高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    生活・服飾・部屋・ライフハック


    1: 高低差速報
    引用記事:https://www.fnn.jp/posts/00399949CX

    2020年東京オリンピック・パラリンピックのボランティア説明会が始まった。

    都内で行われた初回の募集説明会には、仕事帰りの人など、およそ230人が参加した。

    9月中旬から募集が始まる東京大会のボランティアは、11万人以上が必要で、このうち、競技会場での運営サポートなどを行う大会ボランティアは、
    10日以上の参加を基本としたうえで、活動時間を1日8時間程度としている。

    説明会では、募集要項や活動内容などが紹介され、参加者からは「時間の制約が強いと参加が難しい」といった意見が聞かれたほか、
    ボランティア休暇の導入や、託児所の整備などを求める声が上がった。

    東京都は「働く世代や子育て中、いろんな方が活躍できる環境作りを進めたい」と呼びかけた。

    東京オリンピック・パラリンピックのボランティアは、交通費の一定額は支給されるが、宿泊費については、自己負担だという。

    働く人たちの反応を街で聞いた。

    参加しない・IT関係(20代)は「会社で募集があったんですけど、申し込んでないです」、「(ボランティアは勤務扱い?)特別休暇みたいなのが与えられるらしく、
    有給の中でボランティアに行く」、「(会社で)選考もあるし、いろいろ準備もしないといけなさそうだし、自費だし。結局、総合的に考慮してやらない」と話した。

    参加しない・販売業(40代)は「自分がその時に『きょうは参加してみようかな』みたいな感じだったら参加しやすいが、普通に仕事があるので、その兼ね合いの中で、なかなか難しい(1日)8時間というのも」と話した。

    参加したい・IT関係(50代)は「五輪って大きなイベントで、それが東京であるので、参加できればとは思っていた。
    (条件は大丈夫?)突発的には無理だが、事前に(会社と)話をすれば、十分いけると思う」と話した。



    img-contents_emblem_sp




    関連記事


    1: 高低差速報
    車にマイホーム…昔の“普通の生活”を選択しない若者たち、現代ではハードルが高い?

    一昔前は“普通”だった、「家庭を持つ」「車を買う」「家を買う」という選択をしない若者が増えていることについて、
    親世代からは「今どきの若者は向上心がない」「夢がない」と嘆く声が聞かれています。

    SNS上では「現代日本でこんな生活できる?」「そもそもお金がないから無理」「ハードル高すぎ」
    「普通じゃなくぜいたく」「税金もローンも大変」など、さまざまな声が上がっていますが、実際のところは
    どうなのでしょうか。ファイナンシャルプランナー(FP)の名方朋世さんが解説します。

    https://otonanswer.jp/post/21330/
    tatemono_myhome



    関連記事


    1: 高低差速報
    8月19日(日)放送の「林先生が驚く初耳学!」(夜11:00-11:54、TBS系)では、林修が「女性が化粧で化けて何が悪い!」と、女性の化粧について持論を展開。アプリやプリントシールでも“盛る”機能も大歓迎という林が、化粧で“化ける”女性たちを肯定する理由を熱弁する。

    また、「澤部の初耳ピーポー」では、澤部佑が今若者たちに人気のジャンルにおいて日本一有名とされる女性を紹介。人気アニメや鉄道会社とコラボレーションし、仕掛け人として活躍する彼女の日常に密着する。

    ほか、ガンバレルーヤが「くしゃみが出そうになった時に一瞬にして止めることができる一発ギャグ」を、体を張って検証。元サッカー日本女子代表の丸山桂里奈は、プロのスタイリストが選んだ服をレンタルできる新サービスを利用し、私服の“脱マンネリ”に挑戦する。

    さらに、芸能人がお忍びで通う高級和食店の絶品料理をかけ、林とゲストが店主こだわりの謎解きメニューの解読に挑む。(ザテレビジョン)
    引用記事:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180817-00158866-the_tv-ent
    20180308-OHT1I50123-T



    関連記事



    1: 高低差速報
    「東大&京大生が選ぶスゴい本BEST30」で
    1位に選ばれたのが「こころ」だったという。
    大学生が「こころ」を選んだ理由はなんだろうとか思案しました。
    何故でしょうかね?異性関係で悩む年ごろなのかもしれません。
    人間の心というのは不思議ですね。大きくなったり小さくなったり、
    従順だったり、頑固だったり、時にはコロコロ変わったりと・・・・・

