高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    政治・経済・社会・会社


    1: 高低差速報
    5月30日に放送された『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で、マツコ・デラックスと有吉弘行が最近の高齢者に苦言を呈した。

    番組中、日曜祝日が休みの病院が多いことへの不満を訴える投稿が紹介され、マツコは「ジジイ達がタヒなないから…ジジイ達が
    若者が土日営業しようと言うと怒る」と高齢者のエゴに問題があると語る。

    この発言に有吉は「ジジイのマナー悪すぎない?」と傲慢な高齢者が増えたと口にし、マツコも「最近、本当に思う。ジジイ達を見てると
    『こうはなるまい』って」と同意。有吉は続けて「年取ったら角取れて丸くなってさ…全然だね。紙やすりみたいなクソジジイばっかり」と毒を吐く。

    さらに、マツコは「あのジジイ達が経営してなかったら日本経済もうちょっと上手く回ってる」と好況にならない原因は高齢者にあるとバッサリ切り捨てる。
    有吉も「16才くらいの子の方がいいわ。意外と会社回るんじゃない」と高校生の方がキチンと経営をしてくれそうと話し、マツコも「回るよ。
    私利私欲しか考えていないジジイが回してんだもん」と声を揃えた。

    ネット上では、「最近のジジィババァは本当にマナー悪すぎる」「あいつらが日本を悪くしてる」「接客業してるがマナーマジで悪すぎる」など、
    最近の高齢者のマナーの悪さを指摘する意見が多く寄せられた。

    煙たがれない高齢者になるためには、ある程度、若者文化を許容し順応する必要があるのかもしれない。

    引用記事:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180531-00000007-reallive-ent




    img_c44b10a3124f43ab9effab1b935ae0d41025168

    関連記事


    1: 高低差速報
    ■過去25年の若者の趣味の変遷を見ると、より金のかからないもの、
    アウトドア系からインドア系へと趣味が移行していることがわかる

    戦後から高度経済成長期にかけて、日本社会は大きな変化を遂げたが、
    その後の90年代以降の四半世紀の変化も実はかなり大きい。

    人口減少の局面に入り、少子高齢化が進行している。
    未婚率の上昇に伴い、単身で暮らす人が多くなっている。
    仕事面では雇用の非正規化が進み、労働者の給与も下がり、
    自由に使えるお金(可処分所得)が少なくなっている。
    ITの普及に伴い、人々の生活様式も大きく変わった。

    このような変化が、人々の意識や行動に影響を与えないはずがない。
    社会の動向を敏感に反映する若者は特にそうだろう。
    博報堂生活総研が、その変化を可視化できる資料を公表している。
    『生活定点1992-2016』という統計調査で、
    同じ設問(定点)の回答結果を1992~2016年の四半世紀にかけてたどることができる。

    表1
    no title

    表2
    no title


    引用記事:https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/05/post-10274.php

    関連記事


    1: 高低差速報
    じゃんけん勝ったら内々定 来春採用でひまわりほーむ

    ひまわりほーむ(金沢市)は2019年春の新卒採用で、1次面接に参加した学生のうち「じゃんけん」で勝ち残った1人に対し、2次、3次面接を経ずに内々定を出す異色の選考方法を導入した。

    加葉田和夫社長は、学生優位の売り手市場で地方の中小企業の採用は厳しいとし「社会人にはここ一番の『ツキ』が必要な場面も多い。新しい選考で将来活躍できる人材を探したい」と狙いを話した。

    じゃんけん選考は希望職種に関係なく全員が参加できる。学生は一斉に加葉田社長と対戦し、負けた人は脱落し、勝ち続けた1人が内々定を得る仕組み。

    今年は4月26日に12人が参加し、5、6回の対戦の末に地元の女子大学生が勝ち残った。じゃんけんに負けた学生は通常通りに1次面接を受けた。6月7日には2度目の1次面接を行う。

    引用記事:http://www.hokkoku.co.jp/subpage/K20180530301.htm




    syukatsu_mensetsu_man

    関連記事


    1: 高低差速報
    雑誌『週刊プレイボーイ』で連載中の、対談コラム「なんかヘンだよね」
    ホリエモンとひろゆき氏が、ニッポンの“ヘン”を語り尽くします。

    今週のテーマは、「元号」について。

    ホリ システムは全部西暦でいいんだよ。

    ひろ 1年ごとに区切れるならまだしも、例えば1月7日までは昭和64年ですけど、1月8日からは平成ですし、こんな感じでルールがややこしすぎるんですよ。
    今は長さの単位って主にmとかcmになっていますけど、昔の日本は「尺」とか「寸」とか使っていましたよね。あんな感じで使いたい人だけ使う感じにしたほうがいいと思います。

