高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    お金


    1: 高低差速報
    * * *

    ホリ 大学生の生活費の中で、携帯電話代金の占める割合が増えているっていう日本学生支援機構のデータがあったけど、それっておかしくない?

    ひろ 仕事で使う人は除きますけど、携帯電話の料金って要領の悪い人ほど高くなるイメージがあります。

    ホリ だよね。そもそも大学生なら「格安スマホ」とか「格安SIM」と呼ばれるMVNOを使えば安くなるのに。

    ひろ 時間帯によっては通信速度が遅くなるといわれてますが、単純に携帯料金を安くしようと思えばMVNOは有効ですよね。大手キャリアに比べて、半額から3分の1になりますから。

    ホリ 「お金がない」と言っている人ほどムダ遣いをしてるよね。

    ひろ あとは、「節約とか細かいことはよくわかんねえ」みたいなのが、男らしいと思われるような価値観もあるような…。

    ホリ ちなみに俺は昔、MVNOを使ってたけど、通信速度が微妙だったから、結局、キャリアの回線を使ってる。海外に行っても手間なくそのまま使えるし。

    ひろ 僕は日本にいるときには「au」っすね。フランスにいるときには格安のサービスを使っていて、日本やアメリカの固定電話にかけても通話料がかからないプランなので、毎月2600円ぐらいかな? ほかのヨーロッパの国に行ってもローミングしてくれるのでそのまま使えて便利なんですよ。日本でauを使っているのは、SIMをなくしてもすぐに対応してくれるからって理由だけです。

    ホリ なんでみんなMVNOを使わないんだろ?

    ひろ そもそも知らない人が多いんじゃないですか? 自分のスマホのSIMカードが交換できることを知らない人は多そうですし、SIMロック解除とかよくわからない人もたくさんいそうです。

    ホリ 昔は大手キャリアで契約した場合はSIMロック解除ができなかったけど、少し前に総務省のガイドラインが策定されてからは、契約から一定期間過ぎたら簡単に解除できるのにね。

    ひろ まあ、なんだかよくわからないから手を出さないって層は、一定数いる気がします。

    ホリ キャリアで買うと端末が割賦で購入できるというポイントもあるのかもね。月々の支払額だけ見るとべらぼうに高いわけじゃないし、複雑な割引システムやキャンペーンに引っ張られている感じもしなくはない。とはいえ、結局、大手キャリアと格安SIMではトータルで支払う金額が全然違ってくるのに。

    ひろ まあ、自分が支払うトータルの金額を全員が把握しているわけではないですからね。それができたらクレジットカードのリボ払いなんて存在しないわけで。

    ホリ あれはヤバいよね。「月々決まった額」とか「少額で返せる」なんて聞こえのいい触れ込みだけど、高い金利のせいで元本がなかなか減らないなんてこともある。

    ひろ でも、リボ払いを使っている人は少なくないですよね。

    ホリ まあ、納得しているならいいけど、そうじゃない人だらけなのが問題なんだよ。
    引用記事:http://wpb.shueisha.co.jp/2018/05/05/104006/
    img_87e8cc28922d6eb5bef31a9dc2ed3be5170611



    関連記事


    1: 高低差速報
    日本の研究現場が活力を失いつつある。日本経済新聞が連載企画「ニッポンの革新力」の一環で20~40代の研究者141人を対象に実施したアンケートで、8割が「日本の科学技術の競争力が低下した」と回答した。不安定な雇用や予算の制約で短期的な成果を求められることを疑問視する声が目立った。世界をリードする業績は若手時代に生まれるケースが多く、イノベーションの土台が揺らいでいる現実が浮かび上がった。
    引用記事:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30138080V00C18A5EA2000/


    science_nou_kenkyu


    関連記事


    1: 高低差速報
    【アンケート調査方法】
    調査名:結婚と婚活に関するアンケート
    調査対象:20代~60代までの男女
    サンプル数:196サンプル
    調査期間:2018年4月24日~4月26日
    調査方法:インターネット調査

    結婚相談所のサンマリエは5月2日、「結婚と婚活に関するアンケート2018」の結果を発表した。調査は今年4月にインターネットで実施し、20~60代の男女196人から回答を得た。

    何歳までに結婚したいかを聞くと「30歳」(男性:26%、女性:41%)、「35歳」(40%、29%)が多かった。8割近くが30代には結婚パートナーを得たいと考えていることが分かった。

    ■男性に年収700万円以上を求める女性は2割のみ

    結婚相手を選ぶ際、最も重視するものを聞くと、男女ともに1位は「性格」(男性:80%、女性:70%)が多い。次いで男性は「容姿」(14%)、女性は「経済力」(12%)と続く。

    結婚相手に望む年収を聞くと、男性は「こだわらない」(43%)が最も多かった。次いで「300万円」(32%)、「400万円」(14%)と続く。理由として、


    「金額にはこだわらないが、ある程度は稼いでほしい」
    「少なくても構わないので一緒にがんばりたい」

    と少なくとも、ある程度収入があることを想定して回答している人が多い。

    一方、女性は「400万円」(23%)が最多。以降、「500万円」(19%)、「600万円」(15%)と続く。昨年は「500万円」「600万円」が同率1位だったが、今年は100~200万円希望額が下がっている。
     
    引用記事:https://news.careerconnection.jp/?p=53726 


    wedding_syukufuku

    関連記事


    1: 高低差速報
    渡辺
    ちなみに、堀江さんはライブドア時代に資産運用とかしてましたか…?

