高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    政治・経済・社会・会社


    1: 高低差速報
    10月28日放送の「林先生が驚く初耳学!」(TBS系)では、現代文講師・林修が“撲滅させたい”日本語について熱弁をふるった。

    林が問題視するのは、「その話、深いよね」というフレーズ。日常会話で、相手の話に感心したときや納得したときなどによく使われる。

    だが、林は「『その話、深いよね』というヤツは、深く考えてはいない」とドヤ顔で問題提起。これにスタジオレギュラーのアンミカは「『深いな』って言いかけたわ。むっちゃあぶない」と応じ、笑いをとった。それほどまでに“深い”というフレーズは現代日本の日常会話に浸透しているのだ。

    ■ 林修のオチに田村淳「うわぁ落語みたい!」

    「ダメなんです、最近の日本人は考えることを放棄しすぎている」とズバリ指摘した林に、田村淳は「たしかに『深いね』って言う人はそこまで深く考えてないのかもしれない」と同意した。

    だが、“撲滅活動”の具体的な内容に及ぶとスタジオは驚愕!林は「深いね」というフレーズを撲滅させるため「相手が『深いね』って言った瞬間に『え、何がどう深いの?説明して』と言うことにしている」と告白したが、そのネチっこすぎる性格にスタジオ中から「イヤな人~!」と大ブーイング!

    当の林はそんなスタジオの反応にもかまわず「そうすると、言った瞬間に相手は“深い”から“不快”に変わるんです」と嬉しそうに“オチ”まで披露。田村は「うわぁ落語みたい!」とのけぞった。

    林はさらに「深いよね、って言った瞬間に『俺、これ以上考えるのやめてるな、ここでごまかすのはよくないな』と思ってもらうことに意味があるんじゃないかと」と持論を展開。「その話深いよね」は思考停止のごまかしの言葉であり、これを言わないだけで物事を深く考える訓練ができると主張した。

    正論だが少々強引な論理に、田村は「明日の朝のコメンテーター仕事やりづらくなりますよ!みんな言ってるんだから」と反論し、スタジオを沸かせていた。

    次回の「―初耳学」は11月4日放送。アンミカの辛口指導が話題を呼ぶ人気企画「パリコレ学」は第3弾。今回はメイクをテーマに、King&Princeの平野紫耀を迎えて送る。ほか、キングオブコント2018勝者のハナコが爆笑コントを披露。何の職業をしている人かを当てる「初耳ピーポー」コーナーには、24歳であるプロジェクトのトップを務める美女が登場する。(ザテレビジョン)

    引用記事:http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15516424/
    331




    関連記事


    1: 高低差速報
    ESSPRIDEは10月17日、社長のモテ度に関する調査の結果を発表した。
    調査は、従業員2人以上300人未満の男性経営者100人を対象に実施した。

    これまで何人と付き合ったことがあるか聞くと、26%が11人以上と回答した。
    平均は7.76人で、最も人数が多い人は30人と付き合ったことがあるという。

    ■「ビジネスでの対人関係の方が思考がシンプル」という経営者も

    ただ、交際人数は多くても、自分が女性にモテると考えている人は43%と半数以下に過ぎなかった。
    女性にモテるためにやっていることとしては、「身だしなみを整える(髪、肌、ひげ、爪など)」が59%で最も多く、次いで「口臭や体臭に気を付ける」が35%、「若々しい印象を意識する」が25%だった。
    「女性にモテるためにやっていることはない」という人も29%いた。

    社長になってから恋愛で悩んだことがありますかという質問には76%が「ない」と回答。
    社長になるとモテるため、悩むことがないということだろうか。
    経営と恋愛のどちらが難しいと思うか聞くと、「経営」「どちらかといえば経営」という人が合わせて72%に上った。

    理由としては、
    「責任の重さが全く異なります」(50歳・東京都)
    「経営は相手を選べないから」(38歳・岐阜県)
    「経済力がないと恋愛もうまくゆかない」(59歳・秋田県)
    といった声が寄せられていた。

    一方、恋愛の方が難しいと答えた人からは、「ビジネスでの対人関係の方が思考がシンプル」(42歳・徳島県)、「未だ女心がわからない」(51歳・大阪府)といった意見が寄せられた。
    恋愛にどのような能力が必要だと思うか聞いたところ、「思いやり」が50%で最も多く、2番目は「誠実さ」(43%)、3番目は「マメさ」(41%)だった。

