高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    底辺・お金・借金・犯罪・ギャンブル


    1: 高低差速報
    まず当たり確率が1/2のゲームに1万円を賭ける(バカラ、ルーレット赤黒、など)
    外れたら2万円。次に外れたら4万円。次は8万、16万、32万、64万、128万
    と賭けていく。こうしていけばいつか必ず当たる

    カジノへ急げ!
    1



    関連記事


    1: 高低差速報
    シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)は1日、仮想通貨ビットコイン先物を18日に上場すると発表した。CMEが、1日1回算出する対ドルの参照レートに基づき現金決済される。

     ビットコイン先物の上場を予定しているシカゴ・オプション取引所(CBOE)も1日、近日中に取引開始日を開示すると発表した。

     伝統的な取引所での先物の取り扱いは、ビットコイン取引の透明性や流動性の確保に加え、投資家に現物の価格変動リスクの回避(ヘッジ)手段を提供することで、健全な市場育成につながる効果も期待される。
    引用記事:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24193360S7A201C1000000/
    OB-XH375_0430cm_P_20130430203609



    関連記事



    1: 高低差速報

    ■「投資」はしても「消費」はしない 

     超富裕層の多くは「ポジティブ思考」の持ち主で、常に「どうすればもっとうまくいくか」を考えています。辛いことがあっても明るい材料を見出せるから、前進することもできる。 

     そして彼らには、仕事と遊び、オンとオフの区別はありません。お金持ちになったのも、「儲けよう」としたからではなく、みんなが喜ぶことを考え、提供した結果です。富裕層の行き着くところが慈善事業であるのは、ごく自然なことなのかもしれません。【中略】 

     徹底した合理主義者で、無駄なお金や自分の目的以外に時間を使うことを嫌います。だから、「投資」はしても「消費」はしない。高級外車や高級ブランド品を好みますが、それは資産性があるからであり、ビジネスの現場で、商談相手や交渉相手に対して有利になれるからです。要するに、お金をどう使えば、目的とするリターンが得られるかを常に考えている。「価値がある」と考えれば、高いほうから買う。バーゲンで買い物などしません。

    引用記事:http://president.jp/articles/-/22970?page=3&display=b
    kankou_shopping_asia




    関連記事





    1: 高低差速報
    仮想通貨ビットコインが年初から700%も上昇したのはバブルであり、手を出す気にはなれない──。「ロイター・グローバル・インベストメント・2018・アウトルック・サミット」に参加した機関投資家は、こう口をそろえた。

    ビットコインは投機的で適正価格を判断しにくく、他の資産クラスのようなファンダメンタルズ(基礎的諸条件)を欠いていることが、その主な理由。マネーロンダリング(資金洗浄)など犯罪に使われている点を指摘した出席者もいた。

    ICICIプルデンシャル・アセット・マネジメント・カンパニーのサンカラン・ナレン最高投資責任者(CIO)は、17世紀のオランダで起こったチューリップの球根バブルを引き合いに「ビットコインなしで生きていけるかって。それなら当時のオランダはチューリップの球根がなくても生きていけたのか。答えはイエスだ」と話した。

    ゆうちょ銀行(7182.T)の佐護勝紀副社長は、ビットコインの適正価格が100ドルとの見方を示し、同行が購入を検討するのはこの水準まで下落してからだと述べた。

    ビットコインBTC=BTSPは現在、8000ドル前後で推移している。

    適正価格が分からないため、機関投資家は買いだけでなく、空売りも敬遠している。

    アビバ・インベスターズのマルチアセット責任者、ピーター・フィッツジェラルド氏は「バブルというものは、最初に誰もが予想しないほど長期化し、予想を超えて膨らむことがあるため、空売りには慎重の上にも慎重を期す必要がある」と語った。

    米CMEグループ(CME.O)は12月にビットコイン先物を導入する予定だが、それでも大半の主要投資家は心を動かされていない。

    ただ、英大手ヘッジファンド企業マン・グループ(EMG.L)は、CMEの先物が始動すれば投資対象にビットコインを加える方針を示した。

    多くの投資家は、ビットコインその他の仮想通貨を支えるブロックチェーン技術への投資には関心を示した。

    世界最大の資産運用会社、米ブラックロック(BLK.N)のラリー・フィンク最高経営責任者(CEO)は「ビットコインには関心がない」としつつ、ブロックチェーンには将来性があると述べた。

    パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)のマネジングディレクター、ヨアヒム・フェルス氏は「各地を飛び回って大勢の顧客と会うが、ビットコインについて聞かれることはまれだ」とした上で、ブロックチェーンの仕組みや、それが金融業界を一変させる可能性の研究には時間を費やしていると明かした。

    多くの出席者によると、仮想通貨に現在関心を示しているのは、富裕な個人投資家や、富裕層の資産を預かる企業に限られる。しかしギャラクシー・インベストメント・パートナーズのマイク・ノボグラツCEOは「機関投資家の参入は間もなくだ。かなり早くやってくる」と述べ、6─8カ月後にはビットコインに投資し始めると予想した。

    https://jp.reuters.com/article/bitcoin-summit-investors-idJPKBN1DK09B
    shutterstock_608089037




    関連記事

    このページのトップヘ