高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    スポーツ



    1: 高低差速報
    18日、日本テレビ「NEWS ZERO」では「プロ7年目 斎藤佑樹(29) ”ハンカチ王子”の現在」として、北海道日本ハムファイターズ・斎藤佑樹のインタビューを放送した。

    甲子園のヒーローから早稲田大学のエースになった斎藤は、2010年のドラフト会議で日本ハムから1位指名を受け、プロ入りを果たすと、2年目には開幕投手に。
    順風満帆にきているように見えた斎藤だったが、2年目を5勝で終えるとケガにも悩まされ、その成績は徐々に下降の一途をたどる。

    「本当に怖いもの知らずで、それこそ打たれるはずないと思って投げてたんで。打たれないと思っていたところが簡単に打たれるってなった瞬間にやっぱり甘い世界ではないと感じました」。
    番組のカメラにこう切り出した斎藤は、「腐りかけた時期ももちろんありますし、例えば違う仕事をしていたらどうなんだろうとか。俺の居場所はここじゃないのかなって思う瞬間も何回かありました」と言葉を続けた。

    また、2016年にはチームが日本一に輝くも、この年の斎藤は1勝もできず。優勝旅行を辞退し年明けにはグアムで自主トレを行った。それでも今季の成績は1勝3敗で
    防御率は8.18と不本意なもの。崖っぷちの29歳は、プロ野球選手の平均引退年齢が29.6歳(2016年NPB調べ)と伝えられると、「引退とかクビとかというのはもちろん感じているというか頭の中にはある」という。

    それでも「それは自分がやった後についてくる、出てくる話でまだ勝負できるうちにそんなことは考える必要はない」と前向きに語ると、「ダメでもそれに向かっていく。
    挑戦し続ける。僕らはダメだったらクビ切られるだけ。そこまで本当に勝負し続ける。だから諦めたらダメ」などと自分に言い聞かせるように語った。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13491585/
    maxresdefault



    関連記事



    1: 高低差速報
    「文武両道あり得ない」下関国際・坂原監督が野球論語る
    8/12(土) 12:02配信

    13日に登場する下関国際(山口)は、創部52年で春夏通じて初の甲子園。高校野球の指導者を目指していた坂原秀尚監督(40)は、
    教員免許取得のために東亜大に通いながら、05年、大学近くの下関国際の監督に就任した。
    就任前に部員の集団万引が発覚、山口大会の抽選会直前で出場停止処分になるなど荒れ放題だった野球部を立て直した坂原監督の野球論とは――。


    ■荒れ放題だった野球部を甲子園に

    ――野球部はかなり荒れていたと聞きますが。

    「僕が来た当初はそうですね。突然、厳しい監督が来たとなって、(部員が)みんな辞めて最後は1人になりました。その後、3人戻ってきて4人になった。
    グラウンド整備や道具の扱いが、とにかくヒドかった。野球がうまい下手のレベルじゃない。そういうマナーを教えると、面倒くさがって辞めていくんです」

    ――今年は主将の子が逃げたとか。

    「そうです。今年に限らず、毎年います。イベントみたいな感じ(笑い)。一昨年も(県大会で)準優勝したんですが、
    キャプテンで4番でエースの子に責任を持たせるためにあえてそういうポジションにしたんですが、途中で逃げ出しました」

    ――どうやって立て直し、選手に自信をもたせたのですか?

    「春先に県外のチームと試合をして、競ったり勝ったりして自信をつけてきました。広島、東京、大阪にも行きます。
    遠征費は、毎月3000円の部費を生徒から徴収してますので、それでまかなう。僕がマイクロバスを運転して広島まで往復すると、ガソリン代と高速代で2万円くらいかかる。
    泊まりの場合はご家庭で(宿泊費を)負担してもらいます。東京には北九州空港から行きます。
    年末に近くのマルハニチロさんの漁港で冷凍した魚を冷凍車から降ろすアルバイトをさせてもらって、そのお金で飛行機に乗るんです」

    ■携帯電話は入部時に解約

    ――朝5時から練習するそうですが、選手が自主的に?

    半強制です。自主的にやるまで待っていたら3年間終わっちゃう。練習が終わって学校を出るのは21時くらい。本当に遅いときは23時くらいまでやることもあります
    毎日ではないけど、長期休みの時期とか。遠征に行っても、大広間で生徒はみんな同じ空間にいるけど、やっていることはバラバラ。練習でもそうです。
    今の子は連帯感が希薄なんですよね。少しでもそういうのを大事にしていかないと、うちのような弱いチームは他に勝てない。進学校さんはそういうやり方が嫌いだと思いますけど」

    ――確かに、自主性をうたう進学校は増えています。

    「そういう学校には、絶対負けたくない。実は東筑(福岡の進学校で今大会に出場)さんとは(現監督の)青野さんの前任者のときに1回、合同練習をしたことがあるんですけど、
    うちの練習を見た監督から『やってて意味がない』と言われたんです。(下関国際のように)きついことはしていない。賢い子も『意味がない』と、すぐに言うでしょ?
    今回の県大会で宇部(初戦)と下関西(2回戦)と、進学校に当たったので、普段練習してないだろうと思って、思いっきり長い野球をやっちゃろうと。
    ボールも長い時間こねて、牽制もバンバン投げて。七回になったら向こうもヘトヘトでした。僕ね、『文武両道』って言葉が大嫌いなんですよね。あり得ない」



    no title

    関連記事


    1: 高低差速報
    「人間には様々な役割がある。キミの見方は一面的」

    「彼らは彼らなりに貢献してるのに失礼」

    「仲間を応援してなにがわるい?」

    とかボロクソ教師からもふくめてたたかれたんだがw

    オレなんかまちがってたの?w


    e0190997_16115722


    関連記事



    1: 高低差速報
    バルセロナからパリSGに移籍したブラジル代表FWネイマール(25)が4日、入団記者会見を行った。

    ブラジル代表のエースは「新たな挑戦をできることが嬉しい。この気持ちをなんて言っていいか分からない。クラブにふさわしいタイトルを獲りたい」と決意表明した。

     ネイマールの移籍を巡る動きは7月に入って本格化。しかし違約金が現実的な額ではなく、当初は移籍成立は不可能とみられていた。しかし日が経つにつれ話が本格化。ファイナンシャルフェアプレー(FFP)に抵触する可能性があるなど、問題はまだあるが、史上最高額となる違約金2億2200万ユーロ(約291億円)、推定年俸3000万ユーロ(約39億円)の衝撃移籍が発表になとった。

    「バルセロナに居心地が悪かったとか、主役じゃなかったからということはない。僕は常に挑戦をしたい、自分を乗り越えたいと思っている。だから僕はここにいる」

    「簡単な決断ではなかった。人生をどう進むかを考えた。今が挑戦するときだと思った。新たな挑戦をする時だと思った。とても難しい決断でしたが、今は幸せです」

    「お金とは関係ない。お金が関係していれば、今ここにはいない。そういう質問は残念だ。パリSGのためにすべてをささげたい。プレッシャーは感じているが重荷には感じていない」

     リーグ1は今週末に開幕。パリSGは5日にホームでアミアンと対戦するが、ネイマールは「すぐにでもプレーしたい」と意欲的に話した。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170804-01642505-gekisaka-socc



    20170805-00000015-jij_afp-000-3-view


    関連記事

    このページのトップヘ