    「経済力」と答えた人も19%いた。
    社長ならば、経済力には自信がある人が多いのかもしれない。
    また、モテる社長のイメージに近い有名人を聞いたところ、1位は福山雅治さん(22%)で、同率2位は佐藤浩市さん、渡辺謙さん(いずれも20%)だった。

    引用記事:https://news.careerconnection.jp/?p=60989
    kaisya_desk1_syachou_man



    関連記事


    1: 高低差速報
    毎年、ハロウィンに多くの人が集まる東京・渋谷。ゴミのポイ捨てなどマナーが問題視されている中、
    渋谷区は10月23日、会見を開き、ハロウィンの自粛を呼びかけた。【BuzzFeed Japan / 播磨谷拓巳】

    「ハロウィンは10月31日まで」

    会見には、長谷部健区長やラッパーで渋谷区観光大使ナイトアンバサダーを務めるZeebraさん、大向地区町会連合会会長の大石隆士さんなどが出席した。

    長谷部区長は、「ハロウィンで渋谷に人が集まるようになってから約4年が経った。集まりすぎて危険になっている」とし、
    仮装の着替え場所やトイレの不足、ゴミのポイ捨て、違法車両の暴走などが起こっているとした。

    その上で「楽しく遊ぶのはいいが、それはクラブや店など許される場所でするように。禁止するのではなく、節度を持って遊んでほしい。モラル、マナーに訴えかけたい」と話した。

    また「ハロウィン本番は10月31日まで。31日が過ぎたら帰るように」と深夜まで屯するのをやめるよう呼びかけた。引用記事:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181023-00010000-bfj-soci

    halloween_trickortreat



    関連記事


    1: 高低差速報
    引用記事:https://news.careerconnection.jp/?p=61104

    電車内で赤ちゃんが泣き、それに苛立った男性が母親に暴言を吐いた、という話がツイッター上で物議を醸した。これについて、元「2ちゃんねる」管理人のひろゆきさんが10月21日にツイッターで言及した。

    「録画してyoutubeに上げると、特定して制裁する人が現れて、アホなことする人が減るのと、広告収入にもなっておいしいです。社会にためにもなるし、お小遣いも増えるので、動画撮って広める習慣が広まったほうがいいんでないかと」

    ■「日本は、母親が子育てをしながら働くのが多数派」
    no title

    画像はツイッターをキャプチャ

    ひろゆきさんのこの投稿に対し、「電車に赤ちゃんを乗せるのもいかがなものか」という旨のリプライが寄せられた。
    ひろゆきさんは「20代の平均年収は296万円。月給24万円ぐらいです。専業主婦は14%程度です。日本は、母親が子育てをしながら働くのが多数派」とした上で、
    「なので、0歳児を背負って働く母親が電車に乗るのは当然。同乗するのが嫌ならおっさんがタクシーなり乗るべきだと思います。ここら辺も少子化の原因だと思いますけどね」
    と投稿している。

    国税庁の2017年分民間給与実態統計調査によると、女性の平均給与額は20代前半で243万円、後半で318万円となっている。もちろん、世帯年収はまた違ったものになってくるが、移動のたびに毎回タクシーに乗ることはできず、電車に乗るしかない、というのが現実だろう。 
    関連記事


    1: 高低差速報
    著者の石井暁氏は共同通信の記者(現在は編集局編集委員)として、
    1994年から防衛庁(現・防衛省)を担当。そして2008年4月、
    ある自衛隊幹部との懇談中に、「ベッパン」という聞き慣れない組織名を耳にする。

    以来、5年間かけた調査や取材を経た2013年11月28日、石井氏はある記事を配信する。
    その記事の要点を以下にまとめておこう。

    (1)陸上自衛隊には「陸上幕僚監部運用支援・情報部別班」(以下、別班)と呼ばれる
      組織図にない秘密情報部隊が存在する。
    (2)数十人いるメンバー全員が陸自小平学校の「心理戦防護課程の修了者」である。
    (3)冷戦時代からロシア(当時はソ連)、中国、韓国、東欧などに拠点を設け、
      身分を偽装した自衛官が情報活動を行っている。
    (4)自衛隊はこの活動を首相や防衛庁長官にも知らせずに独断で行っており、
      文民統制(シビリアン・コントロール)を大きく逸脱する行為である。
    (5)別班の活動資金に関して予算上の処理等が不明確である。
    (6)別班は「米軍と密接な関係にある」と指摘する関係者が多い。

