高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    ゆとり世代


    1: 高低差速報
     いよいよ6月から、新卒採用の企業面接が解禁される。時代とともに若者が会社に求めることは変化している。どうやら今の若者は、休みを重視する「余暇ファースト」主義らしい。世代間の価値観のギャップが原因で、職場でハレーションが起きるのは世の常。彼らの行動の背景や本音を知ることから始めよう。

     頼むから、出ないでくれ──。

     都内の大学に通う、就職活動真っただ中の男子大学生、横山正さん(仮名・21歳)。ここ数日、夜11時以降は、一人暮らしのアパートの部屋から“志望企業”に電話をかけるのが日課になっている。汗ばむ手でスマホを握りしめ、祈るように番号を押す。だがワンコール鳴ったところで、願いは砕け散る。

    「はい、○○(会社名)でございます」

     相手の声を聞き、急いで電話を切った。

    「ここも、ウソつきか……」

     手帳に書いた志望リストの中から、電話に出た企業名にチェックを入れる。優先順位が落ちたことを示す印だ。日曜日に電話して電話に出た企業にも、同様のチェックをつけた。明日は友達と飲みに行った後、深夜に志望企業の電気が消えているかどうか直接見に行くつもり。こうして、入社後に残業を強いられないか、週末は本当に休めるのか、企業の実態を確かめているのだ。

     そこまでする理由は、企業が採用募集時に公表する平均残業時間や有休消化率を「全く信用できないから」(横山さん)だという。

    「現に残業ゼロをうたっているところでも、深夜や日曜日でもワンコールで電話に出る人がいて、背後で働く人がいる様子が伝わってきたこともある。先輩からも“会社が公表する数字なんて、お飾りみたいなものだ、信じるな”って言われてきました。いわば選考に進む前の“自己防衛”みたいなものです」

     横山さんのような就活生は珍しくなく、20代の若者は給料より休みを重視する“余暇ファースト”傾向があるという。今年5月、三菱UFJリサーチ&コンサルティングが発表した、「2017年度新入社員意識調査アンケート結果」によると、新入社員が会社に望むこととして、今年度初めて「残業がない・休日が増える」が「給料が増える」を上回った。同社調査部研究員の土志田るり子さんは、「将来の不安が、休み重視の姿勢を後押ししている」と分析する。

    「多くの企業で給料が上がりづらい状況が続く中、若者が入社後の先行きを不安視する傾向が強い。10年後の日本の状況を悲観的に見る若者も増えています」(土志田さん)

     給与については現状維持がいいところで、むしろ悪くなる可能性さえあると、多くの若者は考えている。

    「だからせめて、休みくらいはしっかりほしいという考えが広がっているのでしょう」(同)
    以下ソース
    https://dot.asahi.com/wa/2017060200048.html




    2013-03-27-063108

    関連記事

    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    ◆【激怒】ゆとり世代の信じられない行動15選!「私ゆとり世代ですから」と開き直る

    ゆとり世代とは、授業時間の削減をおこなった「ゆとり教育」を受けた世代のことで、
    明確な定義はありませんが、その1つの世代として1987年~1989年頃に生まれた人たちがを指すこともあります。

    ◇ゆとり世代の行動がひどい?

    1987年~1989年に生まれた人たちは現在27~29歳くらい。
    皆さんも仕事やプライベートで接点があるという方が多いのではないでしょうか。

    もちろん全員がそうだというわけではありませんが、一部のゆとり世代の人たちには共通の傾向があり、
    ゆとり世代以外の人からすると考えられないような行動をすることが多いのだそうです。

    ◇ゆとり世代の信じられない行動15選

    そこで今回は、さまざまな体験談をもとに、ゆとり世代の人たちが起こしてきた信じられない行動をまとめてみました。
    皆さんのまわりにいるゆとり世代の人たちはこれに当てはまっているでしょうか。

    1. 「辞めちまえ!」と怒ると本当に辞める
    厳しく説教をしていると、つい勢いで「帰れ!」とか「辞めちまえ」などと言ってしまうことがありますよね。
    ところが、これを言ってしまうと、本当にいきなり帰ってしまいますし、辞めてしまいます。
    反骨心は一切あおられず、「そこまで怒られるならもういいや」と解決させてしまうのです。

