高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    イーロン・マスク


    1: 高低差速報
    テスラの最高経営責任者(CEO)であるイーロン・マスクのインタヴューが、8月16日付の『ニューヨーク・タイムズ』に掲載された。

    彼が流した涙、特定のツイートに関する後悔の欠如、ラッパーのアジーリア・バンクスが何らかのかたちでテスラの財務的な意味での将来の一翼を担うかもしれない──。これらの内容における注目点は、マスクがテスラのCEOと会長としての役割を放棄する用意がある、という主張だった。

    「仕事ができる人がいるなら教えてほしいですね。仕事がありますよ」と、彼はインタヴューで語っている。「わたしより仕事が良くできる人はいますか? もしいるなら、すぐにでも“手綱”を渡します」

    その裏にある意味、すなわち「代わりなんかいない」というメッセージは、表面的にはナンセンスと言っていい。テスラを経営できる人物は、たくさんいるだろう。世界の自動車メーカーを見渡してみれば、有能な幹部が何百人といる。しかも多くのメーカーは、テスラより大規模なのに効率的で、収益性が高いのだ。

    深読みすれば、その感情のなかに真実が見えてくる。確かに、もっといいCEOになれる人物はいるかもしれない。だが、「イーロン・マスクの代わり」はいないのだ。彼は単なるCEOではない。多くの人々にとって彼はレジェンド(伝説の人物)なのである。

    テスラの成功が証明したこと
    まずはテスラの物語から始めよう。同社が2003年に創業したとき、自動車のセールスマンは燃費が5km/?の巨大なSUV「ハマー H2」にご執心だった。この当時で最も人気の電気自動車(EV)といえば、ゴルフカートだったのだ。米国の自動車産業は新参者には厳しいことで知られており、EVで成功を目指そうというアイデアは嘲笑されるだけだった。

    それからというもの、懐疑的な人々はテスラを過去の大失敗した新規参入メーカーと同じように葬り去ろうと手ぐすねを引いていた。例えば、タッカーやデロリアン、フィスカーといったメーカーだ。

    だが、マスクはこうした連中をものともしなかった。彼はEVの量産を実現し、しかも自動運転技術まで搭載した。しかも充電インフラを自ら構築し、簡単に充電できる環境もつくった。

    しかし最も重要なのは、EVを人々の羨望の対象にしたことである。テスラのクルマを所有することはステータスシンボルになったのだ。いまでは約40万人が、「モデル3」を購入するための順番待ちリストに載っている。

    ゼネラルモーターズ(GM)やクライスラーでなくても米国で自動車メーカーになれることを、テスラは証明した。そしてBMWやメルセデス・ベンツ、レクサスでなくても、米国の人々を魅了する高級車をつくれることも。

    好意的な評価が一転
    テスラと並行して、マスクはスペースXも経営していた。彼のリーダーシップの下で同社は商業用ロケットの事業に参入し、ボーイングのような航空宇宙産業における巨人に挑むまでになった。

    マスクは火星への入植を約束した。さらに“副業”として次世代交通システムのハイパーループの実現に動き、人工知能(AI)にも進出して、シカゴでは地下トンネルを掘る契約を獲得した。

    そしてここにいたるまでずっと、世界中の多くの人々が彼を応援した。マスクは雑誌の表紙を飾り、彼にインスピレーションを受けた歌まで登場した。さまざまなトークショーに出演し、「シンプソンズ」と「サウスパーク」にまで登場し、有名なゴシップメディアの見出しにも名前が載った。

    確かに彼は相当に強いエゴをもっていて、彼のことを疑ったり嫌悪したりする人々を見下す悪い癖がある。しかし、一般の人々は寛容にも、規模が大きく大胆なアイデアを提案して実現する優れた手腕ゆえに、そんな小さな“罪”を許した。

