高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    お金




    1: 高低差速報
    78%が結婚相手選びで“性格”を重視している

    女性向けWEBサイト「OZmall」を運営するスターツ出版株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:菊地修一)は、OZmall会員(会員数100万人、女性比率79%、平均年齢29.8歳)を対象としたアンケート「結婚相手選びで、いちばん重視するのは?」
    「結婚式のネイルケアどうした?」についてのアンケートを実施。東京OLの人気サイト「OZmall」からOLのホンネをお届けします。

    【調査 1】「結婚相手選びで、いちばん重視するのは? 」
    ★「一生一緒にいる相手」だから重視するのは、やっぱり『性格』!
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    平均年齢29.8歳の女子にとって彼氏選びは「ダンナ様選び」。
    一生をともにする相手に、東京OLがいちばん求めるのはダントツ78%の回答を集めた「性格」ということが判明しました! 外見ではなく、「尊敬できる人」「良い夫、父になる人」など内面と相性を重視したい人が多いよう。
    2位につけた20%の「経済力」からは、大金持ちというより、生活するために最低限のお金が必要という答えが多数で、東京OLの堅実さが感じられる結果になりました。また、今回たった2%となった「ルックス」では、子どもに遺伝するから・・・という声も。
    heart_hand_woman




    関連記事


    1: 高低差速報
    ひろゆき「年収1億って少ないけどいるじゃないですか、スポーツ選手とか芸能人とか自分で会社経営してる人とか。 でも彼らが借金しようとしたら1億なんてまず借りれないんですね、年収1億あろうが審査通らないんですよ。
    収入不安定な人がお金を借りようとすると1億以上の価値がある家とか資産を抵当に入れないと貸して貰えないんですよ。
    収入安定してる有名企業のサラリーマンも家買う時に数千万でしょ?1億は借りないんですよ。世間では年収1億スゲーってなると思うんですけど実は借金1億の方が凄いっていう話です 」



    nihiro-379e1

    関連記事


    1: 高低差速報
    ネット配信利用者にも受信料……NHKが開けた「パンドラの箱」?

    NHKが2019年からの実施を目指すテレビ番組のインターネット常時同時配信(ネット同時配信)を巡り、ネットでの利用者にも受信料を課す考えを公に表明した。
    ネット同時配信にはもともと民放業界から異論が相次いでいたが、ここにきて「ネット利用者に受信料の網を拡大したい」というNHKの“本音”が露呈したことに加え、
    「ネット空間における公共性とは何か」という新たな論点も浮上。
    事は放送業界だけの問題ではなくなりつつある。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170715-00010000-yomonline-life




    nhk

    関連記事


    1: 高低差速報
     年収と幸せの関係とは?「年収が1,000万円くらいあれば幸せなんだけどな…」という声をよく聞きます。確かに入ってくるお金が多ければ、できることが増えますよね。
    では、年収1,000万円以上になったら、本当に幸せを感じるものなのでしょうか。

    “幸せ”といっても、さまざま要素がありますので、今回は”年収別の家計運営に関するデータ”を見ながら、年収と幸せの関係について探ってみたいと思います。

    年収1,000万円以上でも「家計にゆとりがある」のは4人に1人日々生活していくうえで、“家計にゆとりがあるかどうか”は、幸せを感じる要素の一つだと思います。
    毎月カツカツでアップアップ。お金を使いすぎて余裕がない状態だと、心にも余裕がなくなってしまいます。
    「年収1000万円以上なら、家計にも心にも、さぞかしゆとりがあるだろう」と感じるかもしれません。

    そこで、金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査]」(2015年)の
    「生活設計策定の有無、家計全体のバランス評価、家計運営の評価」より、年収別に「家計運営の評価」を見てみましょう。

    条件をそろえるために、今回は”一人暮らしの人のデータ”を見てみましょう。
    年収別に、家計運営の4つの評価(思ったよりゆとりがある、思った通り、思ったより苦しい、意識していない)がどんな割合になっているか、ぜひご覧ください。