    2. 上司や先輩にお酒を注がない
    飲み会の席では上司や先輩など、目上の人がいたらお酒を注いであげたり、料理を取り分けたりするのが社会人のマナーですよね。
    ところがゆとり世代の考え方は違います。
    「自分で注いだらいいじゃないですか!」「自分で取りたいだけ取ればいいじゃないですか!」という考えでいるので、
    言われなければお酒を注いであげることなどしないのです。

    3. 重役のスピーチ中にガムを噛んでいる
    社員一同が集まり、全員が真剣に重役のスピーチに耳を傾けているときに、周囲を気にせずクチャクチャとガムを噛んでたりします。
    まわりが静まり返っていて、クチャクチャする音が部屋に響き渡っていても平気でガムを噛み続けます。
    さらに、「なんでガムを噛んでるんだ!」と注意すると「だって口が臭ったらまずいじゃないですか!!」と反論。
    変なところに気を使っていたりするのです。

    4. 飲みに誘うと「残業代出ますか?」
    飲みの誘いも余裕で断ります。しかも誘うと「それって仕事ですか?」「残業代出ますか?」などと切り返してきます。
    仕事仲間同士で親睦を深める時間は仕事であり、そもそも仕事仲間と親睦を深める必要はないという考えなのです。

    5. 意外とネットは使いこなせない
    ゆとり世代は若い頃からインターネットや携帯電話に触れてきた世代でもありますが、意外とインターネットは使いこなせません。
    記者が今までで最も衝撃的だったのは、インターネットで検索をする際に、まずGoogleで「ヤフー」と検索し、
    Yahoo! Japanのページを表示させてからYahoo!の検索エンジンで調べごとをする人がいたことです。
    なぜGoogleで調べごとをしなかったのか、意味がわかりません。

    6. 欠勤の連絡を親がしてくる
    ゆとり世代が会社を休む場合、本人ではなく親が電話で連絡してくる場合があります。
    ただし、これはまだマシな方なのかもしれません。
    会社を休む際に電話連絡をせず、メールやLINEで一方的に休むと連絡をする場合や、無断で欠勤する場合だってあります。
    そしてさらにひどい場合は、翌日に「なんで急に休んだんだ」と説教すると、翌日に親からクレームの電話がかかってきたりすることも……。

    (▼記事を一部引用しました。全文はリンク先の記事ソースでご覧ください)

    ニュース&エンタメ情報『Yomerumo』/トリビアニュース 2016/10/29 06:00
    http://news.merumo.ne.jp/article/genre/5216443

    ※>>2以降へ続きます。
    2高低差速報
    >>1の続きです。

    7. 寝坊で遅刻するのは仕方がない
    誰でもうっかり寝坊してしまったという経験はお持ちですよね。
    目覚まし時計をしっかりセットしても起きられずに寝坊してしまうことだってありますし、反省して次から気を付けるしかありません。
    しかし、この場合でも「目覚ましが鳴らなかったからしょうがないじゃないですか!」と非を認めません。
    目覚ましをセットし忘れたのは自分じゃないのでしょうか。意味がわかりません。

    8. 頼まれていない仕事はやらない
    自分から会社の電話には出ません。出ろと言われてはじめて出ます。
    「どうして電話に出ないのか?」と注意すると、「電話に出ろと頼まれていないから」
    「面接の時の業務説明で電話に出るのも仕事だと言っていない」などと弁解してきます。
    電話に限らず、頼まれていない仕事は基本的に自分から進んでやることはありません。

    9. 社外秘の資料をSNSにアップする
    社外秘にもかかわらず、企画書の写真を撮影し、
    「おおおっ! ついに俺のところにも社外秘の資料が回ってくるようになったぞ!」とコメントを添えて
    FacebookなどのSNSにアップすることがあります。
    社外秘の意味をわかっているのでしょうか。

    他にも、SNSで無駄な情報漏洩をさせる傾向があります。
    上司の説教中に「説教なう」などとTwitterに投稿するのなんて日常茶飯事です。
    誰かが見ているという意識は薄く、発信することで満足するのでしょう。

    10. 冠婚葬祭のマナーがない
    冠婚葬祭の時も自由です。結婚式には私服で登場し、ご祝儀はご祝儀袋に入れずそのまま受付に支払います。

    11. 言っちゃいけないことをあっさり言う
    そして言っちゃいけないことを何も考えずあっさりと言ってしまいます。
    ゆとり世代が中小企業の中途採用面接を受けた際、「数年後、この会社でどうなっていたいですか?」などと質問されると、
    「技術を身に付け、もっと大きい会社に転職できるように頑張ります」とか平気で言えてしまうのです。

