高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    政治・経済・社会・会社


    1: 高低差速報
    週休3日制に6割の人が賛成 メリットは「役所や銀行に行きやすそう」、デメリットは「給料が減りそう」

    「はたらこねっと」を運営するディップは3月22日、「はたらこねっとユーザーアンケート―週休3日制について―」の結果を発表した。
    調査対象は、同サイトに登録する1638人。

    先日は、2017年度の春分の日が水曜日だったため、週の真ん中に休みがある状態を経験した人たちから「週休3日制」を
    熱望する声が出ていた。調査でも、58%の人が週休3日制に賛成していた。

    勤務先で週休3日制が認められている人は1割程度と少数派
    引用記事:https://news.careerconnection.jp/?p=51947
    text_kyujitsu



    関連記事



    1: 高低差速報
    ダウンタウン・松本人志(54)が、18日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演。“富豪”ならではの金遣いを明かし、共演者を驚かせた。

     この日、番組では「財布へのこだわり」についてのトークが繰り広げられた。年収1000万円超の人が持つ財布の特徴などが紹介される中、
    松本は「財布は(ここ)1年くらい持っていない」と切り出し、「コンビニとかは携帯(の電子マネー)でいけるし、
    それ以上高額だとカードを使えるので、いらなくないですか?」と持論を展開した。

     小銭についても、コインパーキングの料金を支払うために車内に置いてある程度だという。
    MCの東野幸治(50)が「ホンマのお金持ちは財布を持たないんですよ」と呆れると、
    松本は「いやいや、そんなんじゃないから!」と困惑したが、やがて「こんなん言うたらアレかなぁ…
    小銭は本当にもう要らないです」と本音を吐露。「だから、小銭がへんにある時、関係ない人の車の
    タイムズ(コインパーキングの料金)、入れてあげる時ある」と告白した。

    引用記事:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180322-00000019-ykf-ent
    10



    関連記事


    1: 高低差速報
    資産5000万ドル(約52.5億円)以上の大富豪が多い20カ国・地域

    20位 シンガポール 1400人
    19位 サウジアラビア 1540人
    18位 スウェーデン 1630人
    17位 オランダ 1650人
    16位 スペイン 1690人
    15位 台湾 2010人
    14位 ブラジル 2390人
    13位 韓国 2610人
    12位 ロシア 2620人
    11位 インド 2920人

    10位 イタリア 3150人
    9位 スイス 3710人
    8位 英国 4580人
    7位 香港 5140人
    6位 フランス 5240人
    5位 カナダ 5500人
    4位 ドイツ 8070人
    3位 中国 8800人
    2位 日本 9960人
    1位 米国 3.85万人

    引用記事:https://zuuonline.com/archives/183986
    okanemochi



     関連記事



    1: 高低差速報
    500万人分の個人情報が中国業者に 年金情報入力を再委託

    日本年金機構からデータ入力の業務を委託された東京の会社が、契約に違反しておよそ500万人分の個人情報を中国の業者に渡し、入力業務を任せていたことが厚生労働省などへの取材でわかりました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180319/k10011371391000.html
    nenkin_techou_orange



    関連記事


    1: 高低差速報
    番組では、林氏が「職場の近くに金をかけてでも住むべき!」と提唱した。広くて安い郊外の家から電車通勤するより、家賃が高くても職場に近い家を絶対に選択すべきだというのだ。
    林氏自身、新卒社員のときから一貫して東京・文京区に住み続け、歯を食いしばって高い家賃を払い続けてきたという。そのため、40歳過ぎまで、貯蓄はなかったそうだ。

    その理由として、林氏は、長い通勤時間で睡眠時間と運動時間を確実に失う、と指摘する。
    林氏は「満員電車でかかるストレスで失うものって意外と大きいんですよ」といい、「時間っていうのは本当に貴重な財産」だと胸を張った。
    さらに「お金の場合には、皆さん使い道をよく考えられると思うんですけど、時間はそれ以上にもしかしたら価値があるものかも知れない」と主張したのだった。

    引用記事:http://news.livedoor.com/article/detail/13723550/




    331

    関連記事

    このページのトップヘ