高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    政治・経済・社会・会社


    1: 高低差速報
    ファーウェイの大卒初任給40万円 世界標準ではまだチープ

    2017年の新卒の初任給は、厚生労働省の発表によると院卒者が23万3400円、大卒が20万6100円だ。
    経営コンサルタントの大前研一氏は、この金額はまだまだ世界に大きく遅れをとっているとみている。
    スマートフォンなどでお馴染みの中国のファーウェイ(華為技術)を例にとり、グローバルスタンダードな
    給料について解説する。

    以前「70代よりも出不精な20代」の問題を取り上げたが、家に引きこもる内向きな若者の増殖は、今の日本の
    凋落を象徴していると言えるだろう。

    すでに述べてきたように、日本は給料がほぼ20年間にわたって下がり続け、初任給は平均20万円ほどのまま
    である。時価総額10億ドル=約1000億円の「ユニコーン企業」も、世界217社のうち日本企業はわずかに
    メルカリ1社だけというお寒い状況で、国民の心理は冷え込む一方だ。これを反転させるのは非常に難しい。
    引用記事:http://www.news-postseven.com/archives/20180107_641068.html
    money_fueru



    関連記事



    1: 高低差速報
    お金には時間価値がある。例えば、今の金利が年率5%だとすると、現在の100万円は1年後には105万円になる。100万円が現在価値で、1年後の105万円は将来価値、5万円は時間価値である。その5%をファイナンス理論では割引率とも言う。

    ところが今は低金利の時代。日銀はゼロ金利政策をとっている。ゼロ金利では1年後の理論価値も100万円。「1年後の105万円」のほうが、ファイナンス理論的には合理的な考え方である。ゼロ金利でお金を借りて、1年後の105万円に投資すれば、ほぼノーリスクで5万円が手に入ることになる。こういった資産を積み重ねるのが、資産家の考え方だ。

    引用記事:https://zuuonline.com/archives/182543
    img_6df70f404178b0ae63a09552e6c3fb53227249



    関連記事


    1: 高低差速報
    民間の信用調査会社の調査で、県内で正社員が足りないと感じている企業の割合は4割を超え、平 成18年の調査開始以来最も高くなっていることがわかりました。
    引用記事:http://www3.nhk.or.jp/lnews/kofu/20180110/1040001308.html
    building_kaisya_small



    関連記事


    1: 高低差速報
    資産家のウォーレン・バフェット氏は、自身はビットコインのような仮想通貨のファンではないとし、それらの価値急上昇は短命に終わると確信すると述べた。

    バフェット氏は10日にCNBCとのインタビューで、「仮想通貨は総じて悪い結末に至るだろうと、ほぼ確信を持って言える」と発言。「それがいつ起こるのか、どのように起こるのかなどは分からない。ただし、これだけは分かっている。全ての仮想通貨について5年物のプットを買うことができるなら、私は喜んでそうするだろうが、10セント分すらもショートにすることは決してない」と述べた。
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-01-10/P2CHUESYF01U01
    800x-1



    関連記事


    1: 高低差速報
     2018年に、Appleのソフトウェアに関して大きな変化が起きる可能性があることが、Bloombergの報道で明らかになった。

    この報道によると、早ければ2018年にも、Appleが方針を転換し、タッチスクリーン搭載の「iOS」デバイスと「Mac」コンピュータの両方で利用できるアプリケーションの開発が可能になるかもしれないという。
    引用記事:https://japan.cnet.com/article/35112283/
    mac-apple-logo-screen-icon





    関連記事


    1: 高低差速報
    若者はもっと海外旅行を!=促進策を検討-観光庁


     観光庁は、若者の海外旅行離れを食い止めるため、促進策を探る有識者検討会を設置して
    議論に着手した。

     海外での経験は視野を広げることにつながるほか、外国人観光客の受け入れ体制を整備する際役立つ。
     
     同庁は、若者が海外旅行をしやすくする取り組みの方向性を今年度末までにまとめ、
    2019年度予算概算要求に関連施策を盛り込む方針だ。

     1996年の日本人の出国者数は1669万人で、うち20代は463万人。
     2016年は全体が1712万人とほぼ横ばいだが、20代は39%減の282万人だった。

     主な減少理由として、若者がショッピングセンターや温浴施設など近場で休日を過ごす傾向にあることや、
     スマートフォンのゲームなど室内での趣味が増えたことなどが考えられる。

     有識者検討会では、若者が海外に行く動機付けなどをテーマに議論。



    kaigairyokou

    関連記事

    このページのトップヘ