    12. 冗談が通用しない
    ゆとり世代には冗談が通用しません。
    よくわからないところで冗談にブチ切れ、場の空気を悪くしてしまいます。
    もちろん本人は空気が悪くなったことに気付きません。

    13. 批判的なコメントはスルーする
    FacebookやInstagramなど、投降した内容に対して読者からのコメントが付くのはSNSを使う楽しみのひとつですよね。
    こうした際、寄せられたコメントに対して積極的に返信をしたり、基本的にはSNSをすごく楽しみます。
    しかし、寄せられたコメントの内容が批判的なものの場合は完全スルーを決め込みます。
    そしてひどい場合は突然投稿ごと削除してしまうのです。

    14. LINEで欠勤報告
    確かにLINEは世界的に使われているコミュニケーションツールです。
    しかし、業務とプライベートを混同させているゆとり世代が多いそうです。
    たとえば、会社にA君が来ない! と騒ぎになったとき、上司が自分のLINEを見たら、
    出勤時間前にA君から「頭が痛いから休みます」とメッセージが入っていたそうです。
    もちろん「電話かメールで連絡しろ! メールならCC入れて全員に出せ!」と激怒したそうですよ。

    15. 「私ゆとり世代ですから」と開き直る
    あまりにも周囲が「ゆとり世代」だと言ってくるものだから、その言葉に甘え、
    自分で「私ゆとり世代ですから」「すいませんゆとりなんで」「ゆの字ですから」と言って開き直り、
    許しをもらおうとしてくるゆとり世代がいます。

    は? それ自分で言っちゃダメでしょ? そもそも「ゆの字ですから」ってなんだよ!
    と激怒したオッサンもいました。




    ScreenClip11




     
    関連記事

    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    http://blogos.com/article/187255/


    ビジネスシーンで批判されがちな「ゆとり世代」だが、批判する側の中心だった50代が逆に「ゆでガエル世代」と指摘されている。

    これは概ね1956?1966年くらいまでに生まれた世代であろう。大学時代を学園紛争で闘い、
    のちに高度成長を支えた団塊世代と、バブル崩壊後の就職難を経験した45歳以下のデジタル世代の両世代にはさまれた年代である。

    生まれた時から平和と経済成長を享受し、大学を合コンの場にし、就活ではらくらくと複数社の内定を得ながら、
    社会人になってすぐにバブル崩壊し、いわゆる日本経済の失われた20年を経る中で自主的に挑戦する感覚もなく、
    会社に飼いならされてしまったまま挑戦心を失った世代と分析されている。
    そしていま彼らは、55歳前後で役職定年のふるいにかけられ、その大半がパワー不足としてポストから外され、収入がダウンしている状態だ。

    ■ゆとり世代批判の実態
    さて、1988?1996年生まれのゆとり世代は、重要な連絡をメールやLINEで済ませたり、上司からの飲みの誘いをスルーしたりと、
    コミュニケーションの不得手を指摘され、ビジネスシーンでは何かと批判されがちである。
    しかし筆者の個人的な印象ではあるが、デフレ経済とインターネットがネイティブのゆとり世代は、現代のビジネス環境において、きわめて有能である
    彼らが重要な連絡をLINEで済ませようとするのは、電話が相手の時間を浸食するものだと認識しているだけである。
    上司にとって得体の知れないコミュニケーションツールであるLINEは、彼らにとってはオーソドックスなツールである。
    また、上司からの飲みの誘いを断るのも、酒を介在しないと本音を語れない旧世代の方にこそ、むしろ問題がある。
    かつては会社に所属していれば毎年昇給し、社内での出世競争に勝ち残れば高給を得る可能性も高かった。
    株式や不動産に投資をすれば資産形成もできた。50代がゆでガエル化したのもその為だが、ゆとり世代にはそういう幻想はない。
    彼らは会社にも経済の成長にも、期待していない。していないからこそ、自主的な挑戦心も旺盛だし、
    シェアリングやリサイクルなどを組み合わせた、新しいビジネスを生み出すことが出来るのだといえる。

