高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    自然科学・人文科学(宗教・哲学・歴史)


    1: 高低差速報
    工学部「ものつくりは任せろ!」

    理学部「工学部の手伝いするわ」

    医歯薬学部「怪我したら任せな」

    農学部「食料調達は必要だろ?」

    法学部「俺たちは法を…」
    経済学部「…」
    文学部「」

    理系「お前らは穀潰しだからタヒんでくれ!」グチャ!



    これが現実



    unnamed

    関連記事


    1: 高低差速報
    人体実験の対象は主に満州人か中国人

    ・全採血(体中の血を抜き取るとどうなるか見る実験)

    ・凍傷実験

    ・生体解剖 (生きたまま解剖する)

    ・低圧実験(被験者を低圧室に入れ観察)

    ・海水実験(血管に海水を注入し血液の代わりになるか調べる)

    ・肺切除実験(人間は片肺を失っても生きていけるか調べる)

    ガチの畜生でワロタ




    maxresdefault

    関連記事


    1: 高低差速報
    お前全然だめじゃん、7か国の与力集めて5年間かけて結局お前、なんも出来なかったじゃん
    秀吉や光秀あんなに手柄建ててるのにここずっと手柄立ててないよな?
    できないのはしょうがないよ、でも出来ないなら俺に相談するなりなんなり出来るだろ?それなのに何もしないで包囲してただけじゃん
    しかも与力を酷使して自分の直臣なんか全く増えてないだろ?
    あ、そうだ、水野信元の領地お前にやったらそこの連中みんな追放したろ?あいつらすげー強くて見込みあったんだぞ
    岡山某って水野の組頭なんか妹が遊女にまでなって露頭に迷ってたのを勝三(鬼武蔵)に召し抱えられたらもう兜首3つで俺は感状書いたくらいだ
    あ、感状といえばお前、俺からこの17年間で一度も感状貰ってないだろ?真面目にやってたんか?本当に
    光秀や秀吉見ろよ、俺は感状何枚書いたかわからんくらい書いてるぞ、お前どうなってるんだよ?
    お前は確かにもう隠居考える時期かもしれんけどお前よりも年取ってる権六なんかすげー頑張ってるぞ
    そういえばお前の跡取りの信栄な、本当に評判悪いぞ、あいつに跡継がすのか?俺の直臣でもある与力に横柄な態度とるとかおかしいだろ
    権六なんか跡取りの話もせずに権六頑張ってるぞ。いや、たまには負けるけどな。加賀でそういえば最近も負けたな、権六
    でも権六は頑張ってるぞ、勝ち負けじゃないんだよ、勝ち負けじゃ、やる気なんだよやる気、お前はやる気が感じられないし
    とにかく今のままじゃ話にならん
    信盛よ、こうなったら大手柄立てるか、切腹して詫びるか、改易されてどっかに逃げるか、3つに1つだぞ、よく考えろや



    snapcrab_noname_2015-6-14_20-27-51_no-00



    関連記事



    1: 高低差速報
    76歳の編集者挑む“科学古典のデジタル文書化”――現役時代に夢見た「科学知識を万人へ」

    「科学古典が無料で公開されているすごいサイトがある」――こんなネット上での書き込みを見て、
    筆者は「科学図書館」というWebサイトの存在を知った。

    no title


    「科学的知識は万人によって共有されるべきもの」とトップに掲げるそのWebサイトには、北里柴三郎、
    志賀潔、寺田寅彦、本居宣長、九鬼周造といった日本の科学者・哲学者・偉人や、アルベルト・アインシュタイン、
    ルイ・パスツール、マックス・プランク、ヴィルヘルム・オストヴァルトなど海外の著名な科学者たちの著作が
    PDF形式で公開されている。いずれも著作権者の許諾を得て掲載しているという。

    no title

    no title


    その数、500冊以上。PDFは、本をそのまま画像で取り込んだものではなく、組版(くみはん)用の
    マークアップ言語「TeX」で1冊1冊組版したものだ。実際にPDFを見てみると、丁寧に組版されており、
    昔の著作でも読みやすい。文章のコピーもできるため、単語の検索も容易に感じた。

    一体誰が作ったのか。Webサイトには本人のプロフィールらしきものもない。Webサイト内にあった
    メールフォームから連絡を取ったところ、返信があった。なんと、この500冊のデジタル化は、1人で
    成し遂げたものという。

    ITmedia
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1708/11/news020.html

    科学図書館
    http://www.cam.hi-ho.ne.jp/munehiro/science/scilib.html

    ※協力者を募集中らしいです
    関連記事



    このページのトップヘ