    堀江さん
    まったくしてない。金に興味ないから。

    渡辺
    ですよね。愚問でした。

    堀江さん
    持ち株を売ることも考えたことがない。おたく(サイバーエージェント)の社長は毎年売ってるけどさ。

    渡辺
    そこはノーコメントで。

    堀江さん
    ただ、ライブドアファイナンスのヤツらが「堀江さんの資産を運用したいから株を売ってください」ってしつこかったんだよね。俺は売る気なんか全然ないのに。

    渡辺
    持株比率だけ気にしていた感じですか?

    堀江さん
    いや、好きなことをやれればそれでいい。それだけ。

    渡辺
    そのためには株を持ってないといけないんじゃないですか?

    堀江さん
    好きなことをやるのに、株を持ってるとか持ってないとかは関係ないから。

    上場企業のほとんどの社長は筆頭株主じゃないでしょ。

    渡辺
    そう言われればそうですね。所有と経営の分離。

    堀江さん
    そう。しかも、俺は(借金して)自己資金ゼロで会社作ってるからね。はじまりは俺の金じゃないわけ。

    そうやって何もないところから勝手に湧いて出てきた金だし、どうでもいいのよ。好きなことさえできてれば。


    引用記事:https://r25.jp/article/542976236983754853


    maxresdefault


    関連記事



    1: 高低差速報
    誰もが知る大手企業に入ったが…
    「自分は奨学金をもらってまで大学に行くべきではなかったのかもしれませんね……」
     
    襟元がほつれた白いセーターを着ながら力なく笑うのは、26歳のMさん。彼は、大学時に借りた奨学金の支払いに苦しめられている、「奨学金貧困者」の一人だ。

    小学生の頃からスポーツに取り組み、スポーツ推薦で有名私大の心理学部へ進学したが、推薦とはいえ学費は一般生徒と同様に支払わねばならず、年間108万円の授業料、さらに入学金20万円も必要だった。

    50代の父親は板金工として働き、年収は400万円ほど。パートで働く母親の年収は60万円程度で、とても100万円を超えるお金を用意する余裕はなかった。
    引用記事:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54892
    money_syougakukin_syakkin



    関連記事


    1: 高低差速報
    所得が増えるほど、人間の幸福度は上がる。また貯蓄が増えても、幸福度は上がる。それでは所得(フロー)と貯蓄(ストック)で比べた場合、幸福度に強く影響するのはどちらなのか。経済学者らが調べたところ、人間はフローよりストックに幸せを感じるらしい。つまり幸せになりたいのなら、貯金に励んだほうがいいらしいのだ――。

    本連載で「年収と幸福度の関係」について何回か触れました。その中で、「所得がある一定水準以上にあがると幸福度との相関が見られなくなる」と語ったアメリカの経済学者、リチャード・イースタリンの説を紹介しました。(参考記事:「人より金持ちでいたい人」は、富裕層はムリ)

    また、アメリカの心理学者・行動経済学者のダニエル・カーネマンが、著書『ファスト&スロー』で披露した「もうそれ以上は幸福感を味わえないという所得の閾値(いきち)は、物価の高い地域では、年間所得ベースで約7万5000ドルだった。この閾値を超えると、所得に伴う幸福感の増え方は、平均してゼロになる」という説も、以前の連載で紹介しました。(参考記事:年収10億 富裕層の結論「“ビンボー”が幸福を呼ぶ」)

    【中略】

    ●貯蓄と幸福度の関係(25歳以上の一般人が調査の対象)
    貯金額10万ドル(1055万円)以上 57%
    貯金額2万~10万ドル(210万~1055万円)42%
    貯金額2万ドル(210万円)以下 34%
    貯金額ゼロ 29%
    「貯蓄ゼロ」でも幸福だという人が3割近くもいるのは驚きですが、全体としては、貯蓄額が上がっていくにつれて、幸福だと答えた人の割合は上昇しています。つまり、貯蓄額10万ドル(1055万円)くらいまでは、貯蓄額の増加と幸福の増加とは相関関係があり、数字が停滞する飽和点のようなものはみられません。

    引用記事:http://president.jp/articles/-/24829

    money_fueru

    このページのトップヘ