高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    芸能・アイドル・芸能人


    1: 高低差速報
    「最も過激なことを言っている人にこそ銃を持たせるのが正しい」
     また、銃規制が一気に進まない理由には、アメリカの成り立ちに関わる問題も横たわっている。

     「アメリカにおいて銃を所有する権利は、国家に対して革命を起こす権利。その権利を国家が制限するということは、
    反国家的なこと、反体制的なことを言っている人から銃を取り上げることができるということ。憲法の精神からすれば、
    それこそ政治的なメッセージを持っている人、最も過激なことを言っている人にこそ銃を持たせるのが正しい」と指摘。


     コロラド州出身のお笑い芸人のパックンは「本当は詳しい説明が必要だが、簡単に言うと、東海岸と西海岸の州では規
    制が強化され、銃による事件も減っている。ただ内陸の州の皆さんにとって銃はアイデンティティと密接な関係があっ
    て、銃を批判されると自分が否定されていると感じてしまう。日本人に味噌汁を飲んじゃいけないというような感覚。
    僕の実家にも狩りに使うための銃が20丁以上あるし、銃を手入れするのが趣味の人も結構いる」と説明した。

    https://abematimes.com/posts/3983573
    nra-statistics-membership-1024x436





    1: 高低差速報
    ダウンタウン・松本人志(54)が、18日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演。“富豪”ならではの金遣いを明かし、共演者を驚かせた。

     この日、番組では「財布へのこだわり」についてのトークが繰り広げられた。年収1000万円超の人が持つ財布の特徴などが紹介される中、
    松本は「財布は(ここ)1年くらい持っていない」と切り出し、「コンビニとかは携帯(の電子マネー)でいけるし、
    それ以上高額だとカードを使えるので、いらなくないですか?」と持論を展開した。

     小銭についても、コインパーキングの料金を支払うために車内に置いてある程度だという。
    MCの東野幸治(50)が「ホンマのお金持ちは財布を持たないんですよ」と呆れると、
    松本は「いやいや、そんなんじゃないから!」と困惑したが、やがて「こんなん言うたらアレかなぁ…
    小銭は本当にもう要らないです」と本音を吐露。「だから、小銭がへんにある時、関係ない人の車の
    タイムズ(コインパーキングの料金)、入れてあげる時ある」と告白した。

    引用記事:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180322-00000019-ykf-ent
    10



    関連記事


    1: 高低差速報
    http://news.livedoor.com/article/detail/14286707/
    「怒られるのが下手」明石家さんまが抱く若い世代への不満

    10日放送のラジオ番組「ヤングタウン土曜日」(MBSラジオ)で、明石家さんまが、今の若い世代は「怒られるのが下手」だと指摘した。

    番組では、アイドルグループ・モーニング娘。'18(ワンエイト)の飯窪春菜らが、若い世代にルールなどを教える教育係(怒り役)について、さんまと語っていた。

    かつてモーニング娘。は中澤裕子、飯田圭織が教育係として後輩を指導してきた。しかし、現在は特に教育係がおらず、気が付いた人が注意する程度で、若い世代も怒られないよう気を付けているという。

    すると、さんまは「怒られるのが下手になってきてるし」「今の若い子は全部、怒られるのが下手よ」と話し始めた。

    さんまの世代は怒られるのがうまく、「『もう分かりました、許してください!』っていうのを心にもないのに言える」とか。怒る人がよく周りにおり、何度も怒られるうちに慣れたからだという。

    だが、最近は怒られている最中に「すみません!」と謝るなど、怒られ下手な人が多いと嘆く。さんまは20~30代のマネジャーを例に挙げ、「こっちも怒りがいがない。
    ちゃんと最後まで話を聞いて、返事すんのは分かんねんけど、すぐ謝ったりする」
    「今の若い子は、他の職種でも」とボヤいていた。
    引用記事:http://news.livedoor.com/article/detail/14286707/ 
    sam115




