高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    文学・本・作家・名言




    1: 高低差速報
    ゾロ「ウソップの第一声が謝罪だったらそれでよし、ただそうじゃなかったらあいつはここへ置いていく(迫真)」


    ウソップ「ワーワー(ひたすら言い訳)」
    ゾロ「・・・(聞こえない振り)」
    ウソップ「ワーワー(まだ言い訳)」
    ゾロ「・・・(聞こえない振り)」
    ウソップ「ごめーん(号泣)」
    ルフィ「ゾロ!」
    ゾロ「(ニッコリ)」
    72dff36b




    1: 高低差速報
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171006/k10011169421000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_007

    ノーベル文学賞の受賞が決まったカズオ・イシグロ氏は、日本時間の午前1時にロンドン市内で記者会見しました。
    この中でイシグロ氏は、「ノーベル文学賞を受賞していない世界の偉大な作家たちに申し訳ない気持ちも感じますが、受賞できることはこの上ない名誉です」と喜びを語りました。

    そして、日本出身であることについて、「自分をイギリスの作家や日本の作家と意識したことはありません。作家は一人孤独に作品に向き合うものだからです。
    もちろん私は日本からもイギリスからも影響を受けてきましたから、自分自身を国際的な作家と考えたいです」と述べました。

    また、日本へのメッセージとして、「日本の読者の皆さん、とりわけ日本の社会にはありがとうと伝えたいです。私がどのように書いて世界をどう見るかは、日本の文化の影響を受けていると思うからです。
    日本と日本人に非常に感謝しています」と語りました。

    そのうえで、「川端康成さんや大江健三郎さんに続く作家になれることを喜ばしく思います。ノーベル賞といえば村上春樹さんの名前が浮かび、申し訳ない気持ちになります」と述べました。


    4153380

    関連記事


    1: 高低差速報
    とにかく思ったことはすぐに行動に起こせということは共通してた
    その通りだと思った



    131009_topics_service01

    関連記事


    1: 高低差速報
    産経ニュース2017.9.27 20:18更新
    http://www.sankei.com/life/news/170927/lif1709270047-n1.html

     10月に発表される今年のノーベル文学賞を巡り、世界最大規模のブックメーカー(賭け屋)、英ラドブロークスの受賞者予想で、例年高い人気を誇る日本の作家、村上春樹氏は27日現在、2位に付けている。トップは現代アフリカ文学を代表するケニア出身の男性作家、グギ・ワ・ジオンゴ氏。

     2015年はラドブロークスで人気1位だったベラルーシの女性作家が受賞したが、昨年は人気上位ではなかった米歌手、ボブ・ディラン氏に決定。賭けの人気と実際の受賞者は必ずしも一致するわけではないものの、日本人3人目のノーベル文学賞受賞者が出るのか注目が集まっている。

     ラドブロークスの予想ではジオンゴ氏の賭け率は5倍、村上氏は6倍。3位はカナダの女性作家マーガレット・アトウッドさん(7倍)、4位はイスラエルの男性作家アモス・オズ氏(11倍)、イタリア人男性作家クラウディオ・マグリス氏(同)、スペインの男性作家ハビエル・マリアス氏(同)の3人。



    06murakami20141108T_660_300



    関連記事

    このページのトップヘ