    ■ゆとり世代の自分探し
    生まれた時からデフレで、十代でリーマンショック報道を見てきたゆとり世代にとっては、就職できなかったり、
    既存のキャリアが中断することに対して、旧世代が感じているほどの危機感をもっていない。
    バブル経済ピークの1992年の大卒平均初任給は186,900円、そして2016年は204,000円である。正社員でなくとも、
    最低賃金は上がっている。バブル時と現在とでは生活物価はむしろ下がっているので、若者は相対的に豊かになっている。
    更にいえば、車は要らない、恋人も要らない、家も洋服もシェアできる彼らは、フリーター程度の収入でも経済的には充分なのだ。
    そんなゆとり世代特有の行動が「自分探し」である。その為に就活せずに大学を卒業したり、簡単に会社を辞めたりする。
    物欲が薄く、低所得でもどうにか暮らしていけるゆとり世代にとって、自分が本当にやりたい事を探す心の旅は、就職するよりも重要なことなのだと言える。
    社会の中核をなす現在の50代からすれば、自分のキャリアや家族の扶養などを考えると理解できない行動だったが、
    いまやその50代が、自分の価値を問われ始めている。


    関連
    かつての「アッシー君」、25年後の現実
    http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/080500061/080800004/

    2高低差速報
    ■ゆでガエル世代の特徴
    かくいう筆者も1964年生まれの51歳で、ゆでガエル世代の末席を汚す年齢だ。
    私たちゆでガエル世代が、上司である団塊世代からかつてよく指摘された特徴と言えば、「個性が無い」であった。詰め込み型の教育を受け、
    イデオロギーを問われず、物質的に豊かだった私たちの若い頃の姿は、ひと世代上から見ると、どいつもこいつも同じように見えるらしかった。
    しかしそれは、ゆとり世代がコミュニケーションの不得手を指摘されていたのと同様に、いつの時代も若者は常に
    年長者から批判される存在であっただけに過ぎない。
    個性的であることを求められると同時に、組織人たることを強く求められた世代であり、退社後の飲みニケーションを拒む事など考えられず、
    時間外に働くのが当たり前でサービス残業という言葉すらなかった、無個性に感じる世代だが、その反面、
    会社の最前線に出ている年代と明治維新に匹敵すると言われたIT情報革命の時期が重なっているため、まだ戦力化していなかった
    デジタル世代が台頭するまで、パソコンを使えない団塊世代とのいわばブリッジ役を担った。

    ■ゆでガエルにならない挑戦心
    50歳を超えれば、高度な専門性を有する者でもない限り、役職を外れれば仕事のほとんどは、下の世代に取って代わられるだろう。
    今後は50代こそが、真の意味での自分探しをしなければならない。それは、会社から与えられるであろう、これまでの業務の続きではない。
    年齢に応じた価値のある業務、たとえば顧客クレームの最終解決に立ち会ったり、会社の側にたって労務問題を解決する
    汚れ役を担ったりすることができる年代だ。
    あるいは新規事業の提案にも適している。新しいアイデアは、何も若者の特権ではない。会社のカルチャーと、会社の資産である
    ヒトモノカネを理解した上で、デジタルにも明るい50代は、実は新規事業の運営構築にはもっとも適している。
    少なくとも役職定年をきっかけに老け込むには早い。感覚的には、ゆとり世代を見習うべきである。景気が上向きになる事を期待したり、
    会社が成長するのに従って自分も引っ張り上げられると考えてきた、これまでの感覚を捨てて掛からなければならない。
    現代の50代は若く、人生もまだ先が長い。ゆでガエルのままキャリアを終えるのでなく、もうひと頑張りする最後のチャンスであろう。
    関連記事







    【速報】明石家さんまと徳光が共演NGな理由wwwww


    【画像あり】今富士山五号目きてるんだけどマジでヤバい状況になったwwwww

    【SMAP解散】中居正広が芸能人仲間に送ったメールが流出www

    【バカ】DQNなVIPカーが、警察官の家の前に路駐しまくった結果www

    海外「日本が生んだ最高傑作」 日本のママチャリに海外からも高い評価の声

    友人が街コンで会った女が少し変なんだ

    ウソだろお前www信じられない方法で自転車を盗む中国人が撮影されるwww

    【動画】E-girlsメンバーの年齢wwwwwwwwwwww

    男「俺一日に5冊以上は本読むわwwwwwww」友人「すげえwwwww」

    京大一般学生、極左暴力集団を粉砕

    参照記事 : http://2ch.sc/



    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    のびのび育ったためか、独自の価値観を持っている“ゆとり世代”。
    ゆとり教育自体に「個性を重視する」という願いが込められていたため、この結果はある意味成功ともいえよう。
    しかし、彼ら彼女らが社会人として羽ばたいたとき、その個性を存分に生かしてたくさんの問題を起こしているのも事実。
    ゆとり社員たちの面白すぎる珍行動の一部を紹介していこう。

