3高低差速報
たとえばハリウッド関係の学者とか作家が作った
物語作るための理論があるんだけどそれを読むのが趣味
7高低差速報
キャラクター小説の書き方、とかの、大塚英志の本も面白いよね
8高低差速報
俺は100冊はどうかわからないけど、jdクーンツだったかの小説の書き方とか、野間なんとかさんの、SF小説の書き方とか、栗本薫の小説道場とかが記憶にある。
12高低差速報
>>7
>>8
全部読んだ
9高低差速報
すげえ頭でっかちになりそ
書くのにも読むのにも邪魔になる余計な知識になりかねん
14高低差速報
>>9
知識って無駄になるか?
あればあるほどいいと自分は認識してるが
10高低差速報
別冊宝島のシナリオ入門?
13高低差速報
>>10
たしかそれ。粘土の人形が表紙のやつ。
それ読んで衝撃を受けたわ。それまで俺は霊感によって導かれるように書くことが正しい、みたいに信じていたんだよね。
工場で機械製品を組むみたいに物語を作る考えは、脳が拒否したのを覚えてる。

でも、その本を読んだ後にハリウッド映画のDVDを幾つか借りてきて納得した。
スピードが典型的だと思ったわ。
エレベーター30分、バス一時間、地下鉄30分
17高低差速報
>>13
作家でも人それぞれタイプが違ってスティーブンキングとか
平井和正とか漫画家だけど永井豪とか天才肌の人もしくは上級者は
プロットも立てずに無意識のうちに筆を走らせて書ける

理論立ててプロット書いてから書くのに向いてる人もいて自分がどっちの
タイプか知るには両方試していい作品をかけたほうを選ぶとか
21高低差速報
>>17
うんうん。
俺は今年で42歳なんだけど、それらの作家は「自分が子供の頃にヒットメーカーだった」という認識。
少年時代にハマったのは栗本薫のグインサーガ。

栗本薫は、本人は生涯「天才」を装いたがったけど、実際には努力の人だったと思う。
後年、その努力を辞めてしまったから、なんだかおかしな感じになってたなあと、寂しく思うよ
11高低差速報
純文学系作家の、いわゆる小説作法とかは、糞の役にも立たなかった。作劇理論ではなかった。
結局、本人がプロットを立てて書けないってことなんだろうと思ったわ
16高低差速報
映画は単位時間あたりの芸術で、小説は枚数あたりの芸術で、(芸術って言葉が不適切なら娯楽)
型に押し込むように作る方が、逆に作りやすいのかと思い直した。
24高低差速報
又𠮷直樹の「夜を乗り越える」は、立ち読みして10秒でぶんなげたわW
27高低差速報
ブレイクスナイダーのSA○E THE CATの法則は読んだことある?読んでたら嬉しいなあ・・・
31高低差速報
>>27
SA○E THE CATは実践的な本で俺的理論書ベスト3に入る

他2つは「シド・フィールド脚本術2」
これは読むというより「使う」本で著者の課題をやってれば
読み終わるころには物語ができてる優れもの
物語理論の世界的良著でタイタニック、アバターのキャメロンも
シド・フィールドの弟子

あと1つはハリウッドリライティングバイブルだけどプレミアがついて
アマゾンで1万円もするw
72高低差速報
>>31
ほんと!めっちゃ面白いよね!!!
私これが一番最初に読んだ映画の参考書だったからほかのつまんなすぎて最後まで読めなかったわwww

おすすめのやつ読んでみるね!ありがとう

疑問なんだけどそんなに参考書読んでて大丈夫?自分が批評家にならない?
自分で書いてるものがなにもかもつまらなくなっちゃいそうで参考書って怖いんだよね・・・
結局矛盾も出てくるし
76高低差速報
>>72
SA○E THE CATは面白いよね
役にも立つし

俺の場合理論は役に立ってるけどなかなか描かずに
批評家的なことばかりやってた時期もある
理論学んだり批評したりしてやった気になるのはだめだよね
89高低差速報
>>76
そうか・・・でも、ちゃんとわかってるのなら次行けるでしょ!

