高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    アメリカ



    1: 高低差速報
    「クリスマスに欲しいのは唯一、クリーンな白人専用の学校」「人種隔離を守れ」。
    学校で人種隔離を続けることを求める白人女性ら。
    警察官に向かって叫ぶ。
    no title


    1960年11月15日、ルイジアナ州のウィリアム・フランツ小学校。
    白人専用だったが、裁判所が隔離をやめるように命じた。
    黒人の子どもが登校し始めて2日目の抗議活動。

    関連記事


    1: 高低差速報
    世界の科学技術「米中2強」に 中国、論文4分野で首位


     技術革新の源泉となる科学研究論文で、コンピューター科学や化学など4分野で中国が世界トップにたったことが文部科学省所管の科学技術振興機構の調査でわかった。
    主要8分野を米国と分け合った形で、米国1強から「米中2強」の時代に突入した。科学技術予算の急増のほか、海外在住の中国人研究者の獲得や若手教育などの政策が功を奏している。


    http://www.nikkei.com/article/DGXMZO17574100S7A610C1I00000/?dg=1&nf=1




    aeraer



    関連記事


    1高低差速報
    所得の3分の1を働かないで得ることができると聞いてどのように感じるだろうか? 例えば年間所得900万円の人であれば、300万円は「財産所得」から所得を得ている計算だ。

    【中略】

    「財産を働かせる」米国人、「自分が働く」日本人の違い
    2014年7月の金融庁の「金融モニタリング・レポート」によると、米国では家計の53.2%の割合で有価証券が占めていた。日本では有価証券の割合は16.1%しか無い。これに対して、預貯金は米国の12.7%に対し、日本では53.1%となっている。日本で預貯金を活用するのと同じような割合で、米国では有価証券に投資を行っているということになる。

    日本には土地神話があるようだ。ビルやマンションなどの賃貸投資には金融機関からの借入ができる場合が多く、レバレッジのメリットがある。しかし不動産は1週間では換金できないケースがほとんどだろう。換金性では海外・国内のETFやリートや株式といった金融商品が勝る。1週間で為替を含めて日本円に換金できるからだ。

    夢の生活のために何が必要なのか?
    とはいっても、自分自身で常にマーケットを見続けることが可能で、他の事業や勤務をせずにそれだけで生計を立てられる人は稀だろう。

    投資のパートナーとして、プロのアドバイザーを活用する方が近道かも知れない。
    https://zuuonline.com/archives/154684




    adfo529


    関連記事


    1高低差速報
    「あなたは今、1960年の日本のあるアパートで一人ぐらしをしている学生です。
    今は真夜中の二時。あなたはこの深夜にも関わらずチョコレートが食べたくなりました。
    さて、あなたはチョコレートを今すぐ手に入れるにはどうすればよいでしょうか?」



    img_top_banner_sample_exam

    関連記事

    このページのトップヘ