高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    政治・経済・社会・会社


    1高低差速報
    大量のアマゾンの荷物を一手に引き受けるヤマトのドライバーは毎日、フル稼働だ。同社の社員ドライバー(28歳)がこう明かす。

    「会社の始業は朝8時ですが、そんな時間に出勤していては荷物をさばき切れません。7時過ぎには会社に出て、自分の荷物を積み込み、
    8時過ぎには営業所を出発。荷台に積む荷物の3~4割がアマゾンの商品ですが、配達先に到着しても2~3割が不在で
    燃料を浪費するだけの“ムダ走り”が増え、再配達が必要になります。

    時間指定が12時~14時に集中すると昼食休憩は取れず、20時~21時に集中すると営業所に戻るのは21時過ぎになり、
    タイムカードを打ってから“無給”の事務作業を強いられます。1ヵ月の所定労働時間を超えると会社的にヤバいらしく、
    繁忙期は『タイムカードを押してから残務処理をやってくれ』と上司から言われるんです。

    体は相当きついですね。体調を崩しても、他のドライバーに迷惑が掛かるので休めませんし…。月収は28万円ですが、
    全然わりに合っていません。扱う荷物が多い日には、ついお客さんが不在でも玄関前に荷物を置いていってしまいます」

    アマゾンの荷物を運ぶ作業は精神的にもツラい。

    「アマゾンの荷物は一個250円程度で契約しています。他の荷物に比べれば、半額以下の激安料金。それなのに再配達は多いわ、
    時間指定でルート計画は狂うわで、運べば運ぶほど『赤字になってるんじゃ…?』と徒労感が募ります。

    できることなら、会社にはアマゾンとの取引きをやめてほしいと思う。あのロゴを見るだけで吐き気がすることもあるので…」

    こうしたヤマトのドライバーの過酷な現状はTVや新聞でさんざん報道されているところだ。そのためか、日経新聞が実施した
    読者アンケート『ヤマトの値上げ、賛成ですか?』の回答結果を見ると、実に8割の人が『賛成』の意向を示している。

    さらに、前出のヤマトのドライバーはこう話す。

    「時間指定で荷物の到着が遅れると、以前は『遅い!』『それでもプロか!?』なんて怒られることが多かったのですが、
    最近は『御苦労さま』『頑張ってね』と温かい言葉を掛けてくれるお客さんが増えています。仕事が大変なのは変わらないけど、ありがたいですね」

    http://news.livedoor.com/article/detail/12851333/




    portada-amazon2
     
    関連記事



    1高低差速報
    NHK「スタジオにたくさんタレント呼んで映像中もワイプつけよう。動物、自然、歴史番組などの教養番組もVTRだけだと退屈だからスタジオトーク多めにしよう。派手なテロップなど面白い演出たくさんしよう。Twitterのコメントを常に下に表示しよう。」

    なおこの手のバラエティは視聴率ランキングにひとつもランクインせず
    受信料返せよ




    42a3c524992fb5d572c20663cc154383
     
    関連記事


    1高低差速報
    私は、東京大学を卒業して、財務省で働いて、それから弁護士になって、その後、ハーバードに留学をして、昨年に日本に帰ってきた。
    そして、未婚のまま、今度の誕生日で34歳を迎えようとしている(笑)。

    さて、私自身、20代から30代前半にかけて、とにかく目の前の仕事に追われていた。受験戦争を勝ち抜いてきた優等生にとっては、
    何事も「きちんとやらなきゃ」と思ったし、それでも自分の能力をはるかに超える量の仕事が降ってきたし、なによりも精いっぱいだった気がする。
    でも、それ以上に、ちゃんと恋愛をして人生のパートナーを見つけようと一生懸命頑張った20代、30代のはずだった。

    いつか結婚するものと信じていたけれど、「ああ、私、結婚しないまま34歳になるんだ」と思ったとき、ふと、そうか、もしかしたら、
    私この先ずっと一人なのかもしれないと、思いついた。これから先、結婚することがあるかもしれないけど、
    それはラッキーくらいに思わなきゃいけなくて、基本線として一人で生きていかなくてはならないと思ったときに、
    私はなんだか、どうしようもなく寂しくなってしまった。

    別にここまでの人生を後悔しているわけではないし、これからの人生も精いっぱいやりたいと思っているし。
    でも、自分の家族を持てないかもしれないということは、なかなかつらい。私は、いつ、どうやって、こんな人生を選んでいたのだろう――
    人生の折り返し地点が見えてきた今、それを振り返ってみなきゃ。そして、この機会に、私と私のまわりのハイスぺ女子たちが、
    どうやって生きてきて、どうしてこうなってしまって、そして、これからどうやって生きていくのかを考えてみたいと思いついた。

    それが、この連載をはじめようと思ったきっかけである。

    http://blogos.com/article/214055/

    山口真由さん(33)





    関連記事


    1高低差速報
    パナソニック、再リストラ デジカメなど6事業 2017/3/25 1:11
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDC23H1G_T20C17A3MM8000/
    パナソニックが不採算の6事業を対象に一段のリストラに踏み切る。
    2018年3月期に液晶パネルの生産ラインや半導体事業会社の株式の売却を検討するほか、
    今春にはデジタルカメラなど3つの事業部を解体して人員を減らす。
    デジタルカメラや電話交換機、光ディスクを手掛ける3つの事業部は解体する。
    ほかの事業部の傘下に移管して人員も減らし、事業規模を縮小する。




    img_201-panasonic-bbd_01
     
    関連記事


    このページのトップヘ