高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    生活・服飾・部屋・ライフハック



    1: 高低差速報
     優香さん「大学を卒業して以来、高収入の男性しか興味がありませんでした。4人お付き合いしましたが、全員高収入の男性でしたね」

     木村「優香さんの考える高収入とは、具体的にどれくらいの金額ですか?」

     優香さん「(きっぱりと)『絶対に年収1000万円以上の人がいいな』と思っています」

    http://www.yomiuri.co.jp/life/hobby/love/20170914-OYT8T50028.html



    money



    関連記事



    1: 高低差速報
    海外で電気自動車の普及を進めるいわゆる「EVシフト」の動きが広がる中、世耕経済産業大臣は「いきなり電気自動車にいけるわけでもない」と述べ、次世代の自動車についてはプラグインハイブリッド車などを含めて中長期的な視野で対応を検討していく考えを示しました。
    EV=電気自動車をめぐっては、イギリスとフランスの政府が2040年までにガソリン車の新車の販売禁止を打ち出したほか、中国政府も同じような措置を検討していることを明らかにするなど、普及に向けた動きが広がっています。

    これについて、世耕経済産業大臣は15日の閣議のあとの記者会見で「EVの潮流は拡大してきているし、実際に販売台数も増えている。しかし、いきなりEVにいけるわけでもない」と述べました。

    そのうえで世耕大臣は「EV、プラグインハイブリッド車、燃料電池車などいろいろな次世代自動車があるわけで、戦略的によく考えて中長期的な視野で臨みたい。自動車産業界とも対話をしていきたい」と述べ、次世代の自動車については中長期的な視野で対応を検討していく考えを示しました。
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170915/k10011140721000.html



    20160803_03_l





    関連記事



    1: 高低差速報
    ブラジルの学者たちは、断食が髪の毛の集中的な成長を引き起こすことを証明した。
    ポータル「エウレカラート」が、「セル・リポート」誌に掲載された調査結果を引用して伝えた。

    学者たちは、マウスの1つのグループには食事の量が厳しく制限し、別のグループには
    適正な食事量を与える実験を半年間にわたって行った。

    結果、マウスにとって適正な食事量の60%しか与えられなかった1つ目のグループの
    マウスは体重が半分に減ったほか、皮膚の厚さと毛の密度が増し、毛も長くなり、
    さらに皮膚の血管の全長も伸びたという。

    学者たちは、このような大きな変化について、マウスが新たな食事の規則に適応した結果だと考えている。
    一定の体温を維持するための熱量が少なくなったことで、体毛の成長が引き起こされたとみられている。
    ブラジルの学者たちは、今回得られた結論は人間にも当てはまると主張している。

    https://jp.sputniknews.com/science/201709134082704/



    hair_hage_atama7

    関連記事


    このページのトップヘ