高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    イノベーション


    1: 高低差速報
    既存製品の延長線上にある新製品や新サービスの開発は次々と実現できるのに、まったく新しいコンセプトの製品を開発したり、
    既存製品を破壊するようなイノベーションを起こすことができないと悩む企業は多い。その企業に優秀な人材と多種多様な知識、
    経験が蓄積されているのにもかかわらず、である。
     この答えとしてイノベーションのジレンマが有名だ。既存の市場と顧客のニーズへの対応に集中し過ぎることにより、
    新しいニーズを見失い、イノベーションができなくなることをいう。
     しかし、新たな市場や顧客ニーズを見据えたイノベーションチームを社内につくっても、
    イノベーションを起こすのが難しいことの方が多い。それはなぜだろうか?
     答えを先に言えば、その理由は「同調圧力」にあると考えている。イノベーションを起こそうとする人たちに対する、
    既存組織や周りの環境からの、変化させまいとする圧力である。
     同調圧力は「場の空気」と言い換えることができる。「集団の一員であり仲間としての自分」という
    自覚を持ち行動すべきという暗黙の了解であり、行動規範のようなものだ。

    引用記事:https://diamond.jp/articles/-/179866
    wysiwyg_4ab1932fb9997f0b52d5




    関連記事


    1高低差速報
    特許制度そのものが時代遅れなんだがなあ
    https://twitter.com/takapon_jp/status/507409301468491777

    特許ゴロってほんと社会悪だよね
    https://twitter.com/takapon_jp/status/695127525781958656

    そろそろこのクソ特許ゴロをどうにかするルールを作ったらどうか。ソフトウェア特許なんて制度をやめちまえばいいとおもうのだが
    https://twitter.com/takapon_jp/status/695447086569881601

    ソフトウェア特許に社会的意義などない
    https://twitter.com/takapon_jp/status/695454111278374912

    メカも特許認めるべきでないと私は思います。既に特許制度はイノベーションを阻害する手段となってる。
    https://twitter.com/takapon_jp/status/695458726405238786

    「パクる欲望」が経済を回す。
    https://twitter.com/takapon_jp/status/709654071918010368

    特許とかクソ
    https://twitter.com/takapon_jp/status/715753614137024516




    DSC_0237
    関連記事


    1高低差速報


    Appleの共同創業者、スティーブ・ウォズニアック氏がBloombergのインタビューに対し、次のブレイクスルーを実現するのは、自らが創業したAppleではなく電気自動車メーカーのTeslaだ、と語りました。
    創業者が本当に作りたいものを作るためにリスクを背負うことが必要

    スティーブ・ウォズニアック氏は、向こう数年間にテクノロジーのブレイクスルーを起こす企業として、Teslaの名前を挙げました。

    ウォズニアック氏は、ブレイクスルーを実現するには、創業者自身が本当に作りたいものを作るために、小規模な企業が大きなリスクを背負って挑戦する必要がある、としたうえで「今、Teslaは非常に良い方向に進んでいる。非常にリスキーなことに精一杯の努力を注いでいる。私はTeslaに賭ける」と、自動運転や地下トンネル構想を推し進めるTeslaへの期待を語りました。

    世界を変えてきたのは若者。大企業じゃない

    ウォズニアック氏は、Appleはイノベーションを起こすには大きくなり過ぎたと考えているようです。

    GoogleやFacebook、AppleやMicrosoft、そしてTeslaも含む、世界を変えた企業を見てごらん。若者が世界を変えてきたんだ。大企業が仕掛けたわけじゃない。


    同氏は、人工知能(AI)が最もホットな領域と考えており、自動運転車はこの先5年間以内に私たちの生活に大きな影響を及ぼすだろう、と予測しています。
    http://iphone-mania.jp/news-169231/
    関連記事


