高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    ゆとり

    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    残業が終わったら会社で寝ろって話や
    帰るとかドン引きや
    今から帰って何時間寝るつもりなんやって話

    定期代とか請求すんなよ糞が
    社長があきれとったわ懲戒免職まちがいなしやな





     n-JAPAN-OFFICE-OVERTIME-large570
    関連記事






    こち亀両津氏の総借金額wwwwwwwww


    大学生3人が1泊1万円の個人宿に宿泊した結果wwwww

    【驚愕】女9割の会社に入った結果wwwwwwww

    【※放送事故※】中居くん、ナカイの窓でコスプレイヤー“えなこ”にガチドン引きww

    私「母のドッペルゲンガーみたわ…」 兄「なにそれ超見たい」 → 母「なにそれ超見たい」

    海外「これが先進国との差だ」 小池都知事が有能すぎるとシンガポールで話題に

    喧嘩相手を瞬殺した男の映像が「やっぱ柔道つえええええ!」と話題になる。

    韓国人「韓国の小学生の35%”朝鮮戦争は韓国が起こした”と回答」

    【画像あり】女性新入社員、就活で個性終了・・・

    【問題】 『答えはいくつ?』子供の算数の問題で大論争

    参照記事 : http://2ch.sc/



    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    http://blogos.com/article/187255/


    ビジネスシーンで批判されがちな「ゆとり世代」だが、批判する側の中心だった50代が逆に「ゆでガエル世代」と指摘されている。

    これは概ね1956?1966年くらいまでに生まれた世代であろう。大学時代を学園紛争で闘い、
    のちに高度成長を支えた団塊世代と、バブル崩壊後の就職難を経験した45歳以下のデジタル世代の両世代にはさまれた年代である。

    生まれた時から平和と経済成長を享受し、大学を合コンの場にし、就活ではらくらくと複数社の内定を得ながら、
    社会人になってすぐにバブル崩壊し、いわゆる日本経済の失われた20年を経る中で自主的に挑戦する感覚もなく、
    会社に飼いならされてしまったまま挑戦心を失った世代と分析されている。
    そしていま彼らは、55歳前後で役職定年のふるいにかけられ、その大半がパワー不足としてポストから外され、収入がダウンしている状態だ。

    ■ゆとり世代批判の実態
    さて、1988?1996年生まれのゆとり世代は、重要な連絡をメールやLINEで済ませたり、上司からの飲みの誘いをスルーしたりと、
    コミュニケーションの不得手を指摘され、ビジネスシーンでは何かと批判されがちである。
    しかし筆者の個人的な印象ではあるが、デフレ経済とインターネットがネイティブのゆとり世代は、現代のビジネス環境において、きわめて有能である
    彼らが重要な連絡をLINEで済ませようとするのは、電話が相手の時間を浸食するものだと認識しているだけである。
    上司にとって得体の知れないコミュニケーションツールであるLINEは、彼らにとってはオーソドックスなツールである。
    また、上司からの飲みの誘いを断るのも、酒を介在しないと本音を語れない旧世代の方にこそ、むしろ問題がある。
    かつては会社に所属していれば毎年昇給し、社内での出世競争に勝ち残れば高給を得る可能性も高かった。
    株式や不動産に投資をすれば資産形成もできた。50代がゆでガエル化したのもその為だが、ゆとり世代にはそういう幻想はない。
    彼らは会社にも経済の成長にも、期待していない。していないからこそ、自主的な挑戦心も旺盛だし、
    シェアリングやリサイクルなどを組み合わせた、新しいビジネスを生み出すことが出来るのだといえる。