    まず、ゆとり社員が現代技術に慣れ過ぎているがための珍行動。

    「メモを取れと言われたら、スマホのメモ機能を使う」
    「取引先とのメールに顔文字を使う」
    「フェイスブックやTwitterに会社の悪口を書きまくる」
    「LINEで退職願を提出」

    これらはゆとり世代の“当たり前”と社会の“当たり前”の差により起きてしまうものだといえるが、このゆとり世代の行動が社会の基準となる日がいつか訪れるのだろうか。

    続いては、“文字通り”に言葉を捉えすぎてしまうことによる珍行動。

    「『一万円を細かくしてきて』との指示に対して、一万円札をシュレッダーにかける」
    「『これB4でコピーして』との指示に対して『あの! やっぱりこのビル地下2階までで、B4までなかったです』」
    「1万円分の菓子折りを買ってくるように指示したら、スナック菓子1万円分を買ってきた」

    こんな仰天行動が、実際に起こっているという。

    このほかにも、こんな非常識な珍行動も見られるという。

    「速いからとスケボーで出勤」
    「『上司が風属性なので自分とは相性が悪い』などと、意味不明な供述を残して退職届を出した」
    「先日の歓迎会つまらなかったんで、この先飲み会があっても誘わなくていいですから、と言ってきた」
    「『独身の男いないんで、辞めます』と言って辞めた」
    「注意したら『オレ、ケンカ強いスよ?』と言われた」
    「コピー取るときに『お金どこに入れるんですか?』と質問してきた」

    ●どう接するべき?

    このレベルになると「ゆとり世代の行動」とくくってしまうこと自体が、ほかのゆとり世代に申し訳ない気もしてくるが、
    上司など先輩社員は、こうしたゆとり社員たちにどのように接すればよいのだろうか。
    現在は大手企業の部長職に就き、これまで数多くの新人社員と接してきた経験を持つ会社員は語る。

    「今では年配の社員のみなさんも、過去には宴席で上座に座てしまったり、お客様に対してとんでもなく失礼な行為をしてしまったり、
    目上の人に間違った敬語を使ったりして、こっぴどく怒られた経験が誰もがあるはず。
    まずはそんな自分の若い頃を思い出して、ゆとり社員たちとちゃんと向かい合って教育してあげるという姿勢が大事です。
    一見非常識に見える若手でも、意外に芯がしっかりしていたり、ITスキルに秀でていて非凡な才能を発揮したりするケースもあります。
    そういう部分をちゃんと見つけてあげると同時に、自分の部署や会社の業績向上につなげていける上司こそ、望ましいといえるでしょう」

    上司たちもゆとり世代と一括りにせずに、一人ひとりにきちんと接することが求められるだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1182671/
    2016.08.20 06:12 ビジネスジャーナル






    3362c361bb26caf2239a5a3c7fb9575c


    関連記事







    【速報】明石家さんまと徳光が共演NGな理由wwwww


    【画像あり】今富士山五号目きてるんだけどマジでヤバい状況になったwwwww

    【SMAP解散】中居正広が芸能人仲間に送ったメールが流出www

    【バカ】DQNなVIPカーが、警察官の家の前に路駐しまくった結果www

    海外「日本が生んだ最高傑作」 日本のママチャリに海外からも高い評価の声

    友人が街コンで会った女が少し変なんだ

    ウソだろお前www信じられない方法で自転車を盗む中国人が撮影されるwww

    【動画】E-girlsメンバーの年齢wwwwwwwwwwww

    男「俺一日に5冊以上は本読むわwwwwwww」友人「すげえwwwww」

    京大一般学生、極左暴力集団を粉砕

    参照記事 : http://2ch.sc/



    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    定規などで部下の頭をたたくパワーハラスメントをしたとして、
    滋賀県警が50代の男性警部補を所属長注意の内部処分にしていたことが28日、
    県警への取材で分かった。処分は11日付。