で、改めて聞きたいんだけど
それだけ参考書を読んで結局、それらの本が伝えたかった一番大切なことってなんだった?
28高低差速報
大塚英志の本で、
1.キャラクターへの感情移入が強いタイプ(キャラ萌え)
2.世界設定をつきつめて考えるタイプ(設定厨)
3.ストーリーテリング自体が好きなタイプ(ホラ吹き)
っていう分類があって、3つをバランス良く兼ね備えている人は少ないってのが合ったと思うけど、
1自身は、どのタイプ?

俺は、自分では2なんだと思う
34高低差速報
>>28
俺も2だと思う
29高低差速報
赤川次郎の偉いところは、サラリーマンを辞めた後に「職場」を家の外に借りて、
スーツ姿で「出勤」して書いていたって話だよね。
32高低差速報
>>29
そうそう
俺は赤川次郎みたいに部屋借りるだけの収入ないけど
執筆専用机を部屋に置いたり
モスやファミレスで書いたりする
普段のリラックス空間だとだらけるからそこで書いちゃはかどらない
39高低差速報
俺は運動性能の基礎訓練が持続走で、知的性能の基礎訓練が読書だと思っているけど、
このごろ読書習慣を鍛え直そうかと思ってるわ。
「一冊の本をマジメにアタマから尻尾まで読んでも、ほとんどの場合、身になる部分は少ないよね」
って思ったので、おいしいところだけ読み囓って読み捨てて、
至短時間で多くのジャンルの知識に触れるというスタイルを取ることにした。

今日も近所の大型書店で1時間粘って、20冊の本に目を通してきた。
たぶん、それぞれの本を2~3時間かけて読んでも、後に残る余韻や知識は大して変わらないはず
44高低差速報
>>39
それは正しいと思う
ヒルティ「幸福論」には
「完璧など存在しない。完璧を求めすぎると少ないことしか
成し遂げられない」ろある
他に
「気が進まなくても始めてしまうこと。始めてしまえば作業興奮で
やる気は出てくる」
「細切れの時間を利用し、今日はもう始めても無駄だという考えを捨てること
始める前に広大無辺な時間の広がりを期待しないこと」
とかいいことがいっぱい書いてある
81高低差速報
>>1
「ネタを形として落とし込む」方法論については創作理論なり作劇術が役だつとして……

そもそも、その前段階の「もやっとしたアイディアなり、完成イメージ」を、どっから持ってくるか

ってのは、何か学んだり考えたりした?

KJ法とか、ブレーンストーミングとか、発想法とか、色々な本を読んだけど……
結局、どれもたいした役には立たなかったなあ。

「みんなにばれないパクリの技術!」とか、「盗作のお作法」だとか、そういう本を自分で書こうかと思ったわ
92高低差速報
>>81
アイディアは得意分野でほっといても出るから
あまり研究してないけど

知識をためこんで、それをくっつけたりひっくり返したり
誇張したりいろんなプロセスを経て自分のアイディアになって
出てくる感じ

アイディアは知識が材料になるから常に本読んだり映画観たり
してないといけないけど
発想力は訓練でつけるしかないかも?
毎日アイディアを考える時間をとるとかとにかく訓練
85高低差速報
>>83
愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ
87高低差速報
>>85
そして聖人は経験から悟ったつもりになる
93高低差速報
>>87
「経験から学ぶ」の人に受けるのが、私小説なり純文学のジャンルだよね。
「歴史から学ぶ」の人に受けるのは、エンターティメントになるのかな?

前者を極めるなら著者自身の異常性そのものをウリにすべきだろうし、
後者を極めるなら普遍性というか、著者自身が「マトモなバランス感覚」を持っていないとならないかと
100高低差速報
最近のハリウッド映画が薄っぺらく感じたり
近頃の漫画原作の映画がぺらっぺらに感じるのは
オリジナルの劣化コピーに成り下がってるからとか
元々神話がない国だとオマージュ(感動)事態が薄いからかなとか
114高低差速報
>>100
神話以外にも、筒井康隆が言ってたんだけど
若い文学者は古典を経て文学がいかに発展したか
知らないで現代文学の成果だけ見て書くから表層的なんだってさ
古典や文学史を勉強しろと言ってた
118高低差速報
>>114
アプローチが違うんだろうね
どうして薄っぺらいのかっていうと感動の根源から遠ざかってるからだと思う