    関連記事


    1: 高低差速報
    フォーミュラ1の公式サイトは「フォーミュラ1(以下F1)はレースクイーン起用を中止する」との声明を出した。
    「F1は、2018年のグランプリシーズンの開幕にあたり、レースクイーンを起用してきた長年の慣例を終了させる。
    この変更は、グランプリ週末に行われる他のモータースポーツ競技にも当てはまる」との声明を発表した。
    F1は、3月25日にオーストラリアのメルボルンで開幕するが、このオーストラリアGPからレースクイーンが廃止されることになった。

    参照記事:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180201-00000001-wordleafs-moto
    tamuraatsushi



    関連記事


    1: 高低差速報
    マツコ・デラックスさんが1月22日、コメンテーターとして出演した「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、飲食店の全面禁煙を求める昨今の風潮に苦言を呈した。自身も喫煙者だというマツコさんは、

    「全面禁煙すべき店とたばこも共になければならない店ってあると思う。たばこを吸わない人の気持ちはわかるけれど、”ブランデーを飲みながら葉巻を吸いましょう”みたいな店を禁煙にしちゃったら、文化もクソもなくなるじゃない」

    と語った。
    引用記事:https://news.careerconnection.jp/?p=49049
    img_c44b10a3124f43ab9effab1b935ae0d41025168



    関連記事


    1: 高低差速報
    フランスの女優ブリジット・バルドーさん(83)は17日、写真誌パリ・マッチ(電子版)のインタビューで、
    セクハラを告発する米ハリウッドの女優たちを「偽善的で、お笑いぐさだ」とこき下ろした。

     バルドーさんは、女優は一般の女性の場合と異なるとしたうえで、「プロデューサーをその気にさせて、
    役をとる女優はたくさんいる。話題になるために、後になってセクハラされたと言いだす」と批判した。

     自身については「セクハラに遭ったことなどない」と明言。「男性にかわいいお尻だと言われるのは、
    気分がよかった。こういう褒め言葉をかけてもらうのは快感」とも述べた。

     フランスでは女優カトリーヌ・ドヌーブさん(74)が10日付けの仏紙ルモンドへの寄稿でセクハラ告発運動を
    「魔女狩り」と非難し、批判を受けて謝罪を迫られたばかり。

     バルドーさんは代表作「素直な悪女」(1956年)などで小悪魔的な女性を演じ、
    「フランスのマリリン・モンロー」と呼ばれた。現在は動物愛護活動家として知られる。

    d963dae6ef915bebc458d8f942bf8ca9


    引用記事:http://www.sankei.com/world/news/180118/wor1801180012-n1.html



    関連記事



    1: 高低差速報
    お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志(54)が、7日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00~11:15)で、居酒屋の"お通し"にクレームをつける外国人に苦言を呈した。

    この日は今年1回目の放送となり、これまでの未公開シーンをまとめた「やっと放送できるスペシャル」。
    その中で、視聴者の「居酒屋のお通しシステムに違和感がある」という意見が紹介され、"お通し"の是非を巡って議論が白熱した。

    居酒屋で注文した料理の前に出される300円程度の"お通し"。
    佐々木恭子アナウンサーは「近年では外国人客に提供したお通しについての苦情が増えています。無料だと思って食べたお通しの代金が会計の時に請求されてトラブルになるケースも増加しているそうです」と報告した。

    これについて松本は、「観光客に関しては『チップと思って我慢せえや』という思いが僕はありますけどね。つべこべ言うな(笑)」「われわれはチップに納得できない。だって、お通しは"もの"があるから」と主張。
    「日本の文化はそうなんです。落語だって枕があるでしょ。いきなり落語から始まらないんですよ。お通しって枕みたいなものですから」「それを黙って聞いとけっていう話ですよ」と持論を展開した。

    一方で、「枕の方がおいしい時がある」のほか、「ボリュームがありすぎる時がある」「食べたかったものとかぶっている時がある」や長時間放置されて干からびたものが出される時があるなど、問題点も指摘していた。

    引用記事:http://news.livedoor.com/article/detail/14125724/ 



    17936_00

    関連記事

    このページのトップヘ