高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    イギリス



    1: 高低差速報
    【ロンドン時事】英紙フィナンシャル・タイムズ(電子版)は2日、欧州連合(EU)を2019年3月に
    離脱する英国が、日本など11カ国による環太平洋連携協定(TPP)に参加するための検討に
    着手したと報じた。

    英国は太平洋から遠く離れた欧州の国だが、ハンズ通商政策担当閣外相は同紙に
    「多国間協定に地理的な制約は必要ない」などと述べた。同紙によれば、一部のTPP参加国は
    英国の受け入れに前向きという。

    メイ英政権はEU離脱後、短期間に多くの国と自由貿易協定(FTA)を結ぶ考え。
    米国が離脱したとはいえ、アジア太平洋の各国が加わるTPPに魅力を感じている可能性はある。

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018010300206&g=int

    20150521010332



    関連記事




    1: 高低差速報
    少ない資源、高齢化、保守的思想、イノベーションの不足などのため、将来的にも日本経済は楽観できる要素はなく、2035年には世界第5の経済体にまで落ち込むだろうと予測した。
    記事によれば、35年のGDP予想は中国が1位で35兆ドル、次いで米国の24兆ドル、インドの6兆2000億ドル、ドイツの5兆3000億ドル、日本の5兆ドルと続くという。
    https://news.biglobe.ne.jp/international/0918/rec_170918_2273793604.html




    a01278c10449bd4e963572e3b6b788d5

    関連記事




    1: 高低差速報
    アトキンソン氏 実は、私自身、この本を書き始めるまで、なぜ日本が世界第3位の経済大国なのかを 十分に説明しきれていませんでした。

    大学で日本の経済を勉強し、 
    その後、ゴールドマンサックス証券で7年も働いていたにもかかわらずです。 日本の産業をよくよくみてみると、農業も含めてそうなのですが、 
    なぜ産業として成り立っているのか不思議なものもあります。

     
    トヨタ自動車はすごい企業ですが、世界を席巻するようなとんでもない技術を持っているわけではありません。 何でこうなったのか不思議に思っていました。 今回の本を執筆するにあたって、改めて日本を分析して、日本の高度成長の要因が、 すべてとはいいませんが、かなりの部分、急激な人口の増加にあったことが分かってきました。 

    日本は世界3位の経済大国ですが、一人当たりのGDP(国内総生産)をみると、 20~30位をうろうろしています。一人当たりの生産性は低いのですが、その分を人口増 でカバーしていたわけです。人口の激増は過剰な競争社会を形作ります。また、 特に日本のような男性社会はなおさら競争になります。その原動力が日本を発展させていったんです。 でも、日本は経済大国のようにもみえますが、生産性は低い国なんですhttp://j.sankeibiz.jp/article/id=1434



    233072490-1414083048_l
    関連記事

    このページのトップヘ