    しかしこの1年で、こうした好意的な流れが変わり始めた。大部分はマスクのビジネスが苦境に陥ったことに起因している。すなわち、35,000ドル(約390万円)からという“手頃な価格”を売りにしたモデル3の量産である。

    テスラはモデル3の投入によって、多くの人々のクリーンな運転体験をもたらし、株主に利益をもたらすことを、長い間ずっと約束してきた。それが実現できて初めて、テスラは「真の自動車メーカー」になったと言えるからだ。

    いつも通り、マスクは野心的な目標と期限を設定した。そしていつも通り、彼は守れなかった。しかも、何度も同じことを繰り返したのだ。

    投資家はこれに慣れていた。しかし、テスラの将来はモデル3の将来に左右される。その生産工程が幾度となく暗礁に乗り上げたこともあり、明らかにプレッシャーを強まっていった。
    引用記事:https://wired.jp/2018/08/22/elon-musk-tesla-tweets-struggles/
    d8871d3d066fa8482196cc06302cad73



    関連記事


    1: 高低差速報
    “これについては、最近の2~3年間、ややステルスだった”、と今日(米国時間8/1)の決算報告でElon Muskは述べた。“でもそろそろ、猫を袋から出してよいころだろう”。

    その猫とは: ‘Teslaコンピューター’だ。“Hardware 3”とも呼ばれるそれは、Tesla製のハードウェアで、Model S, X, そして3に搭載され、これらの車の自動運転能力を大きく前進させる。

    Teslaはこれまで、NvidiaのDriveプラットホームに頼ってきた。なぜ、今、それを変えるのか?

    Teslaによると、内製することによって同社独自のニーズにフォーカスでき、効率をアップできる。

    “自分でやることの利点は、自分のニューラルネットワークについて、今後のことも含め、いちばんよく知ってるのは自分だ、ということ”、とHardware 3プロジェクトのディレクターPete Bannonは語る。そのBannonによると、ハードウェアのアップグレードは来年始まる。

    Elonが言葉を足す: “重要なのは、ニューラルネットワークを、基本的なベアメタルのレベルで動かすことだ。そういう計算は、回路本体の中で行なう。エミュレーションモードなどでは、だめだ。それなら、GPUやCPUの仕事だ。大量の計算をするために、メモリーが必要になる”。

    Elonが語るその最終結果は、相当ドラマチックだ。TeslaのコンピュータービジョンのソフトウェアはNvidiaのハードウェアではおよそ200fpsを扱えるが、専用チップなら2000fpsは行ける。しかも、“十分な冗長性とフェイルオーバーを伴ってね”。

    また、AIアナリストのJames Wangによると、Teslaが自分の未来を自分自身でコントロールできるようになる:

    内製することによって、重要なチップを完全に自分のニーズに合わせられる。なにかアップグレードが必要になっても、ハードウェア屋さんが対応するのを待たずに、自分ですぐに直せる。もちろんそれは、簡単にできる仕事ではないが、採算内で完成すればその経営効果は大きい。Elonは経費について、現在のそのほかのハードウェアと同じだ、と言っている。

    既存のTeslaに載せる件については、Elon曰く、“コンピューターを容易に交換できるように作ってある。だから、単純に差し替えるだけだ。古いのを抜いて、新しいのを差し込む。コネクターの互換性は、完璧だ”。
    https://jp.techcrunch.com/2018/08/02/2018-08-01-tesla-is-building-its-own-ai-chips-for-self-driving-cars/

    9




    関連記事


    1: 高低差速報
    マスク氏がメールに記した、生産性を上げるための7つのアドバイスを同氏の言葉で紹介する。\

    大規模な会議は、時間の無駄
    「会議のやり過ぎは大企業をダメにし、ほぼ例外なく、時間とともにひどくなる。参加者全員にとって有意義だと確信が持てない限り、大規模な会議は撤廃しよう。どうしても開く場合は、手短に済ませるように」