    本書によれば、別班はロシア、中国、北朝鮮およびその関連諸国の情報収集を目的に、
    ヒューミント(人を媒介にした諜報活動)を行うチームだ。
    国内で対象と接触することもあれば、海外で民間人もしくは外務省などの
    公務員を装って諜報活動を行うこともあるという。

    別班メンバーの掟は、身分は明かさないことを前提に、交友関係は絶つ、
    公的な場には行かない、年賀状は出さない、防衛大の同期会には行かない、
    自宅に表札は出さない、通勤ルートは毎日変える、身分証明書は
    身につけずに自宅に保管など、さまざまにあるという。

    2013年の記事発表は、著者にとっても勇気のいる行動だった。発表前にある自衛官からは、
    (別班を記事にするなら)「あなたを消すくらいのことはやる」と脅され、発表後には
    別の自衛官から、「最低限、尾行や盗聴は覚悟しておけ」
    「ホームで電車を待つときは最前列で待つな」と警告されたという。

    (抜粋)
    引用記事:https://ddnavi.com/review/494785/a/
    job_spy_woman




    関連記事



    1: 高低差速報
    社員の「やる気」を指標化し、投資家などに公表しようという取り組みを東京の経営コンサルティング会社が始めました。

    これは、取り組みを始めた東京 銀座にあるコンサルティング会社が18日発表しました。

    それによりますと「やる気」の指標化は、社員に会社の組織風土や制度、職場環境などおよそ130の質問をし、「満足度」と「期待度」を5段階で評価してもらい、結果を偏差値として算出します。

    「満足度」だけでなく「期待度」も尋ねることで、社員が会社や上司などに求めていることや、社員がやる気を落としている要因などを分析できるということです。

    コンサルティング会社は、この「やる気」の偏差値を格付けすることで、売り上げや利益などからはわからない会社の状態を表す指標として投資家などに活用してもらえるとしています。

    開発した「リンクアンドモチベーション」の小笹芳央会長は「社員のやる気は経営陣も投資家にとっても重要な要素だが、決算書などでは見ることができない。多くの企業にニーズがあると思う」と話しています。

    この会社はコンサルティング先などおよそ2000社の社員の「やる気」の偏差値を算出しているということで、2025年までに300社に公表してもらうことを目指して各社に働きかけを行っていくということです。

    活用する会社「社員の意識の高さ 知ってもらえる」
    社員の「やる気」格付けの公表を決めた東京 渋谷にあるIT企業「クラウドワークス」の吉田浩一郎社長は「財務指標上は利益が出ていなくても、社員の意識はとても高いということを投資家の方に知ってもらえると思い、指標の開示を決めた。採用活動にもつながると思う」と話していました。

    この会社は去年3月に初めて調査を受けた時、偏差値は47.1で格付けは11段階の下から5番目の「CCC」でした。

    当時は社員の数が一気に増えていて、調査によって社内のコミュニケーションに問題が起きていることがわかったということです。

    そこで社長が全社員に話をする朝礼を月に一度から週に一度に増やし、上司と部下が仕事以外の話を気軽に話し合う面談も週に一回程度設けることにした結果、ことし6月の調査では偏差値が68.2、格付けもいちばん上の「AAA」に改善したということです
    引用記事:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180918/k10011634681000.html
    business_senryaku_sakuryaku_man



    関連記事


    1: 高低差速報
    既存製品の延長線上にある新製品や新サービスの開発は次々と実現できるのに、まったく新しいコンセプトの製品を開発したり、
    既存製品を破壊するようなイノベーションを起こすことができないと悩む企業は多い。その企業に優秀な人材と多種多様な知識、
    経験が蓄積されているのにもかかわらず、である。
     この答えとしてイノベーションのジレンマが有名だ。既存の市場と顧客のニーズへの対応に集中し過ぎることにより、
    新しいニーズを見失い、イノベーションができなくなることをいう。
     しかし、新たな市場や顧客ニーズを見据えたイノベーションチームを社内につくっても、
    イノベーションを起こすのが難しいことの方が多い。それはなぜだろうか?
     答えを先に言えば、その理由は「同調圧力」にあると考えている。イノベーションを起こそうとする人たちに対する、
    既存組織や周りの環境からの、変化させまいとする圧力である。
     同調圧力は「場の空気」と言い換えることができる。「集団の一員であり仲間としての自分」という
    自覚を持ち行動すべきという暗黙の了解であり、行動規範のようなものだ。

    引用記事:https://diamond.jp/articles/-/179866
    wysiwyg_4ab1932fb9997f0b52d5




    関連記事

    このページのトップヘ