高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    雑談・議論・恋愛・男女


    1: 高低差速報
    食生活に関して読んだり聞いたりすることを、全て信じてはいけない。ここでは、口にする前に知っておきたい、食べ物に関する間違ったうわさを5つ紹介する。

    1. 炭水化物は最高のエネルギー源?

    昔から、運動する前やエネルギーを上げる必要があるときは炭水化物を取るべきだと言われてきた。しかし、これは古い「迷信」だ
    。精白パンや精白小麦粉、穀物類、パスタなどの炭水化物は従来、最高のエネルギー源だと考えられてきた。だが新たな研究から、
    健康的な脂質の方がより楽で効果的にエネルギーを作り出せ、体
    に良いことが分かっている。

    健康的な脂質を含む食品はアボカドや木の実、種子、サーモン、健康な食用油(オリーブオイルやココナッツオイル、中鎖脂肪酸油
    など)がある。こうした脂肪を摂取すれば、より早く満腹感が得られ、それが長時間持続する。これこそ、元気に活動を続けるため
    に必要なエネルギーを補給する鍵だ。また、健康的な脂質は、脳の力を向上させる上で最高の食べ物だということも分かってきている。

    このことについては、ジョゼフ・メルコラ著『Fat for Fuel(脂肪を燃料に)』、デービッド・パールマター著『「腸の力」であなたは変わる』などを参照した。

    2. 減量にはカロリーカットが最も重要?

    現在、健康やフィットネスの専門家の間では、毎日食べる脂質、タンパク質、炭水化物の総グラム量を数える「マクロ管理法」
    が盛んに議論されている。マクロ管理法を通して結果を出すことは可能だが、私としては摂取量より、実際に食べる食品の質に注力するよう勧めたい。

    2つの食品のカロリー値が同じだったとしても、栄養満点のサラダの方が冷凍食品よりも断然健康的だ。(たとえ冷凍食品に
    「健康的」や「低脂肪」のようなうたい文句が合ったとしても、だ)

    体が最適に機能するには、特定のビタミンやミネラルが必要となる。脂質や炭水化物、タンパク質の量を計算する代わり
    に、こうした重要な微量栄養素(ビタミンA・B、カルシウム、カリウム、鉄分、マグネシウム、塩分など)を十分に摂取しよう。

    カロリーの値が同じであれば、食品の種類が違っても関係ないという考え方には一理ある。しかし、より健康的な体になっ
    て、よりホリスティック(全体的)な考え方を実践するためには、自然食品を食べることも重要だ。健康的なライフスタイ
    ルを実現すれば、最終的には減量し、リバウンドを防ぐこともできる。
    https://forbesjapan.com/articles/detail/21035
    character_food_gohan




    関連記事


    1: 高低差速報
    5月13日に放送された『初耳学』(TBS系)で、予備校講師でタレントの林修が交際経験がない若年層の男性が増えている理由を語った。

     まず、林は「『告白は男からすべし』は女の願望にすぎない」と男性から告白することを望む女性に噛み付いた。「『男性からのアプローチがあれば交際を考える』という女性は、イギリスやアメリカがほぼ15%なのに対して日本では45%。つまり、(日本の女性は)相手からのアプローチを待っていて自分からは動かない」と内閣府のアンケート結果をもとに、日本人女性は諸外国の女性と比べて受け身体質であると指摘した。

     続けて、林は再び内閣府のアンケートを持ち出した。「気になる女性には自分から積極的にアプローチをするか」という設問に、20~40代の日本人男性で「はい」と答えた割合は25.9%にとどまったと紹介。「女性の45%は言われるのを待っている。でも、男性から行くのが26%しかいないから、なかなかカップルができない」と、男女間でミスマッチが生じていると説明した。

     「今は草食系男子のラベル(レッテル)も貼られ、ますます動きにくい状況。それでどういうことが起きているかと言うと、20代男性のおよそ4割が交際経験がない」と男性は女性に比べて、恋愛がしにくい状況に陥っていると熱弁した。

     「世界経済フォーラム」は昨年、男女格差の度合いを示す「ジェンダーギャップ指数」を発表。日本は144カ国中114位と過去最低の順位を記録し、“男女格差大国”の汚名を着せられた。

     日本は何ごとにおいても男性主導型で、男女格差が非常に強いとみる向きがある。格差の見直しが早急に叫ばれているが、今回、林の主張を鑑みると、女性は恋愛に関しては「男性にリードしてほしい」と男性主導型を望んでいるようだ。

     職場は男女平等社会へと変化しつつある。男女平等を進めるためには、恋愛でも女性が男性をグイグイ引っ張る意識も必要なのかもしれない。同時に、女性が動かないことには交際も結婚も成立しにくい時代になったともいえそうだ。

    引用記事:https://npn.co.jp/sp/article/detail/23990173/
    hayashisennsei



    関連記事


    1: 高低差速報
    テレビを持っていない子の回答としては、ニュースはTwitter、暇つぶしはYouTubeがあるのでテレビが必要ない、欲しいとも思わないとのこと。

    私と同世代である1997年生まれの若者は、中学1年生の頃にiPhone4が発売、同時期にLINEがスタートし、YouTube、
    Twitter、Instagramと動画やSNSのブームが続いています。

    今年21歳を迎える大学3年生の私たちですら、中学時代からSNSを使いこなしている世代。

    私たちのさらに年下、新大学1年生の2000年代生まれはおそらく、小学生からSNSを使いこなし、テレビを観る習慣がない子達が大勢いるはず。

    彼らが大学生になり一人暮らしをする際、果たしてテレビを買うのでしょうか?