    差し迫った問題がない限り、頻繁に会議を開かない
    「喫緊の問題に対処している場合を除き、頻繁に会議を開くのはやめよう。会議の頻度は、緊急の問題が解決し次第、直ちに減らすべきだ」

    会議にいる必要性がなければ、退席しよう
    「自分が会議に付加価値を与えていないと分かったら、すぐに退席しよう。途中退席は失礼ではない。人を会議に付き合わせ、時間を無駄にさせることこそ失礼だ」

    わかりにくい専門用語は避けよう
    「テスラ社内の物、ソフトウエア、プロセスについて、アクロニム(複数の単語の頭文字を取って作る頭字語)やよく分からない単語を使うのはやめよう。わざわざ説明を必要とするようなものは、一般的に円滑なコミュニケーションの妨げになる。テスラでは、用語集を覚えなければ仕事にならないという状況は、望ましくない」

    階級構造によって、効率を落としてはいけない
    「コミュニケーションは、『指揮系統』通りではなく、目標を達成するための最短経路で行うべきだ。指揮系統通りのコミュニケーションを強要しようとする管理職に、ここに居場所はない」

    誰かと話し合いたい場合は、直接そうしよう
    「問題の主な原因として、部署間のコミュニケーションの乏しさがある。これを解決するには、情報が全役職、全部署間で自由に流れるようにすることだ。部署間で何かを成し遂げようとするとき、担当者がマネジャーに話し、マネジャーがディレクターに話し、ディレクターがVPに話し、VPが別の部署のVPに話し、そのVPがディレクターに話し、ディレクターがマネジャーに話し、マネジャーが実際の担当者に話さなければならないとしたら、非常にばかげたことが起こるだろう。担当者同士が直接話し合って、正しいことを実現することが認められなくてはならない」

    くだらないルールに従って、時間を無駄にしてはいけない
    「原則として、常に常識に沿って行動しよう。特定の状況下で『会社の規則』に従うことが『ディルバート(Dilbert)(注:管理的な会社を皮肉った漫画)』の題材になるくらい明らかにばかげているなら、規則自体が変わるべきだ」


    引用記事:https://www.businessinsider.jp/post-165996


    5b234f6039a37e2b455e337b8421aa5688a098e4_2880x1620

    関連記事


    1: 高低差速報
    引用記事:http://news.livedoor.com/article/detail/14492861/

    テスラは昨年8月、総額18億ドルの普通社債を発行した。だが、社債の発行は非常に大きな誤りだった。発行時には5.3%だった利回り
    は、6.65%に上昇している。2013年に発行し、今年6月が償還期限となる転換社債は利率が1.5%、転換価額は124ドルだ。盲目的に同社
    を信じる人が多数に上るテスラはなぜ、転換社債の発行を続けないのだろうか。

    考えられる唯一の合理的な理由は、同社の筆頭株主であるマスクが、株式の希薄化を望んでいないということだ。だが、テスラはすぐ
    にも、株式市場で追加的な措置を講じる必要がある。株価の下落により、同社が適切な金額を調達するために必要な発行株数は、
    1か月前より多くなっている。これは、同社株のさらなる希薄化を意味する。
    テスラにとって、これは悪循環だ。だが、少なくとも20億ドルを調達することができなければ、来年には債務の返済が不可能になるだろう。

    つまり、時間はテスラとマスクにとって、最も重要な点だ。マスクは男のプライドを飲み込み、株価が下落することにはなっても、
    株式を発行する必要がある。向こう3か月の間に資金を調達できなければ、同社がビジネスパートナーに対し、自らが存続可能な企業であると納得させることは一層難しくなるだろう。
    japan-test-drives-hero



    関連記事


    1: 高低差速報
    イーロン・マスク氏率いる宇宙企業スペースXが、またもや快挙を成し遂げた。
     2018年2月7日(日本時間)、同社は新型ロケット「ファルコン・ヘヴィ」を打ち上げた。“ヘヴィ”の名のとおり、世界最大級の巨体をもつロケットは、のっそりと発射台を飛び立ったあと、宇宙へ向けてぐんぐん加速した。

