高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    地域


    1: 高低差速報
    アメリカ合衆国は50州から成り立っていますが、それぞれの州にどんな特徴があるかと言われると難しいものです。
    かなりのアメリカ通でもなければ、「ロードアイランド州は?」「ワイオミング州は?」「サウスダコタ州は?」と尋ねられても、ちんぷんかんぷんではないでしょうか。
    地元の人々に聞いてみた「各州の残酷なまでに正直な説明」をご紹介します。

    1.ミネソタ州
    「USA版のカナダへようこそ」

    2.ニューヨーク州
    「ニューヨーク市はニューヨークの全てではない」

    3.メイン州
    「エリートサラリーマンが2分の1、田舎者が2分の1、そしてスティーブン・キング」

    4.ワシントン州
    「木、マリファナ、水、雨、そしてコーヒー」

    5.アリゾナ州
    「想像できるものすべてがベージュ」

    6.ハワイ州
    「観光客は来てほしくないですが、お金はいただきます」

    7.ウィスコンシン州
    「シラフでいるには寒すぎる」

    8.テキサス州
    「最もアメリカンなアメリカの一部分」

    9.アラスカ州
    「うちらの裏庭から実際にロシアは見えない」

    10.アラバマ州
    「我々は全てにおいて49位かもしれないが、ミシシッピ州のおかげ」


    「アメリカ50州の特徴をそれぞれ1行で説明して…」残酷なほど正直なアメリカ人の回答いろいろ
    引用記事:http://labaq.com/archives/51896670.html
    america-1295554_960_720





    関連記事


    1: 高低差速報
    アメリカ製造業軍
    アップル、ジョンソン&ジョンソン、P&G
    GE、ファイザー、コカ・コーラ、フィリップモリス
    インテル、ダウデュポン、ペプシコ
    アムジェン、3M、メドトロニック
    アブビー、メルク、クアルコム
    ボーイング、クラフトハインツ
    シスコシステムズ、ギリアドサイエンシズ
    ブリストルマイヤーズスクイブ、セルジーン
    ユナイテッドテクノロジーズ、ハネウェル
    イーライリリー、ナイキ

    f6ff9_103_d318ea3d65f546b10cfe2e0d036402b4



    関連記事



    1: 高低差速報
    日本は言わずと知れた一極集中国家である。国民の間には東京は発展の中心地という意識が根強いが、これはもはや幻想である。むしろ日本経済は東京一極集中メカニズムのために危機に陥っている現状があることを指摘したい。

    日本経済の推進力であった東京経済
     東京経済はかつて「産業母都市・東京」と呼ばれたように、国公立の基礎研究機関や企業の企画・研究開発部門と、新部品の開発や試作を担う中小規模の基盤産業群の結合によって、産業の「原型創出機能」を発揮し、地方へ技術移転を行う拠点であった。首都圏には大企業の本部、メインバンク、流通、広告、マーケティング等に加えて、周辺に研究開発、部品製造、材料加工、組立工場までが一大集積し、関係政府機関と民間部門が諸計画を協議・調整する「政官業」の結合体制がこれを増強した。
     日本中央部における産業の原型創出機能と地方産地の経営組織力・技術応用力の結合によって経済成長が実現され、波及効果が全国に及んだ。日本経済は、国内資源を動員して東京が成長し、その果実を地方に再分配するシステムを作ってきた。国内産業センターとしての東京の機能と成長力が、このシステムの中核であった。

    引用記事:https://news.yahoo.co.jp/byline/samutahikaru/20171202-00078828/ 


    content-vision

    関連記事


    1: 高低差速報
    ドイツ「労働時間を超過したらその企業の経営者は禁錮刑になるよ!」

    ドイツ「俺たちこんなに働いてなくても日本人の効率の2倍の生産性があるんだ!」





    13150

    関連記事


    1: 高低差速報

    11月中旬に駐日トルコ特命全権大使に着任したハサン・ムラット・メルジャンさん(58)が12月4日、和歌山県串本町を訪れ、
    同町須江の大島小学校で児童と交流するなどした。大使は、1890年の同町樫野沖でのトルコ軍艦「エルトゥールル号」遭難から続く日トの友好を串本の人たちが大切にしていることに感謝した。

    引用記事:http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=343945&p=more
    Flag_Turkey




    関連記事

    このページのトップヘ