高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    雑談・議論・恋愛・男女


    1: 高低差速報
    アメリカ合衆国は50州から成り立っていますが、それぞれの州にどんな特徴があるかと言われると難しいものです。
    かなりのアメリカ通でもなければ、「ロードアイランド州は?」「ワイオミング州は?」「サウスダコタ州は?」と尋ねられても、ちんぷんかんぷんではないでしょうか。
    地元の人々に聞いてみた「各州の残酷なまでに正直な説明」をご紹介します。

    1.ミネソタ州
    「USA版のカナダへようこそ」

    2.ニューヨーク州
    「ニューヨーク市はニューヨークの全てではない」

    3.メイン州
    「エリートサラリーマンが2分の1、田舎者が2分の1、そしてスティーブン・キング」

    4.ワシントン州
    「木、マリファナ、水、雨、そしてコーヒー」

    5.アリゾナ州
    「想像できるものすべてがベージュ」

    6.ハワイ州
    「観光客は来てほしくないですが、お金はいただきます」

    7.ウィスコンシン州
    「シラフでいるには寒すぎる」

    8.テキサス州
    「最もアメリカンなアメリカの一部分」

    9.アラスカ州
    「うちらの裏庭から実際にロシアは見えない」

    10.アラバマ州
    「我々は全てにおいて49位かもしれないが、ミシシッピ州のおかげ」


    「アメリカ50州の特徴をそれぞれ1行で説明して…」残酷なほど正直なアメリカ人の回答いろいろ
    引用記事:http://labaq.com/archives/51896670.html
    america-1295554_960_720





    関連記事



    1: 高低差速報
    【アンケート調査方法】
    調査名:結婚と婚活に関するアンケート
    調査対象:20代~60代までの男女
    サンプル数:196サンプル
    調査期間:2018年4月24日~4月26日
    調査方法:インターネット調査

    結婚相談所のサンマリエは5月2日、「結婚と婚活に関するアンケート2018」の結果を発表した。調査は今年4月にインターネットで実施し、20~60代の男女196人から回答を得た。

    何歳までに結婚したいかを聞くと「30歳」(男性:26%、女性:41%)、「35歳」(40%、29%)が多かった。8割近くが30代には結婚パートナーを得たいと考えていることが分かった。

    ■男性に年収700万円以上を求める女性は2割のみ

    結婚相手を選ぶ際、最も重視するものを聞くと、男女ともに1位は「性格」(男性:80%、女性:70%)が多い。次いで男性は「容姿」(14%)、女性は「経済力」(12%)と続く。

    結婚相手に望む年収を聞くと、男性は「こだわらない」(43%)が最も多かった。次いで「300万円」(32%)、「400万円」(14%)と続く。理由として、


    「金額にはこだわらないが、ある程度は稼いでほしい」
    「少なくても構わないので一緒にがんばりたい」

    と少なくとも、ある程度収入があることを想定して回答している人が多い。

    一方、女性は「400万円」(23%)が最多。以降、「500万円」(19%)、「600万円」(15%)と続く。昨年は「500万円」「600万円」が同率1位だったが、今年は100~200万円希望額が下がっている。
     
    引用記事:https://news.careerconnection.jp/?p=53726 


    wedding_syukufuku

    関連記事


    1: 高低差速報
    平成生まれは「学歴がなくてもいい」、昭和生まれは「学歴は必要」が多数派に

    人生において「絶対に学歴が必要」と「学歴はなくてもいい」では、どちらの考えに近いか聞いた。平成生まれでは、「絶対に学歴が必要」が9.2%、「どちらかといえば必要」が31.6%で、必要だとする人は約4割に留まった。

    対して「学歴はなくてもいい」は18%、「どちらかといえばなくてもいい」が41.2%で、合計で6割近い平成生まれが「学歴は幸せな人生のために必ずしも必要ではない」と考えていることがわかった。

    一方、昭和生まれでは「学歴が必要」と考える人が多数派となっている。「絶対に学歴が必要」9.8%、「どちらかといえば必要」41.2%で、必要派が合わせて51%と半数を超えた。「学歴がなくてもいい」は9.2%と平成生まれのほぼ半数で、「どちらかといえばなくてもいい」は39.8%だった。

    引用記事:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000160.000003638.html 


    knowledge-1052010_960_720_pixabay


    関連記事


    1: 高低差速報
    牛肉消費量ランキング

    ワースト10
    38 栃木県 4,549g 38.90
    39 北海道 4,512g 38.71
    40 宮城県 4,494g 38.62
    41 秋田県 4,306g 37.69
    42 茨城県 3,984g 36.09
    43 福島県 3,879g 35.57
    44 岩手県 3,850g 35.42
    45 長野県 3,618g 34.27
    46 群馬県 3,567g 34.02
    47 新潟県 3,155g 31.97
    引用記事:http://todo-ran.com/t/kiji/13457

    food_beef





    関連記事



    1: 高低差速報
    日本社会の格差はますます広がり、固定化され、〈階級社会〉と呼ぶべき様相を呈している。著者は最新の学術的データを用い、そんな現代の格差の輪郭を明瞭に描き出す。

    「著者は以前から著作で、日本が階級社会への道を歩んでいることを指摘してきました。ここに来てそれがより多数の読者に手に取られるようになったのは、事態が悪化し、目を背けていた現実に向かいあわざるを得ない状況が生まれたからではないでしょうか」(担当編集者の山崎比呂志さん)

    引用記事:http://bunshun.jp/articles/-/6917
    money_chingin_kakusa_man





    関連記事

    このページのトップヘ