高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    政治・経済・社会・会社


    1: 高低差速報
     厚生労働省は10日、2016年度の年金特別会計の収支決算を発表した。時価ベースでは、会社員や公務員が加入する厚生年金が10兆5031億円、自営業や非正規雇用の人らが入る国民年金が2440億円と、いずれも2年ぶりの黒字となった。

     積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用成績が国内外の株価上昇を受けて好調で、約7兆9千億円の収益を上げたほか、保険料と年金支払い分に当たる給付費の収支差もプラスだった。

    https://this.kiji.is/268309593826412024?c=39546741839462401



    170118gpif_eye-700x336

    関連記事



    1: 高低差速報
    中国ネット通販最大手のアリババ集団(浙江省)は来春にも、日本でスマートフォン(スマホ)を使った電子決済サービスを始める。入金したスマホのアプリで買い物ができるようにする。中国で提供する「支付宝(アリペイ)」と同じ仕組みを日本人向けに展開、3年内に1千万人の利用を目指す。日本のスマホ決済市場の起爆剤になる可能性がある。

     中国はスマホによる決済が世界で最も普及しており、アリペイと騰訊控股(テンセント…
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ15HOD_V10C17A8MM8000/
    640x-1





    関連記事


    1: 高低差速報
     政府・与党で大学などの教育費の負担軽減策に充てる「教育国債」の構想が再燃している。大学卒業後、一定の収入を得たら授業料を「出世払い」で返済する制度と組み合わせ、政府は年内に具体案のとりまとめを目指す。安倍晋三首相が掲げる「人づくり革命」の目玉に位置づける。財政が厳しい中で歳出や債務を増やすため、ばらまき批判を呼ぶ可能性がある。

    日本経済新聞
    http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGKKASFS26H4J_Z00C17A8MM8000/




    humanrevolution

    関連記事


    1: 高低差速報
    ビジネスパーソンの33.6%が、「職場に休める雰囲気がないため、有給休暇を取りづらい」と感じている――格安スマホなどを提供するBIGLOBEの調査で分かった。

     このほか、休暇を取りづらい理由として「自分が休むと、同僚が多く働くことになるから」(22.9%)、「上司・同僚が有給休暇を取らないから」(22.3%)など、周囲が気になるという意見が目立った。

     「上司・同僚が有給休暇を取らないから」と答えた人を年代別にみると、20代の若手に多く、32.0%を占めた。また「業務対応が発生するかもしれないから」と考える管理職は28.0%に上り、仕事に対する責任感が強さから有給休暇を取得しない人が多いことが分かった。

     では、同僚が有給休暇を取得した際、働く人はどのようなことを感じるのだろうか。
    調査によると「有給休暇を取れるならどんどん取った方がいい」が34.6%でトップ。2位は「自分も有給休暇を取りたい」(31.9%)だった。「特に何も感じない」「うらやましい」――と続き、「イライラする」「怠慢だ」などの感情を持つ人はごく少数だった。

    http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1707/31/news087.html

    有給休暇を取得できない理由
    no title


    同僚が有給休暇を取得した際、働く人はどのようなことを感じるか
    no title

    関連記事


    1: 高低差速報
    76歳の編集者挑む“科学古典のデジタル文書化”――現役時代に夢見た「科学知識を万人へ」

    「科学古典が無料で公開されているすごいサイトがある」――こんなネット上での書き込みを見て、
    筆者は「科学図書館」というWebサイトの存在を知った。

    no title


    「科学的知識は万人によって共有されるべきもの」とトップに掲げるそのWebサイトには、北里柴三郎、
    志賀潔、寺田寅彦、本居宣長、九鬼周造といった日本の科学者・哲学者・偉人や、アルベルト・アインシュタイン、
    ルイ・パスツール、マックス・プランク、ヴィルヘルム・オストヴァルトなど海外の著名な科学者たちの著作が
    PDF形式で公開されている。いずれも著作権者の許諾を得て掲載しているという。

    no title

    no title


    その数、500冊以上。PDFは、本をそのまま画像で取り込んだものではなく、組版(くみはん)用の
    マークアップ言語「TeX」で1冊1冊組版したものだ。実際にPDFを見てみると、丁寧に組版されており、
    昔の著作でも読みやすい。文章のコピーもできるため、単語の検索も容易に感じた。

    一体誰が作ったのか。Webサイトには本人のプロフィールらしきものもない。Webサイト内にあった
    メールフォームから連絡を取ったところ、返信があった。なんと、この500冊のデジタル化は、1人で
    成し遂げたものという。

    ITmedia
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1708/11/news020.html

    科学図書館
    http://www.cam.hi-ho.ne.jp/munehiro/science/scilib.html

    ※協力者を募集中らしいです
    関連記事


    このページのトップヘ