    監察官室によると、警察署勤務の警部補は3月下旬から4月上旬までの間、職場や県内の飲食店での懇親会で、
    部下の20代男性巡査の頭を定規やおたまで軽く数回たたいたという。
    男性巡査にけがはなかったが4月以降、休職している。
    http://www.jiji.com/jc/article?k=2016072800262&g=soc


    根性なさすぎやろゆとりガキ…
    とにかくハングリー精神なさすぎ
    普通の若者ならこの上司を見返してやるぐらい頑張るもんだわ
    プライド傷つけられたままバックれたら何にもならん




     shin_img3
    関連記事






    【愕然】 生保の女と○した結果wwwwwwwww


    【激写】 高橋みなみ(25)の彼氏(40)が完全にそっち系で草!w

    【悲報】ベッキーまたやらかす!!!! 炎上再びwwwwww

    【経済】世帯当たりの平均貯蓄残高・・・

    【速報】橋下徹 討論番組で論破しまくる 勝てるの石破茂と上祐しかいないだろこれ

    【話題】サイコパスは8割が遺伝 遺伝にまつわる「言ってはいけない」タブー

    日本人ってここ10年で一気に民度下がったよな

    【画像】ワイのPC周りかっこよすぎてワロタwww

    【悲報】IT企業に勤めるま~ん(笑)さん、とんでもない理由で退職をする

    2月からユーチューバーになって得られた収益wwwwwww


    参照記事 : http://2ch.sc/



    2ちゃんねるのコメント


    1:
    馳 浩文部科学大臣が「ゆとり教育と決別する」と発言、これがネット上で波紋を広げている。

    馳氏は5月10日におこなわれた記者会見で、「ゆとり教育を全否定するものではない」としたうえで、
    「ゆとり教育がゆるみ教育と、間違った解釈で現場に浸透してしまったのではないかという危惧と、
    そういう現場の声」があると説明。学習指導要領の改訂を控え、“脱ゆとり教育”宣言をすると話した。

    Twitterには、“ゆとり世代”と思われるユーザーから、

    「ゆとり教育との決別ですか...。結構なことだと思いますが。あたしらは何なのでしょう。そうですか。失敗作ですか。ありがとうございます」

    「ゆとり世代の何が悪いの別に特になんの不満なく学校生活をゆとりで生きてきたけど世間様は不満だと言いたいの?」

    「これだからゆとりは。ってまだ言われなきゃいけないの?いっとくけど決めたのあんたらだからなって言いたいだけです。はい」

    「ゆとり教育最後の世代と言われるわたしの年ですがほんとゆとりなんて感じたことないし
     なんでそんな差別用語的に言われなきゃならないのかむかつく」

    と、不快感をあらわにする声が多発している。

    さらに、
    「『ゆとり教育との決別』とか『教育再生』とか、その教育で育った世代と学校を出来損ないのように言うのは失礼でしょう?
    教育を受けた生徒や施した学校が失敗なんじゃない。失敗したのは政府や文科省の政策です」
    と、「決別」「再生」などの表現を使うことに疑問を抱く声も投稿されている。

    なかなかいいように言われない“ゆとり世代”。文部科学大臣の発言とあって、黙っていられないという人も多かったようだ。 

    http://r25.jp/society/00050615/


    13


    関連記事
     




    ベッキーついにブチ切れた!ゲス川谷に鉄槌


    早稲田大学サークル「SOPHIE」、居酒屋での非常識なトラブルで炎上・・・(画像あり)

    民進党・山尾議員のコーヒー代がすごい額になってるんだがwwwww

    マクドナルドのヤバい映像

    “ヤバすぎる”日本三大奇書とは?

    硫酸のパワーすげえ!が良く分かる面白実験。わずか3分でこんなになっちゃうのか。

    【朗報】またやったぜ日本!折りたたみスマホの開発に成功!!!

    Wi-Fiただ乗りしてる隣人を晒し上げたいんだけど

    入社式で結構可愛い女が泣かされててワロタwwwwwwwww

    韓国人「日本のツイッターで拡散している韓国の画像をご覧ください」

    参照記事 : http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/newsplus/1463321938/



    このページのトップヘ