高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    ゴールドマン・サックス


    1: 高低差速報
    仮想通貨に対し、ウォール街の有力企業の少なくとも1社は安心感を強めているもようだ。

    米ゴールドマン・サックス・グループは、ビットコインなど仮想通貨の値付けを行う
    トレーディングデスクを設置する。同社の戦略に詳しい複数の関係者が明らかにした。
    来年6月末までに業務を開始することを目指していると、関係者2人は説明した。
    別の関係者によれば、同行は安全性や、こうした資産をどのように保有・保管するか
    などの問題の解決に取り組んでいる。

    主要なウォール街企業が仮想通貨の値付けを行うのは初めてとなる。
    仮想通貨は激しい値動きで注目を集めてきたが、金融機関は関与に慎重だった。
    ゴールドマンは、CBOEグローバル・マーケッツとCMEグループが提供を始めた
    ビットコイン先物の決済を手掛ける数少ない主要金融機関の1社。
    シティグループやバンク・オブ・アメリカなどは様子見姿勢を取っている。

    関係者1人によると、ゴールドマンはニューヨークにチームを編成中。
    仮想通貨のトレーディングデスクをどこに置くかは決めていないが、
    債券・通貨・商品部門の電子取引を行う課の中に置くことが可能性の一つという。
    引用記事:https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-12-21/P1BYMQ6S972A01


    BTC


    関連記事



    1高低差速報
    https://www.technologyreview.jp/s/24542/as-goldman-embraces-automation-even-the-masters-of-the-universe-are-threatened/
    世界最大級の投資銀行ゴールドマン・サックスは金融取引の自動化を進め、全社員の3分の1がエンジニアになった。
    2000年には600人いたニューヨーク本社の株式トレーダーは、今では2人しかいない。


    ニューヨークにあるゴールドマン・サックス本社の米国株の取引部門には、最盛期の2000年に600人のトレーダーが在籍し、
    大口顧客の投資銀行の注文に応じ、株を売買していた。現在、この部門にはたった2人しか残っていない。

    (続きはサイトで)



    gs-en-brasil-800x400

     
    関連記事

    このページのトップヘ