     そして、搭載していたマスク氏の愛車テスラ・ロードスターを、火星の軌道を越えるほど遠くまで飛ぶ軌道に投入。テスラ・ロードスターは今後、数万年にわたって太陽を回り続ける“人工惑星”となった(テスラ・ロードスターが宇宙へ打ち上げられることになった背景については 参照『火星に電動スポーツカーを打ち上げる!? “イーロン・マスクの奇妙な冒険”はどこまで本気?』)。

     このファルコン・ヘヴィは、いったいどんな実力をもったロケットなのだろうか。そしてマスク氏は、この超大型ロケットでいったいなにをしようとしているのだろうか。

    現役ロケットの中で世界一の打ち上げ能力、なのに安い
     ファルコン・ヘヴィの最大の特長は、現役のロケットの中で、最も打ち上げ能力が大きいということである。

     たとえば、国際宇宙ステーションなどが回っている地球低軌道には最大63.8トンもの打ち上げ能力をもつ。ちなみに日本最大のロケットであるH-IIBの打ち上げ能力は約16.5トンなので約4倍。また、これまで世界最強の打ち上げ能力をもっていた、米国の「デルタIVヘヴィ」ロケットと比べても、3倍近くも大きい。

     この強大な打ち上げ能力をもってすれば、基本的にはどんな衛星や探査機で打ち上げることができる。
    たとえば規格外の大きさをもつ人工衛星を打ち上げることはもちろん、有人宇宙船を月に飛ばすこともできるし、火星や冥王星といった他の天体に、大型の探査機を飛ばすことだってできる。

    引用記事:https://hbol.jp/160450
    no title



    関連記事


    1: 高低差速報

    Apple前CEO、スティーブ・ジョブズはやっぱり変わっている

    スティーブ・ジョブズの風変わりな食習慣は有名です。NBC Newsが紹介しているWalter Isaacson氏の伝記によれば、ジョブズはニンジンやリンゴなど、1種類か2種類の食べものだけを何週間も食べ続けることがあったそうです。また、ビーガン(完全菜食主義者)となることもありました。フルーツ、ナッツ、種、野菜、穀物だけを食べて、動物性食品は一切口にしなかったそうです。

    TeslaのCEO、イーロン・マスクのランチは5分だけ

    イーロン・マスクは2014年のAUTO BILDのインタビューで「ランチはたいていミーティング中に5分で済ます」と答えています。自分でも悪い習慣だと思うけどね、と苦笑いしていました。

    VOGUE編集長アナ・ウィンターは高タンパク主義

    『プラダを着た悪魔』に登場する鬼編集長のモデルとなったといわれているアナ・ウィンター氏。LDNfashionによれば、彼女は毎日高タンパクの食事を摂っているそうです。ランチはたいていステーキか、ハンバーガーのバンズ抜きだとか。また、雑誌「Harpers & Queen」時代の同僚によると、ウィンター氏はランチは食事抜きか、スクランブルエッグとスモークサーモンしか食べなかったそうです。

    引用記事:https://www.lifehacker.jp/2017/10/171010
    -what-do-sucessful-people-and-famous-ceo-eat-for-lunch.html


    jobs_musk



    関連記事


    1: 高低差速報
    米テスラの最高経営責任者(CEO)で、起業家のイーロン・マスク氏がロサンゼルス近郊で始めた地下トンネルの建設工事が話題を呼んでいる。掘削速度を従来の10倍、コストを10分の1にするという壮大な構想を打ち出したためだ。マスク氏は「誰も成功すると思っていないからやりやすい」と冗談を飛ばすが、その裏にはもちろん高い技術と緻密な戦略がある。
    引用記事:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23835740T21C17A1000000/
    170329-GettyImages-506802690-1024x683




    関連記事

    このページのトップヘ