速報】DAIGOが乙武さんに対して辛辣なコメントをするwww

【再掲】部落出身だけど質問ある?

朝起きて口臭い奴ちょっときて 『朝の口臭を改善する簡単な方法を教える』

木村文乃のそっくりさんが木村文乃より可愛くてワロタwwwww

GACKTは虚飾に満ちている!?元祖ホラッチョの声もランボルギーニを手放しジャガーに乗換え

「『銅』を英語で言うと?」←正解率6%wwwwwwwww

このガチャガチャやった結果wwwwwwwwwwww

祭りの屋台でキュウリの一本漬け売ってるけど儲かりすぎワロタwwww 毎日旦那がクレカでランチに四千円使うwwww

さんま「努力なんて努力してない人が作った逃げ言葉」

【画像】向井理と国仲涼子の息子wwww

【正論】乙武「家では障害者、みじめだった」 加藤「なら不倫するなよ」