    ■ゆとり世代の自分探し
    生まれた時からデフレで、十代でリーマンショック報道を見てきたゆとり世代にとっては、就職できなかったり、
    既存のキャリアが中断することに対して、旧世代が感じているほどの危機感をもっていない。
    バブル経済ピークの1992年の大卒平均初任給は186,900円、そして2016年は204,000円である。正社員でなくとも、
    最低賃金は上がっている。バブル時と現在とでは生活物価はむしろ下がっているので、若者は相対的に豊かになっている。
    更にいえば、車は要らない、恋人も要らない、家も洋服もシェアできる彼らは、フリーター程度の収入でも経済的には充分なのだ。
    そんなゆとり世代特有の行動が「自分探し」である。その為に就活せずに大学を卒業したり、簡単に会社を辞めたりする。
    物欲が薄く、低所得でもどうにか暮らしていけるゆとり世代にとって、自分が本当にやりたい事を探す心の旅は、就職するよりも重要なことなのだと言える。
    社会の中核をなす現在の50代からすれば、自分のキャリアや家族の扶養などを考えると理解できない行動だったが、
    いまやその50代が、自分の価値を問われ始めている。


    関連
    かつての「アッシー君」、25年後の現実
    http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/080500061/080800004/

    2高低差速報
    ■ゆでガエル世代の特徴
    かくいう筆者も1964年生まれの51歳で、ゆでガエル世代の末席を汚す年齢だ。
    私たちゆでガエル世代が、上司である団塊世代からかつてよく指摘された特徴と言えば、「個性が無い」であった。詰め込み型の教育を受け、
    イデオロギーを問われず、物質的に豊かだった私たちの若い頃の姿は、ひと世代上から見ると、どいつもこいつも同じように見えるらしかった。
    しかしそれは、ゆとり世代がコミュニケーションの不得手を指摘されていたのと同様に、いつの時代も若者は常に
    年長者から批判される存在であっただけに過ぎない。
    個性的であることを求められると同時に、組織人たることを強く求められた世代であり、退社後の飲みニケーションを拒む事など考えられず、
    時間外に働くのが当たり前でサービス残業という言葉すらなかった、無個性に感じる世代だが、その反面、
    会社の最前線に出ている年代と明治維新に匹敵すると言われたIT情報革命の時期が重なっているため、まだ戦力化していなかった
    デジタル世代が台頭するまで、パソコンを使えない団塊世代とのいわばブリッジ役を担った。

    ■ゆでガエルにならない挑戦心
    50歳を超えれば、高度な専門性を有する者でもない限り、役職を外れれば仕事のほとんどは、下の世代に取って代わられるだろう。
    今後は50代こそが、真の意味での自分探しをしなければならない。それは、会社から与えられるであろう、これまでの業務の続きではない。
    年齢に応じた価値のある業務、たとえば顧客クレームの最終解決に立ち会ったり、会社の側にたって労務問題を解決する
    汚れ役を担ったりすることができる年代だ。
    あるいは新規事業の提案にも適している。新しいアイデアは、何も若者の特権ではない。会社のカルチャーと、会社の資産である
    ヒトモノカネを理解した上で、デジタルにも明るい50代は、実は新規事業の運営構築にはもっとも適している。
    少なくとも役職定年をきっかけに老け込むには早い。感覚的には、ゆとり世代を見習うべきである。景気が上向きになる事を期待したり、
    会社が成長するのに従って自分も引っ張り上げられると考えてきた、これまでの感覚を捨てて掛からなければならない。
    現代の50代は若く、人生もまだ先が長い。ゆでガエルのままキャリアを終えるのでなく、もうひと頑張りする最後のチャンスであろう。
    関連記事







    【速報】明石家さんまと徳光が共演NGな理由wwwww


    【画像あり】今富士山五号目きてるんだけどマジでヤバい状況になったwwwww

    【SMAP解散】中居正広が芸能人仲間に送ったメールが流出www

    【バカ】DQNなVIPカーが、警察官の家の前に路駐しまくった結果www

    海外「日本が生んだ最高傑作」 日本のママチャリに海外からも高い評価の声

    友人が街コンで会った女が少し変なんだ

    ウソだろお前www信じられない方法で自転車を盗む中国人が撮影されるwww

    【動画】E-girlsメンバーの年齢wwwwwwwwwwww

    男「俺一日に5冊以上は本読むわwwwwwww」友人「すげえwwwww」

    京大一般学生、極左暴力集団を粉砕

    参照記事 : http://2ch.sc/



    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    のびのび育ったためか、独自の価値観を持っている“ゆとり世代”。
    ゆとり教育自体に「個性を重視する」という願いが込められていたため、この結果はある意味成功ともいえよう。
    しかし、彼ら彼女らが社会人として羽ばたいたとき、その個性を存分に生かしてたくさんの問題を起こしているのも事実。
    ゆとり社員たちの面白すぎる珍行動の一部を紹介していこう。

