高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    生活・服飾・部屋・ライフハック



    1: 高低差速報
    「ユニクロ」を運営するファーストリテイリングの海外事業が好調だ。直近の決算は売上高、純利益ともに過去最高を更新。これまでアパレル企業の世界3位は米国のギャップ(GAP)だったが、それを抜いて世界3位の座を固めつつある。「2020年に連結売上高3兆円」という目標は達成できるのか。『図解!業界地図2018年版』(プレジデント社)の著者が分析する――。

    引用記事:http://president.jp/articles/-/23560
    uniqlo_20130311165844000736




    関連記事



    1: 高低差速報
    若者はもっと海外旅行を!=促進策を検討-観光庁


     観光庁は、若者の海外旅行離れを食い止めるため、促進策を探る有識者検討会を設置して
    議論に着手した。

     海外での経験は視野を広げることにつながるほか、外国人観光客の受け入れ体制を整備する際役立つ。
     
     同庁は、若者が海外旅行をしやすくする取り組みの方向性を今年度末までにまとめ、
    2019年度予算概算要求に関連施策を盛り込む方針だ。

     1996年の日本人の出国者数は1669万人で、うち20代は463万人。
     2016年は全体が1712万人とほぼ横ばいだが、20代は39%減の282万人だった。

     主な減少理由として、若者がショッピングセンターや温浴施設など近場で休日を過ごす傾向にあることや、
     スマートフォンのゲームなど室内での趣味が増えたことなどが考えられる。

     有識者検討会では、若者が海外に行く動機付けなどをテーマに議論。



    kaigairyokou

    関連記事


    1: 高低差速報
    あなたは、結婚相手にどんなことを求めますか。
    以前は一般的にいわれていた『結婚相手に求める条件』も、時代と共に変化しているようです。

    さまざまなことをランキング化している『gooランキング』が、以前はよくいわれていたけれど『いまは正直いってどうでもいい、結婚相手の条件』をアンケート調査しました。
    対象となったのは、20代から30代の女性250人。
    すると、驚きのものから、納得いくものまで、さまざまな結果が出ました!

    ■『家』ではなく、『個人』を見る時代に?

    まずは、どうでもいい条件の10位から4位までの発表です。
    10位 実家の経済力
    9位 育った環境の一致
    同率7位 身長の高さ
    同率7位 家柄のよさ
    6位 年齢の若さ
    5位 運動神経のよさ
    4位 実家の所在地

    以前は気にされていた『家柄』も、いまは気にしない人が多いようです。
    また、『身長の高さ』がランクインしているのは、意外と思う人がいるかもしれません。
    気になるTOP3がこちら!

    ■3位 学歴の高さ

    高学歴の人はよい会社に就職し、高収入を得る…そんなことが当たり前の時代がありました。
    しかし、現代では「高学歴であっても、必ずしも安定した高収入を得られるというわけではない」という声を聞くこともしばしば。
    その影響が、結果にも表れたのかもしれません。

    ■2位 長男かどうか

    昔は「家を継ぐ」ということが重要視される傾向にありました。
    長男と結婚すると「家族と同居しなければならない」「嫁・姑問題に巻き込まれる可能性が高い」など、女性からするとプレッシャーを感じることもあったでしょう。
    現代は「長男だから家系を継がなければならない」という風潮は薄れつつあるため、長男かどうかを気にしないという人は多くなっているようです。

    ■1位 出身地がどこか

    結婚相談所では、プロフィールを登録する際に必ずといっていいほど出身地を聞かれるそうです。
    「年末年始にどちらの実家に帰省するか」などを気にする人が以前は多かったようですが、いまでは気にしないという人が増えたようです。

    時代に合わせて変化していく、相手に求める結婚の条件。
    どういったことを求めるにせよ、互いにとって幸せと思えるパートナーを見つけられたらいいですね。

    引用記事:https://grapee.jp/440202
    shinzenshiki_couple2



    関連記事



    1: 高低差速報
    なぜ東大合格生の2人に1人は「ピアノレッスン」経験者なのか――おおたとしまさ(上)

    東大に合格する生徒に共通項はあるか。3人に1人が公文式を経験していたが、それ以上に経験者が多い塾や習い事はあるのか。
    実は、それはピアノのレッスンだった。割合たるや東大生の2人に1人。脳科学の面からも効果が検証されつつあるというのである。

    no title


    引用記事:http://news.livedoor.com/article/detail/14112923/

    関連記事

    このページのトップヘ