    1高低差速報
    カギは「ボーン・グローバル」にあり

    では、どうすれば日本からビル・ゲイツやジェフ・ベゾスのような世界的起業家が生まれるようになるのか。もちろん簡単に説明できることではないのですが、世界の経営学で近年注目されている視点に、「ボーン・グローバル」(born-global)というものがあるので、それを使って私なりの視点を解説しましょう。

    「ボーン・グローバル」とは、創業間もない段階からグローバルで展開することを目指し、事業戦略を設計するスタートアップ企業や起業家のことです。インディアナ大学のパトリシア・マクドゥーガル教授などを中心に、経営学ではここ20年間ほど注目されている分野です。

    例えば、アマゾンやフェイスブックは早々に新興国でのビジネスに打って出るなど、早い段階からグローバル規模で事業を展開してきました。最近ならウーバーやエアビーアンドビーもそうでしょう。こう言った企業は、そもそも前提にしているマーケットがグローバルなので、ビジネスモデルが「はまれば」、会社が一気に成長し、資産総額も増えて行きます。

    現時点でボーン・グローバル企業・起業家が生まれやすいのはアメリカのはずです。米国市場で成功することは、そのままグローバル市場での成功につながりやすいからです。アメリカは英語という世界共通の言語が使われますし、多民族国家ですから世界に広がる人脈を形成しやすい。そして、競争環境が厳しいことで知られています。

    経営学では「レッドクイーン効果」と呼びますが、これは逆に言えば、アメリカで多くのライバルとしのぎを削って勝ち抜けば、それはそのまま世界市場で勝てる競争力につながりやすいのです。

    http://forbesjapan.com/articles/detail/16123




    img_d6a0908025419a05f6b1bf3abe67e8ef36634
    関連記事


    1高低差速報
    http://iphone-mania.jp/news-154967/

    米メディアFast Companyが2008年から毎年評価、発表している「世界で最もイノベーティブな企業」ランキング上位50社で、
    今年はAppleが4位となったことがわかりました。
    昨年は7位。再びトップに返り咲くか

    Fast Companyは、Appleにはクリエイティビティが深く根付いているとし、競合するスマートフォンやタブレットメーカーの
    ほとんどが同じチップを購入しているのに対し、Appleが独自のチップを設計していることを指摘しました。

    また人工知能(AI)への取り組みや、Apple Music、Apple TVによるエンターテインメント分野への事業拡張、そしてCareKitによる医療分野への取り組みも評価しています。


    そして今年のランキング上位10社は以下のようになっています。

    Amazon
    Google
    Uber
    Apple
    Snap
    Facebook
    Netflix
    Twilio(クラウド通信企業)
    Chobani(ギリシャヨーグルト)
    Spotify

    11位から20位にひしめく中国企業

    11位から20位までを見ると、11位Alibaba、12位Tencent、13位Xiaomi、14位BBK Electronics、15位Huawei、16位Dalian Wandaと、中国勢が大半を占めています。

    残念ながら日本企業は50位以内に1社もランク入りしていないようです。




    kouteisasokuhou
     
    関連記事


    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    http://www.sankei.com/politics/news/161014/plt1610140047-n1.html

    安倍首相が経済財政諮問会議で研究開発投資の拡大に向けた枠組み作りを指示した背景には
    日本経済の成長性への危機感がある。AI(人工知能)などでの日本の技術革新は欧米の「周回遅れ」とも批判され、
    手をこまねいていては日本企業が国際競争に敗れて、世界の“下請け”に転落する懸念も指摘されるだけに、対応が急務となる。

     「潜在成長率を高めるには、いかに民間投資を引き出せるかがカギになる」。首相は諮問会議でこう力説した。
     会議では、民間議員が研究開発投資を「経済成長の最大の起爆剤」と指摘。予算の枠組みを見直し、
    大規模で長期にわたる産学の共同研究に対する寄付への支援や、公共調達を活用した先進技術開発を
    進めることなどを提案した。内閣府は平成30年度に、投資拡大を推進する新たな予算枠を創設する方針も報告した。

