高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    イチロー


    1: 高低差速報
     マリナーズの会長付特別補佐のイチロー(44)は、メジャー1年目で20本塁打を記録した大谷翔平投手(24)について「きょうの20本目がどうかというのは置いといて、初めてホームランバッターが日本人として来たなあという感じがね、それはずっとしてますけどね」と話した。

     大谷がマリナーズ戦で本塁打を打ったのは初めて。イチローは「ちょっと詰まり気味だったよね。やっぱりあれがセンターに行くというのはホームランバッターでしょうね、初めての」。センター方向へ一直線に伸びた、飛距離127メートルの一撃を解説した。
    引用記事;https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180916-00000075-dal-spo



    img_a5cc98d489b8ea6b7ec319e571124e10170408


    1: 高低差速報
    「メジャーに来て最初に思ったのは、周りがでかい奴だらけだということ。

    それに対抗しようと、最初は筋肉をつけた。しかし、たった3kg増えただけで、体が全く自由に使えなくなった。

    人間の体は、様々なセンサーを出してくれている。過度な筋肉をつけることは、そのセンサーを○してしまうことに繋がり、それは結果的に怪我につながる。

    結局人間は、生まれ持った”関節”とか”腱”なんかは鍛えられないから、筋肉が大きくなるとそれを支える部位で故障が起きてしまう。

    ライオンやトラはトレーニングなんかしないでしょ(笑)」


    2016080800253_1

    関連記事






    関連記事


    1: 高低差速報
    メジャーでの人種差別については、マイアミ・マーリンズのイチロー選手も「アイスやコインを投げつけられた。何回かは僕の頭に当たったことがある」と語っているほか、観客から暴言を受けた経験も明らかにしている。 
    「ニューヨーク・ヤンキース時代には、イチローの華麗なバットさばきに対して、テレビの解説者がバットを『チョップスティック(箸)』と表現して『日本やアジアの食文化に対する差別だ』として非難を受けたこともあります」


    20170713-00000002-wordleafs-0371ba9c6425d8738ca22eeece3cd47cd




    関連記事


    1: 高低差速報
    イチローが来季もマーリンズ残留を希望していることを地元メディアに明かした。
    29日付の地元紙サン・センチネル電子版によると、イチローは「戻らない理由はない。間違いなく私がいたい場所」と通訳を介してコメントしたという。
    また、かねて50歳までの現役続行を希望しているが、今回は「最低でも50歳まで」プレーを続けたいと明かしたという。

     来季契約は球団が選択権を持ち、年俸は200万ドル(約2億2000万円)。
    球団はワールドシリーズ終了から4日後までにオプション行使を決めなければならない。



    GettyImages-523657370

    関連記事



    このページのトップヘ