    引用記事:https://ameblo.jp/karamatto777/entry-12319084415.html

    Natsume_Soseki




    関連記事


    1: 高低差速報
    「物価の安いアジアや中南米なら、月10万円で日本の30万円レベルの生活ができる」。そう語るのは、海外移住に詳しい旅行ジャーナリストの安田修氏。そこで、生活費が安く、かつ滞在ビザが取りやすい“年金でもリッチに暮らせる国”を6つ挙げてもらった――。

    ▼年金生活でもリッチに暮らせる国ベスト6
    インドネシア(バンドン)
    ――温暖な気候で快適な暮らしができる
    ジャワ島西部の都市バンドンは平均標高700mの高地にあり、年間を通して涼しく、平均気温は22~24度。暑いのが悩みの東南アジアでも涼しく暮らしたい人向けだ。3時間も電車に乗れば、高層ビルが立ち並ぶ首都ジャカルタに出られる利便性もある。食事も日本人の口に合う。月10万円ほどでリッチな生活が可能。
    ●居住条件
    リタイアメントビザは55歳以上、年金などで月1500ドル以上の不労収入が条件になる。加えて、インドネシア人の家政婦を雇用すること、指定された観光地で3万5000ドル以上の住居を購入するか、月500ドル以上の賃貸物件を借りて居住する、という条件があるため、タイよりは高くつく。

    モロッコ(カサブランカ)
    ――老後資金が少なくとも国際的な暮らし
    名画『カサブランカ』で知られるモロッコは、年金も貯金も少ないがヨーロッパ風の都会的な生活をしたい人向け。スペインの対岸にあり、1~2時間ごとにフェリーが出ているため、ヨーロッパ旅行も容易。物価が安く、アジア並み。首都ラバトでは安いアパートの家賃は100ドル(約1万円)。月500ドルあれば1カ月暮らせる。ただし観光客相手の悪質な客引きやぼったくりもアジア並み。モロッコ最大の商業都市カサブランカは1カ月の生活費が月1000ドル程度と少し高くなるものの、西洋化されており、馴染みやすい。
    ●居住条件
    リタイアメントビザは年金受給者用と金利生活者用で、金額に規定はない。外国人が土地を買える国でもある。

    タイ(バンコク)
    ――月収15万円でもリッチに暮らせる
    1万円もあれば普通のアパートが借りられ、月15万円あれば裕福に暮らせるという生活費の安さもさることながら「日本と同じように暮らせる」点で海外生活初心者向け。仏教国であることも親近感が湧く。治安もよく、日本人のコミュニティが発達している。「バンコクの町は日本食レストランだらけ。伊勢丹など日系のデパートもあります」。もっとタイらしい暮らしをという人には北部のチェンマイが人気。都心から離れるほど生活費はさらに安くなる。
    ●居住条件
    50歳以上、80万バーツ(約240万円)以上の現金預金維持か、6万5000バーツ(約20万円)以上の年金受給などを条件にリタイアメントビザを取得できる。

    サイパン
    ――何もしない島時間でのんびり
    ハワイ大好き、海が好きでマリンスポーツが好き、でもハワイで暮らすには資金が足りないという人向け。ニューカレドニアと同様に物価が安いとはいえず、月最低でも15万円ほどの生活費が必要だが、「働かないのが当たり前、暑いときはお昼寝」という、絵に描いたような南国の暮らしは魅力だ。「逆にいうと、のんびりできるけれども、のんびりする以外何もすることがない。マリンスポーツなど何か生きがいを現地で見つけないと、長く暮らすのは厳しいかも」。
    ●居住条件
    リタイアメントビザは、55歳以上で10万ドル以上の現地投資(コンドミニアムの購入、土地のリースや家屋建築など)を行う人が対象。

    ギリシャ(アテネ)
    ――低予算でヨーロッパの文化を味わえる
    一般的に「お金持ち向け」なヨーロッパ諸国のなかでも、少ないお金でビザが取得でき、月20万円程度でリッチに暮らせる。ギリシャに拠点を置きながらヨーロッパ中を旅するというライフスタイルは憧れのまと。
    ●居住条件
    居住権付きの投資ビザが、25万ユーロ(約3300万円)以上の不動産購入者に発行される。複数の不動産でもよく、合算で25万ユーロ以上あれば対象になる。高額な出費のようだが、同じヨーロッパでもマルタは政府系開発ファンドに65万ユーロ以上を投資、あわせて35万ユーロ以上の不動産購入または1万6000ユーロ以上の月額家賃、15万ユーロ以上の国債購入が条件。ギリシャは安い部類なのだ。

    引用記事:http://president.jp/articles/-/23717




    fb

    関連記事


    このページのトップヘ