高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    サービス


    1高低差速報
    http://irorio.jp/nagasawamaki/20170301/389040/

    ヤマト運輸が一部「時間指定」の廃止などを検討していることがわかり、注目が集まっている。
    ヤマト運輸が「配達時間指定」等を見直しへ
    ヤマト運輸が宅配サービスを根本的に見直す方針を固めたという。

    NHKの報道によると、比較的利用が少ない「正午~午後2時までの時間指定廃止」や、現在は午後9時までとなっている「夜間配達時間帯の変更」などを検討。
    日経新聞は「夜間時間指定を現在の“午後8時~午後9時”から“午後7時~午後9時”に幅を広げる案」や「夜間の時間指定を廃止する案」があると報じている。



    ヤマト運輸4

    関連記事


    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    既に音楽ファンのみなさんはご存じだろうと思いますが、楽曲のデータを受信しながら同時再生する
    定額制のストリーミング型音楽聞き放題サービスの世界最大手で、
    2008年からサービスを開始したスポティファイ(本社・スウェーデン https://www.spotify.com/)が今年9月29日から遂に日本でもサービスを始めました。

     4年前、2012年2月26日付の本コラム「1500万曲タダで聴き放題! 北欧生まれの音楽配信サービス『スポティファイ』日本上陸間近」

     でご紹介したように、この年から日本版の先行登録の受け付けを開始しましたが
    「成功を確実にするための4年間の入念な準備」(スポティファイ側)を経て、ようやく日本でのサービスをスタートさせました。
     というわけで、いまや世界中どこでも、音楽といえばパソコンやスマートフォンを使い、
    スポティファイのようなサービスで楽しむか、ユーチューブでタダ見・タダ聞きするのが主流になってしまいました。

     もはやCDは過去の遺物。かつて一世を風靡(ふうび)した米アップルの有料音楽配信サービス、
    iTunes(アイチューンズ)のような1曲ごとのダウンロード購入すら、すっかり時代遅れ……。

     科学技術の進化速度の凄まじい早さにあぜんとしてしまうのですが、ここでみなさん、ちょっと考えてみましょう。
    CDが過去の遺物になり、音楽の楽しみ方が全てウェブ上で完結するような味気ないものになってしまったのはなぜでしょう?。

     その答えはひとつしかありません。誰かがウェブ上にタダで音楽を垂れ流したからです。
    この忌まわしい海賊行為が全ての元凶なのですが、では一体、そいつはどこの誰で、いつからそんなことになったのでしょうか?
     この素朴かつ難解な疑問に答える強力に面白い1冊が登場したのです。
    「誰が音楽をタダにした?」(スティーヴン・ウィット著、関美和訳、早川書房、2300円+税 http://www.hayakawa-online.co.jp/shopdetail/000000013326/)。
    今週の本コラムでは、このあまりにも面白過ぎる書籍についてご紹介したいと思います。

    (続きはサイトで)
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1610/25/news060.html
    関連記事

    2ちゃんねるのコメント


    1:
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1605/06/news102.html

    「Apple Music」を使っていたら自分で作曲したオリジナル曲を含む122GB分の楽曲がHDDから削除され、
    米Appleのサポートに相談したところ、サービスを使わないのが最善の方法だと言われた──。
    米アトランタ在住のジェームズ・ピンクストーン氏(リンク先は同氏のLinkedIn)が5月4日(現地時間)、このようなブログを投稿した。

    ピンクストーン氏によると、Apple Musicにサインアップした際、iTunesが同氏のノートPCに保存してある大量の
    MP3やWAVフォーマットの楽曲コレクションをチェックしてクラウド上の(Appleが)マッチすると判断した楽曲と照合し、
    ノートPC上のオリジナルを削除したという。同氏が作曲したオリジナル曲もiCloudにコピーされた後、ノートPCから削除されたという。

     さらに、Appleがマッチするとして置き換えた多数の楽曲は実際には同じものではなく、例えば希少なライブ音源がスタジオ録音の楽曲になってしまったり、オリジナル曲がカバー曲に変わってしまったりしたという。

    ピンクストーン氏はこの“事故”の1週間前に楽曲のバックアップをとっていたため、永久に失われることはなかったが、
    「私の言うことを理解する担当者にいきつくまでに3人にたらいまわしにされ、理解した担当者のアドバイスが“製品を使うな”だった」と憤慨している。
    (続きはサイトで)


    apple-music


    関連記事
     






    ベッキーついにブチ切れた!ゲス川谷に鉄槌


    早稲田大学サークル「SOPHIE」、居酒屋での非常識なトラブルで炎上・・・(画像あり)

    民進党・山尾議員のコーヒー代がすごい額になってるんだがwwwww

    マクドナルドのヤバい映像

    “ヤバすぎる”日本三大奇書とは?

    硫酸のパワーすげえ!が良く分かる面白実験。わずか3分でこんなになっちゃうのか。

    【朗報】またやったぜ日本!折りたたみスマホの開発に成功!!!

    Wi-Fiただ乗りしてる隣人を晒し上げたいんだけど

    入社式で結構可愛い女が泣かされててワロタwwwwwwwww

    韓国人「日本のツイッターで拡散している韓国の画像をご覧ください」

    参照記事 : http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/bizplus/1462584627/



    このページのトップヘ