    ホリ 同意。

    ひろ ちなみに、日本人が海外で運転免許証を見せるときにも結構困るんですよね。海外で免許証を身分証代わりに使おうと思っても、
    日本の免許証って生年月日が平成とか昭和で書かれているから、外国人に上手く伝わらないんですよ。

    ホリ そうそう。あれはかなり不便だよね。だから、俺はわざわざ船舶免許証を持ち歩いているもん。
    船舶免許って西暦で英語表記もあるから海外でも身分証として使えて便利なんだよね。

    ホリ 本当は自動車の免許証でいけるようになればいいんだけど。

    ひろ ってことで、社会システムの部分はそろそろ西暦に統一した方がいい派が増えて欲しいものです。でも、
    あんまりそういう話が主流にならないですよねぇ。ITに関わってないと、元号とかすげーめんどくさいし、間違いのもとだし、コストも上がるとか、わからないものなんですかね。

    ホリ 元号を使っている日本って、けっこう稀なケースっぽいよ。

    ひろ 1977年に行った世論調査では元号存続派が80%、廃止派が5%だったらしいんですけど、今一度調査してみてもおもしろいでしょうね。公的な書類を書く時に「あれ? 今年って平成何年だっけ?」と戸惑う人も少なくないでしょうし。

    ホリ やっぱり、めんどくさいよな。利便性の妨げになってしまっているのは事実。

    引用記事:http://weblog.horiemon.com/100blog/46812/
    関連記事



    1: 高低差速報
    グラビア写真界の第一人者、渡辺達生氏(69)が“人生最期の写真を笑顔で撮ろう”とのコンセプトで立ち上げた『寿影』プロジェクト。 
    渡辺氏は、自然な笑顔を引き出すべく、撮影する人に「一品」を持ってきてもらって、それにまつわるエピソードを聞きながら撮影する。

    カレーハウスCoCo壱番屋創業者の宗次徳二氏(69)が持ってきたのは、後任の社長から贈られた「バイオリンのピンバッジ」だ。

    クラシック好きが高じて28億円の私財をなげうち、名古屋にコンサートホール『宗次ホール』を建設した。輝くピンバッジは、
    開館日に現社長から贈られた。

    妻と二人三脚で始めた事業は右肩上がりで大成功。「三流経営者でも何とかなる見本でしょうか」と謙遜するが、朝4時台の出社など、
    並みの経営者以上の働きがもたらした結果なのである。

    「この先も“百利あって一害なし”の早起きを続け、これまで同様、毎日一所懸命生きることが私の終活。亡き後の私財は相続させず、
    奨学金やホームレス支援などにすべて投じます」

    自分に辛口、世に甘口な男だ。

    引用記事:http://www.news-postseven.com/archives/20180527_679178.html 


    images


    1: 高低差速報
    ◆サブウェイが4年で170店舗も閉めた理由 コンビニおにぎりにはかなわない

    サンドイッチチェーン「サブウェイ」が苦境にある。
    4年で約170店舗が閉鎖し、運営会社「日本サブウェイ」も2期連続で赤字を計上した。

    野菜たっぷりでパンも選べるサブウェイのサンドイッチは、なぜ売れなくなったのか。
    店舗経営コンサルタントの佐藤昌司氏は、「コンビニのサラダが充実し、飲食店でも野菜メニューを押し出している今、『野菜のサブウェイ』の訴求力は低下している」と分析する――。


    引用記事:http://president.jp/articles/-/25180

    3602
    関連記事


    1: 高低差速報
    地方創生は、人口減少を阻止するための事業だ。それが初手からないがしろにされている。

    だがその中間点を過ぎたいまこそ、事業のあり方を見直し、まずはその原点に返って、私たちはいかにして人口減少を止められるのか、真剣に考えるきっかけを作らなければならない。

    そのきっかけこそ、地方創生をはじめる際に各自治体で策定した「人口ビジョン」にある。

    人口ビジョンは、政府が自治体に総合戦略とあわせて策定を求めたものだ。将来人口の見通しを示せ、それにあわせて戦略を立てていく。そういう建て付けであった。

    「人口下げ止まり」をめぐる難題
    人口ビジョンが果たすべき役割は次の二点にある。

    まず第一に、減少していく人口が下げ止まる場所を見つけること。そしてその下げ止まりを何が何でも必ず実現することだ。

    第二に、人口下げ止まりが実現するにしても、逆に言えばそこまでは必然的に人口は縮小するのだから、その最終形にあった行政の形(インフラ、サービスなど)にあわせて社会を縮小する準備をしていくこと。

    しばしば自治体では後者の方に焦点をあてて人口減少を考えがちだが(そして前編で述べた基本目標4もこれにあたる)、実は前者が重要なのである。

    引用記事:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/55580



    c0117762_7193163



    関連記事

    このページのトップヘ