    まず、ゆとり社員が現代技術に慣れ過ぎているがための珍行動。

    「メモを取れと言われたら、スマホのメモ機能を使う」
    「取引先とのメールに顔文字を使う」
    「フェイスブックやTwitterに会社の悪口を書きまくる」
    「LINEで退職願を提出」

    これらはゆとり世代の“当たり前”と社会の“当たり前”の差により起きてしまうものだといえるが、このゆとり世代の行動が社会の基準となる日がいつか訪れるのだろうか。

    続いては、“文字通り”に言葉を捉えすぎてしまうことによる珍行動。

    「『一万円を細かくしてきて』との指示に対して、一万円札をシュレッダーにかける」
    「『これB4でコピーして』との指示に対して『あの! やっぱりこのビル地下2階までで、B4までなかったです』」
    「1万円分の菓子折りを買ってくるように指示したら、スナック菓子1万円分を買ってきた」

    こんな仰天行動が、実際に起こっているという。

    このほかにも、こんな非常識な珍行動も見られるという。

    「速いからとスケボーで出勤」
    「『上司が風属性なので自分とは相性が悪い』などと、意味不明な供述を残して退職届を出した」
    「先日の歓迎会つまらなかったんで、この先飲み会があっても誘わなくていいですから、と言ってきた」
    「『独身の男いないんで、辞めます』と言って辞めた」
    「注意したら『オレ、ケンカ強いスよ?』と言われた」
    「コピー取るときに『お金どこに入れるんですか?』と質問してきた」

    ●どう接するべき?

    このレベルになると「ゆとり世代の行動」とくくってしまうこと自体が、ほかのゆとり世代に申し訳ない気もしてくるが、
    上司など先輩社員は、こうしたゆとり社員たちにどのように接すればよいのだろうか。
    現在は大手企業の部長職に就き、これまで数多くの新人社員と接してきた経験を持つ会社員は語る。

    「今では年配の社員のみなさんも、過去には宴席で上座に座てしまったり、お客様に対してとんでもなく失礼な行為をしてしまったり、
    目上の人に間違った敬語を使ったりして、こっぴどく怒られた経験が誰もがあるはず。
    まずはそんな自分の若い頃を思い出して、ゆとり社員たちとちゃんと向かい合って教育してあげるという姿勢が大事です。
    一見非常識に見える若手でも、意外に芯がしっかりしていたり、ITスキルに秀でていて非凡な才能を発揮したりするケースもあります。
    そういう部分をちゃんと見つけてあげると同時に、自分の部署や会社の業績向上につなげていける上司こそ、望ましいといえるでしょう」

    上司たちもゆとり世代と一括りにせずに、一人ひとりにきちんと接することが求められるだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1182671/
    2016.08.20 06:12 ビジネスジャーナル






    3362c361bb26caf2239a5a3c7fb9575c


    関連記事







    【速報】明石家さんまと徳光が共演NGな理由wwwww


    【画像あり】今富士山五号目きてるんだけどマジでヤバい状況になったwwwww

    【SMAP解散】中居正広が芸能人仲間に送ったメールが流出www

    【バカ】DQNなVIPカーが、警察官の家の前に路駐しまくった結果www

    海外「日本が生んだ最高傑作」 日本のママチャリに海外からも高い評価の声

    友人が街コンで会った女が少し変なんだ

    ウソだろお前www信じられない方法で自転車を盗む中国人が撮影されるwww

    【動画】E-girlsメンバーの年齢wwwwwwwwwwww

    男「俺一日に5冊以上は本読むわwwwwwww」友人「すげえwwwww」

    京大一般学生、極左暴力集団を粉砕

    参照記事 : http://2ch.sc/



    このページのトップヘ