    引用記事:https://www.advertimes.com/20180427/article269643/ 



    someicons


    1: 高低差速報
    炭水化物を抜くダイエットって健康面でどうなの? 医師に聞いてみたら…「考えさせられる回答」が返ってきた


    今回、私の質問にこたえてくれたのは、今まで何度も禁煙の相談に乗ってくれたお茶の水循環器内科の
    院長・五十嵐健祐先生。その質問と回答は以下の通りである。

    私:「最近、炭水化物抜きダイエットが流行っていますね。単刀直入にお聞きしますが、健康面の影響はどうなのでしょう?」

    先生:「炭水化物抜きダイエット(糖質制限ダイエット)に関しては、近年急速に注目を浴びているのですが、
    医師によって意見が分かれる部分があります」

    私:「つまり、先生によっても意見が分かれるってことは……否定的な見解を示す先生もいるってことですね?」

    先生:「はい、まだ長期のデータがないので、色々と意見が分かれているのが現状です。ただ、私個人としては
    「糖質制限はほどほどであれば良いのでは」と考えています。

    また、炭水化物制限の食事を実践している人で、血糖が改善しているケースを臨床的に経験することもあります。
    例えば、検診で初期の糖尿病・糖尿病予備軍と言われた方が運動をして、なおかつ炭水化物の摂り過ぎに
    気を付けると、その後に血糖が基準範囲まで改善したというケースはしばしば経験します」

    私:「お! 問題ないんじゃないですか!」

    先生:「と、言いたいところなのですが、「100%問題ない」と言い切れるわけではないんですよ。なぜかと言うと、
    特定の食事療法が健康に良いかどうかを判断するためには、1年や2年ではなく、10年20年という単位で長期的にも
    問題がないかを検証する必要があるからです。

    しかし、日本で炭水化物抜きダイエットがブームになったのはここ数年のことでして、そういう食事を長期間行うことが
    本当に安全なのかどうかを検証した長期のデータがまだ無いんです」
    引用記事:https://rocketnews24.com/2018/05/15/1061896/
    fe9035d4aae1434aed73db640f42ecd7



    関連記事


    1: 高低差速報
    日本の研究現場が活力を失いつつある。日本経済新聞が連載企画「ニッポンの革新力」の一環で20~40代の研究者141人を対象に実施したアンケートで、8割が「日本の科学技術の競争力が低下した」と回答した。不安定な雇用や予算の制約で短期的な成果を求められることを疑問視する声が目立った。世界をリードする業績は若手時代に生まれるケースが多く、イノベーションの土台が揺らいでいる現実が浮かび上がった。
    引用記事:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30138080V00C18A5EA2000/


    science_nou_kenkyu


    関連記事


    1: 高低差速報
    2012年5月、私は「アジアの未来」というシンポジウムに出席するために訪日した。
    中、私は多くの日本政府高官と言葉を交わし、その中で、とわりけ日本が如何にして
    問題を解決するのかについて彼らに見解を求めた。

    彼らを刺激しないよう、「移民を受け入れるということは考慮しているか」とは問わ
    ず、「どうやって解決すべきか」とだけ尋ねた。すると、彼らの口から出る答えは、
    その多くが「産休と出産助成金の確保」というものだった。

    私は失望した。助成金がどれほどまでの効果を発揮するというのか。同じような政策
    を実施した国を見てもその効果は非常に限られているではないか。これはお金で解決
    が図れるような単純な問題ではなく、人々のライフスタイルの変化、考え方の変化と
    いった社会の総合的な要素がもたらした問題であるのだ。フランスやスイスのような
    支援策の成果があがった国であっても、そのプロセスは緩やかで、莫大な資金が投じ
    られている。

    日本は今、世界でなんら変哲もない平凡な国へと向かっている。当然、国民の生活水
    準は今後すぐには低下しないだろう。西洋諸国と違い、日本の「外債」は少ない。
    しかも、日本の科学技術は依然高水準で、国民の教育水準も非常に高いためだ。

    これらすべての条件が時間稼ぎをしてくれるが、最終的には人口問題が暗い影を落
    とし、そこから逃げ出せなくなるだろう。もし私が日本の若者なら、他の国への移
    民を考える。日本に明るい未来は見えないからだ。

    (作者:シンガポール元首相 リー・クアンユー)

    引用記事:http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2014-03/26/content_31910340.htm




    singapore-lee-kuan-yew2

    関連記事


    1: 高低差速報
    200万タイトルに及ぶ書籍を分析した結果から、著者名に女性の名前が入っている本は男性の本に比べて価格が45%も低く、およそ半分の値段で販売されているという実態が明らかになっています。

    この実態を明らかにしたのは、ニューヨーク市立大学クイーンズ校の社会学者であるダナ・ベス・ワインバーグ氏と数学者のアダム・カペルナー氏の研究チームです。ワインバーグ氏は、出版の世界は著者・評論家の両面で男性によって支配されて偏りが生じていることを明らかにした2017年10月のGuardianの記事に関心を持ったことから、今回の調査を行うことを決めたとのこと。この調査についてワインバーグ氏は「我々の研究では、『著書のジャンルにおけるジェンダーの分離』『ジャンルごとの価値の違い』『ジャンル内での差異』の3つの点を調査しています」と述べています。

    引用記事:https://gigazine.net/news/20180510-women-book-half-price/
    CBSE-schools-to-run-tuck-shops




    関連記事

    このページのトップヘ