     首相が研究開発投資を重視するのは将来の技術革新につながる“種”だからだ。政府は「第4次産業革命」を
    はじめとする成長戦略を掲げ、取り組みを進めているが、海外から向けられる視線は厳しい。
     シンクタンクの世界経済フォーラム(本部・ジュネーブ)が公表した2016年版の「国際競争力報告」では、
    日本の総合順位は8位で、前年の6位から2つランクダウン。項目別ではイノベーションが5位から8位に落ちるなどした。

    (以下略)




     20120724
    関連記事




    【画像】ソニー損保CMの女の子の現在www


    【超!閲覧注意】山で ”この光景” を見たら、自分は死ぬと思った方がいい

    【悲報】かつやの朝定食(390円)wwwwww

    【画像】これ許せないやつwww

    【拡散】韓国の滅亡シナリオが素晴らしすぎるwww

    女ウケする男の趣味一覧が面白いwwwww

    海外「アニメや文化じゃない!」西洋人が日本に夢中になる本当の理由に海外が納得

    この漁の映像すごすぎワロタwww途中からとんでもない事になるwwwww

    上場大手企業に勤務してる俺が「街コン」にいった結果wwwwwww

    小林麻央さん、余命2ヶ月と告白!!! ブログがヤバイ事になってる・・・・

    参照記事 : http://2ch.sc/



    1高低差速報
    http://biz-journal.jp/2016/07/post_15738.html

    米アップルが毎年恒例にしている開発者向けカンファレンスWWDC(世界開発者会議)。
    今年も6月13日に開催されたが、この会議で見えてくるアップルの戦略と今後の方向性とは、いったいいかなるものであったのか。

     今回の発表でアップルは、SiriやiMessageのサードパーティーへの開放を前面に押し出しこれを強調したが、
    目新しいといえばこのオープン化の発表ぐらいで、あとはMacやiPhone、iPadなど既存の端末をシームレスに連携し強化する既定路線、
    すなわち「ハード依存」に終始する内容であった。

    こうしたハードウェア重視の意向は、確かに利益回収を目的とした当面の戦略としては功を奏するものである。
    アップルはこれまで70%前後の高収益率(粗利)に加え、わずか1日という在庫期間の圧縮を実現することで、スマートフォン(スマホ)市場で
    ハイエンドのビジネスモデルを構築することに成功した。
     当然ながらこうした成功体験は、ますますアップルのハード依存を加速化させるものである。日々のマーケティングで集計されるデータを基に、
    既存の端末を定期的にアップグレードしていくことに、もはや社内のリソースは傾注されている。

     だが、こうした既存製品のアップグレードという連続性へのシフトは、アップルをイノベーションからますます遠ざけることを忘れてはならない。
    iPhoneには、依然として世界で年間2億台を売り切る力が残されている。当面はこの利益を生み出す構造で十分にやっていけるであろうが、
    恒常的に革新性を追求し未来を創造しリードする企業として君臨することは極めて困難であろう。



    poster_large_2x




    関連記事 

     





    【愕然】 生保の女と○した結果wwwwwwwww


    【激写】 高橋みなみ(25)の彼氏(40)が完全にそっち系で草!w

    【悲報】ベッキーまたやらかす!!!! 炎上再びwwwwww

    【経済】世帯当たりの平均貯蓄残高・・・

    【速報】橋下徹 討論番組で論破しまくる 勝てるの石破茂と上祐しかいないだろこれ

    【話題】サイコパスは8割が遺伝 遺伝にまつわる「言ってはいけない」タブー

    日本人ってここ10年で一気に民度下がったよな

    【画像】ワイのPC周りかっこよすぎてワロタwww

    【悲報】IT企業に勤めるま~ん(笑)さん、とんでもない理由で退職をする

    2月からユーチューバーになって得られた収益wwwwwww

    参照記事 : http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1467693011



    このページのトップヘ