高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    雑談・議論・恋愛・男女


    1高低差速報
    ・女の言う男女平等とは「男への不平等である」
    ・女は都合のいい時に「男女平等」を叫ぶ
    ・男女で体つきが違うのはそれぞれ役割がある為である。それを無視して同様に扱えば、これは女にとっても悲劇である。
    ・子を産み、幸せな家庭を築きあげている女は偏った「男女平等」を叫ばない
    ・子を産むタイミングを逃し、行き遅れた女の最期の拠り所が「男女平等」論である
    ・逆差別になりゆる「男女平等論」は相手にしてはいけない

    アドルフ・ヒトラー著「我が闘争」より



    d62d4119
     
    関連記事


    1高低差速報






    男共を後ろに遠ざけて女性リスナーに囲まれたハーレム状態で写真を撮るはじめと
    自分の顔が見切れながらも子供たちをメインに写真を撮るヒカキン

    これが器の差よ
    関連記事


    1高低差速報
    「私は芸術家志望の女性に会うと、女優か
    女声歌手になるのなら格別、女に天才という
    ものが理論的にありえないということに、
    どうして気がつかないかと首をひねらざるを
    えない。」
    「大体私は女ぎらいというよりも、古い
    頭で、「女子供はとるに足らぬ」と思って
    いるにすぎない。
    女性は劣等であり、私は馬鹿でない女
    (もちろん利口馬鹿を含む)にはめったに
    会ったことがない。」




    53708733

    関連記事


    1高低差速報
    https://dot.asahi.com/aera/2017032200058.html

    日本の学歴社会の頂点に君臨してきた「東大法学部」。政財官に人脈を伸ばし、国を支えてきたえたエリートたちの母体だ。
    良くも悪くもスタイルを変えてこなかった「象牙の塔」にも、時代の激変の波は押し寄せる。偏差値序列社会は終わるのか。
    かつて「砂漠」と称された東大法学部はいま、脱皮の時を迎えている。AERA 2017年3月27日号では、東大法学部を大特集。
     試験を変えなければ、教育は変わらない──。新センター試験対策に、すでに学校現場が動き始めている。キーワードは
    「アクティブラーニング」「英語」だ。いったい、何が評価される時代になるのか。



    summary

    関連記事


    このページのトップヘ