高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    意識高い


    1: 高低差速報
    アメリカ「ふむふむとりあえず見てみよう
    なるほどこれは確かに面白いな
    お金は出すからやってみてくれ」


    ジョブズ「やったぜ」


    ジョブズってアメリカに生まれてなかったらこうなってそうだよな

    あいつ実力主義者過ぎてペコペコすんの嫌いそうだし
    original





    関連記事



    1: 高低差速報
     Appleは米国時間6月5日、「iPhone」の次期OSとなる「iOS 11」の機能を発表した。その数週間前にはGoogleが「Android O」を披露している。この2つのOSが、実質的に世界のスマートフォンを動かすことになる。では、より優れているのはどちらだろうか?

     結論を言えば、Android Oが優勢だ。

    理由は、Googleの人工知能(AI)──「Google Assistant」から、Wi-Fiのパスワードにカメラを向けただけで自動でWi-Fiの接続設定をするクールな機能まで──だ。

     Appleは停滞しているわけではない。現実世界に仮想の物体を表示する拡張現実(AR)をメインストリームにできれば、同社にも追いつくチャンスがある。

     ただし、以下の点は考慮すべきだ。

    実際に2つのOSを並べて比較してみないことには、どちらがより重要な進歩を本当に遂げたかを知ることはできない(iOS 11は9月に、Android Oは夏にリリースが予想される)。
    AppleもGoogleも、それぞれ次期のiPhoneと「Google Pixel」の発表まで、まだ新機能を隠し持っている可能性がある。
    新機能の幾つかは、iOSあるいはAndroid自体のものではない。
     上記の3点を踏まえた上で、両者の優劣を項目ごとにみていくこととしよう。

    華々しい新機能

    Android O
    動画や「Googleマップ」のナビゲーションなどを小さなサムネイル状にし、他のアプリの操作中も画面の端に表示しておける(「Picture in Picture」と呼ばれる機能)。
    テキストをコピー&ペーストで選択する際、氏名、電話番号、住所、会社名など、種類に応じて選択範囲を自動的に調整し、アクションを予測して提示する(「Smart Text Selection」と呼ばれる機能)。
    Android Oのすべての新機能はこちら。

    iOS 11
    「iMessage」上で「Apple Pay」を使って友だちに支払いができる。
    家にある複数のスピーカで音楽を再生できる。
    iOS 11のすべての新機能はこちら。
     ここでの勝者は、Android Oだ。Picture in PictureとSmart Text Selectionは小さな機能だが、日常での端末利用をより便利にしてくれる。そして、Android端末はiOSと違い、既に端末から複数のスピーカで音楽を再生できるようになっている(Chromecastをサポートしていれば)。

     それでも、iMessageでの個人間(P2P)決済機能の追加は大きい(Android端末にはない機能だ)。

    以下ソース
    https://japan.cnet.com/article/35102490/




    android-vs-ios

    関連記事


    1: 高低差速報
    1日19時間勉強した人の「努力の結果」

    目標に向かって努力することの大切さはほとんどの人がわかっているはず。
    だからこそ、一年の始まりや、何かの節目ごとに目標を掲げたり、夢を語ったりして意気込むわけですが、
    いざ走り始めてみるとそこには様々な誘惑や障害が待ち受けているわけで…。

    『天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある』(扶桑社/刊)の著者で、
    弁護士・タレントとして活躍中の山口真由さんは、東京大学を首席で卒業。在学中に司法試験、
    国家公務員Ⅰ種に合格するという驚異的な頭脳の持ち主です。
    こういったずば抜けて優秀な人に対して、私たちは「天才」「もともとの頭のデキが違う」と思ってしまいがちですが、
    ご本人によればそうではなく、山口さんは最高で1日19時間もの勉強を自分に課した「努力の人」だと言います。
    一体彼女はどのように、目標に向かって努力を続けてきたのでしょうか。

    ■努力はまわりに見せる
    失敗した時のはずかしさが嫌なのか、人に見せないようにこっそり努力する人がいますが、
    山口さんいわく「努力はまわりに見せる」方がいいとのこと。
    日本社会は比較的、結果だけでなく努力そのものも評価してくれるという特徴があります。
    努力しているところを見た人から「がんばってるね」「よくがんばったね」などねぎらいや励ましを受けやすいのです。
    これに対して「陰の努力」は誰からのねぎらいもありません。自分のやっている努力に対して誰からも評価されないため、
    挫折しやすくなってしまうのです。
    http://www.sinkan.jp/news/4272



    fotolia_54460501_xs

    関連記事



    このページのトップヘ