高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    イタリア


    1: 高低差速報

    ■世界2万8000店、でもイタリアは初
     イタリアはカフェが至る所にあり、年60億杯のコーヒーが消費されている。スタバは77カ国・地域で2万8000店以上を展開し、各地で平均4時間に1店舗のペースで出店している。だが、エスプレッソの本場であるイタリアは競争が必至で、進出には慎重だった。

     ミラノで開業するのは高級店「リザーブ・ロースタリー」。同業態はシアトル、上海に続く3店舗目となる。店舗面積は2300平方メートルと広く、約300人を雇用する。

     郵便局だった歴史的建造物を改装し、中央には焙煎設備を併設。食前酒を好むイタリア人の習慣に合わせ、軽食やカクテルなどアルコール類も提供する。イタリア人の職人が手掛けた内装はモダンでデザイン性が高く、通常のスタバの店舗とは全く違った雰囲気だ。

     イタリアではエスプレッソの1杯の値段はおおよそ1ユーロ(約130円)だが、新店舗では1.8ユーロに設定した。年末までにミラノでさらに複数店舗の開業を予定する。

     イタリアはスタバにとって「原点」とも言える国だ。1982年に入社したハワード・シュルツ名誉会長が83年、初めてミラノを訪れた時、立ち寄ったエスプレッソバーで見たバリスタの接客に感銘を受けた。帰国後、イタリア式カフェの出店を創業者に提案したが、受け入れられず、シュルツ氏は独立した。自身でカフェを開業すると、店は大繁盛した。

    ■「米国とはコーヒー文化が違う」
     その後、スタバが身売りを考えているという話が伝わり、古巣を買収。自ら立ち上げたイタリア式カフェをスタバの名で一気に拡大し、世界的企業に育てあげた。

     ただ、スタバがイタリアの消費者を魅了できるかは不透明で、「米国のコーヒー文化とは違う」との声も多い。ケビン・ジョンソン最高経営責任者(CEO)は「この一歩を大いなる敬意を謙虚さを持って進める。我々がイタリアのコーヒー文化に適応する」と話す。マクドナルドがコーヒーに力を入れるなどコーヒー市場の競争が激しくなる中、イタリアでの挑戦は今後のスタバの成長を占う試金石にもなる。
    引用記事:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35097710X00C18A9TJC000/
    20151210174313



    関連記事



    1: 高低差速報
    1 : 風吹けば名無し[] 投稿日:2013/12/12(木) 17:43:03.59 ID:8gY67Rcx
    改めて鳥肌立つくらいすごいよな
    すごいの一言で片付けられないくらいすごい

    7 : 風吹けば名無し[] 投稿日:2013/12/12(木) 17:45:04.20 ID:8gY67Rcx
    バロテッリ
    エルシャーラウィ 本田 カカ
    すごい(確信)

    16 : 風吹けば名無し[] 投稿日:2013/12/12(木) 17:47:16.30 ID:8gY67Rcx
    ミラノーダービー(日本人対決)
    あぁ^~
    img_ff7e5e43c8b999cd59a73f82fe8081a4306398




    関連記事


    1高低差速報
    本田のベンチ生活はどれほど長いのか。英『Daily Mail』は今回欧州五大リーグの中で「ベンチを温めている時間が長い選手ランキング」を作成しているが、
    セリエAで本田は2番目に長い選手となってしまっている。
    時間にすると1日と21時間11分もベンチに座っていることになり、1試合が90分であることを考えると恐ろしく長い。

    最も長いのはローマのジェルソンで1日23時間53分となっているが、ジェルソンはまだ19歳と若い選手だ。経験豊富なベテランと捉えられている本田とは異なる。
    本田は今季終了後にミランを去ると予想されており、日本代表のためにも一刻も早くベンチ地獄から逃れる必要がある。

    2018ロシアワールドカップまで残り1年と近づいているが、アジア最終予選突破を含め本田は今後も経験を評価されて日本代表に招集され続けるだろう。
    その存在感は大きいが、戦力として代表のスタメンに割って入るには出場機会を確保するところからスタートさせる必要がありそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-00010003-theworld-socc

    写真

    関連記事


    このページのトップヘ