写真を見て感動してもいいけど(それは写真家のフィルターを感動してる場合もあるし)
実際に目で見た感動が果たして同じかっていう

これはアートの世界で真剣に取り組んでいると気が付くのかな?(俺は気が付いた)
109高低差速報
極端に言えば、孔子の時代って、孔子の教えは「ロック」だったと思うんだよね。
今までの考えの枠組みに反逆するような「面白い!」考え。言ってしまえば娯楽ですよ。

でもそのうち「論語」として編纂されたそれらの考えは古典となり、今ではぶっちぎりにアッパーでしょ?
ギリシャ悲劇の脚本とかもそうだし、ギルガメッシュ叙事詩でも神話でもいいんだけどさ。

時代がどんどん下って、漱石の時代には、
1.論語や漢書籍
2.なんか、たぶん日本の古典
3.近代小説(その時代にあっては「超・現代」小説)
ってなったと思うんだけどー
112高低差速報
>>109
リスペクトした人間のリスペクトした人間をって感じで遡ってかないと
オリジナルを超えらんないね
ロックのジャンルも実は遡ってくとこれはロックじゃね?ってのがたくさんあって
古代中国が面白いのは禅問答じゃないけれど、思想のぶつけあい
これはじつは枢軸時代って表現されていて世界各地の同時期に同じ思想のぶつけあいがあったらしいよw
194高低差速報
IT系の技術書は100冊を超えて通しで読んでるが
実際に手を動かしてコードを書いていちいち動きを確認しないとその手の技術は身につかない
196高低差速報
>>194
車の運転が代表だけど、そういうのを「手続き記憶」と言うらしいです。
いわゆる「身体で覚える」ってやつ
198高低差速報
>>196
小学生の勉強もそうだね
基本的な事柄は反復練習しないと身につかない
295高低差速報
たとえばお笑いなら毒舌でも下ネタでも人に嫌われず
客に拍手をもらうコツは「笑わせること」とかそういうのが極意っぽい?
人体の構造上怒ることと笑うことは同時にできないから
307高低差速報
>>295に関しては物語もそう
嫌われるようなことやっても嫌われにくくする方法は「面白い事」
面白いと反感は緩和される
315高低差速報
大塚英志の創作理論

1.物語の王道パターンとは人類普遍に好まれる物語の型であり、その基本形は有限である
2.霊感の訪れを待つよりも、人工的にそれを生成した方が早い。タロットカードを使おう
3.「言って戻ってくる物語」というのが、王道中の王道である。
4.作家に必要な資質は3つある。「登場人物への共感能力」「設定構築力」「ストーリーテラー能力」
  (その全てをバランス良く兼ね備えている者は少ないが、あえて言うなら物語る力が最重要である)

あと、なんかあったっけ?
322高低差速報
>>315
イイネ
521高低差速報
ショーペンハウエルだったか、誰か忘れたけど
「本を読んでいる時って、他人の考えに乗っかっているだけで、結局自分で考えていないよね」だって
(正確な引用ではなくてすまん。例によって暗記はしてない)






Twitterのコメント






管理人YU(Twitter始めました!)より:
( ・∀・)ノ面白い。




面接官「なんだその白髪は」就活生「アルビノなんです」→結果www

【驚愕】911で貿易センタービルから飛び降りた奴らの目線www

男裁判官、「君が本当に無罪なら天国に行ける」と死刑を言い渡す

【衝撃画像】橋本環奈が超絶劣化!これはもうガチでヤベえええええええ

中居正広、マイケル・ジャクソンから提示された条件明かす

YOSHIKI遅刻で布袋寅泰がブチギレwwwwww

DQN運転。豊田市で撮影された信じられない暴走トラックに恐怖するドラレコ映像。

専門家もびっくり。イルカがサメを集団で捕食する姿をドローンで撮影される

海外「綿あめ美味しい!」米国セレブが日本のオシャレな街に大感激

海外「両殿下に会いたい!」 秋篠宮両殿下のご訪問に沸くイタリアの人々

韓国人「日本の宝くじ6億円当選者の生活をご覧ください」→「私もあんな生活したい・・・」

日本「最近、若者の間ではポーランドが密かなブームになってるよ^^」【海外反応】

本日、株で1365万の損失確定した者です

クズ「結婚したから遺産ゲットーww別れるなら慰謝料ゲットーwww」 → 結果…