高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    スポーツ



    1: 高低差速報
    [日本代表メンバー]25人

    ■GK
    川島永嗣
    東口順昭
    西川周作

    ■DF
    酒井宏樹
    酒井高徳
    長友佑都
    車屋慎太郎
    吉田麻也
    三浦弦太
    昌子源
    槙野智章


    soc1312150723000-p1

    関連記事


    1: 高低差速報
    メジャーでの人種差別については、マイアミ・マーリンズのイチロー選手も「アイスやコインを投げつけられた。何回かは僕の頭に当たったことがある」と語っているほか、観客から暴言を受けた経験も明らかにしている。 
    「ニューヨーク・ヤンキース時代には、イチローの華麗なバットさばきに対して、テレビの解説者がバットを『チョップスティック(箸)』と表現して『日本やアジアの食文化に対する差別だ』として非難を受けたこともあります」


    20170713-00000002-wordleafs-0371ba9c6425d8738ca22eeece3cd47cd




    関連記事


    1: 高低差速報
    フォーブス誌がスポーツ4部門のブランドランキングを発表し、ロジャー・フェデラー(スイス)が最もブランド価値の高いアスリートの座に返り咲いたとATPが報じている。


    フェデラーは昨年、バスケットボール選手のブロン・ジェームズに抜かれていたが、今年はブランド価値を3720万ドルとし、昨年比で3.3%上昇させて1位となっている。

    フェデラーのエージェントでTEAM8の設立者・CEOのトニー・ゴッドシックは次のように語っている。
    「マーケットの人たちはよく分かっている。コンスタントに良い結果を出すが謙虚で、進んで人助けをし、スポーツを愛するアスリートを見つけると、彼らは手を結びたがる。ロジャーは素晴らしい存在だ。世界中で人気の高い選手たちの仲間入りができていることを、嬉しく思う」

    roger-federer-070915-getty-ftrjpg_rduhtoxzytug1ac4wdn8cvjxv


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171029-00000003-tennisd-spo
    no title

    関連記事


    1: 高低差速報
    メキシコのパチューカに所属するFW本田圭佑は、自身のツイッターアカウントで「努力」についての持論を展開した。

    今年5月にツイッターの公式アカウントを開設した本田は、自身の動向やサッカー関連の話題についてつぶやくだけでなく、
    社会問題などについて持論を投稿することも多い。
    プロフィールには「教育者」という言葉も含まれており、若者に伝えたいメッセージも発信されている。

    「努力が人よりも続けられる人は必ず成功する。そして努力の方法が分かってる人は大きく成功できる。
    理由は簡単で、ほとんどの人が努力を続けられへんから。そして努力を続けられへんのは、目的がないか、目的を見失ってるから」と本田はツイートを投稿した。

    今季から加入したパチューカでは低調なパフォーマンスを批判されることもあり、日本代表でもかつてのように立場が安泰ではなくなるなど苦しい時期も過ごしてきた本田だが、
    現地時間25日に行われたカップ戦の試合では2ゴールの活躍で地元メディアやファンから絶賛を浴びた。
    それも目的を失うことなく努力を続けられている成果のひとつということだろう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171028-00237811-footballc-socc 



    36645_original1



    関連記事


    1: 高低差速報
    アストロズ・グリエルに人種差別行為か、米複数メディアも速報

     27日(日本時間28日)にミニッツメイド・パークで行われたアストロズとドジャースのワールドシリーズ(WS)第3戦で、アストロズのユリエスキ・グリエル内野手に人種差別行為の疑惑が持ち上がり、
    現地で大きな波紋を呼んでいる。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171028-00090214-fullcount-base

    ■関連画像

    DNMvX7uV4AAgrRB



    no title

    関連記事


    このページのトップヘ