    ●年収300万円未満
    思ったより、ゆとりのある家計運営ができた・・・3.7%
    思ったような家計運営ができた・・・15.3%
    思ったより、家計運営は苦しかった・・・41.7%
    意識したことがない・・・39.4%

    ●年収300~500万円未満
    思ったより、ゆとりのある家計運営ができた・・・8.6%
    思ったような家計運営ができた・・・21.3%
    思ったより、家計運営は苦しかった・・・31.8%
    意識したことがない・・・38.3%

    ●年収500~750万円未満
    思ったより、ゆとりのある家計運営ができた・・・9.7%
    思ったような家計運営ができた・・・31.3%★
    思ったより、家計運営は苦しかった・・・18.5%★
    意識したことがない・・・40.5%

    ●年収750~1,000万円未満
    思ったより、ゆとりのある家計運営ができた・・・14.6%
    思ったような家計運営ができた・・・29.2%
    思ったより、家計運営は苦しかった・・・20.8%
    意識したことがない・・・35.4%

    ●年収1,000~1,200万円未満
    思ったより、ゆとりのある家計運営ができた・・・26.1%★
    思ったような家計運営ができた・・・26.1%
    思ったより、家計運営は苦しかった・・・8.7%意識したことがない・・・39.1%

    ●年収1,200万円以上
    思ったより、ゆとりのある家計運営ができた・・・28.6%★
    思ったような家計運営ができた・・・14.3%
    思ったより、家計運営は苦しかった・・・14.3%★
    意識したことがない・・・42.9%

    いかがでしょうか。確かに、年収が上がるにつれて「思ったより、ゆとりのある家計運営ができた」が増えている傾向にあります。

    ここで、★印をつけたところに注目してみましょう。

    「年収1,000万円~1,200万円未満」「年収1,200万円以上」では、「思ったより、ゆとりのある家計運営ができた人」をよく見てみると、およそ4人に1人の割合と、意外と少ないのです。

    さらに、年収1,200万円以上で、「思ったより、家計運営は苦しかった」という割合が14.3%。「年収がそんなにあるのに?」と驚くのではないでしょうか。
    一人暮らしで年収1,000万円以上でも、みんながみんな、心も家計もゆとりがあって幸せを感じているわけではないようです。


    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13335503/




    img_cb4131c04db0f8c75f573916cba72d7e104859



    関連記事


    1: 高低差速報
    [10日 ロイター] - 米著名投資家ウォーレン・バフェット氏(86)は10日、自ら率いる投資会社バークシャー・ハザウェイ(BRKa.N)の株式約31億7000万ドル(約3620億円)相当を、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団と、自身の一族が運営する4つの慈善団体に寄付した。

    ほぼ全財産を寄付する計画の一環で、2006年の開始から12年目となる今年の寄付額は過去最大となった。
    寄付したのはバークシャーのクラスB株1863万株で、10日時点の価格で1株170.25ドル。

    2006年以降、5つの慈善団体への寄付は計275億4000万ドル(約3兆1440億円)に達した。このうちゲイツ財団への寄付は219億ドル。今年は24億2000万ドルがゲイツ財団向けだった。
    このほか、バフェット氏の亡くなった最初の妻の名を冠したスーザン・トンプソン・バフェット財団や、自身の3人の子供がそれぞれ運営するハワード・G・バフェット財団、シャーウッド財団、ノボ財団にも寄付した。

    バフェット氏は依然として約17%の株式を保有する。
    フォーブス誌によれば、寄付後も世界で4番目の富豪であることに変わりないという。

    同誌は寄付前のバフェット氏の純資産は763億ドルで、ビル・ゲイツ氏の894億ドル、アマゾン創業者のジェフ・ベゾス氏の848億ドル、スペインの実業家アマンシオ・オルテガ氏の818億ドルに続くと推定していた。
    https://jp.reuters.com/article/buffet-dontation-idJPKBN19W0DQ

    warrenbuffett




    関連記事

    このページのトップヘ