高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    ジェフ・ベゾス


    1: 高低差速報
     米Amazon.comや米Blue Originの創業者で実業家のジェフ・ベゾス氏は9月13日(現地時間)、妻のマッケンジーさんとともに20億ドル規模の慈善ファンド「Bezos Day One Fund」を立ち上げたと、公式Twitterアカウントで発表した。

     このファンドは、ホームレス支援と教育の2つの課題にフォーカスする。「Day 1 Families Fund」は、ホームレス支援団体などを支援し、「Day 1 Academies Fund」は「モンテッソーリ教育」方式を採用する高品質で無料の幼稚園網を創立する。

     この幼稚園はベゾス氏が直接運営する。Amazon経営と同じ方針、つまり顧客第一思想で運営するという。幼稚園の場合の顧客は園児たちだ。同氏はイェーツの「教育とはバケツを水でいっぱいにすることではなく、火をともすことだ」という言葉を引用し、「子どもにとって早期に火をともすことは大きな助けになる」と語る。
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1809/14/news067.html
    170807jeffbezos-w960



    関連記事


    1: 高低差速報
    アマゾンの創業者ジェフ・ベゾス氏が、巨大な機械式時計を組み立てる様子を撮影した動画を公開した。この時計は人間の介入なしに「1万年」稼働するという。
    時計の高さは153メートル。ベゾス氏は同プロジェクトに自身の資金4200万ドルを投資した。
    なお時計は秒、分、時間、さらに日も表示しない。その代り1年に1度音を鳴らす。毎回異なるメロディーが演奏されるという。
    ​プロジェクトの作成者は、この時計が動いている間に地球では存在するすべての文明が崩壊し、我々が慣れ親しんでいる時間の分類はなくなると考えている。

    引用記事:https://jp.sputniknews.com/science/201802224604727/
    https://www.youtube.com/watch?v=-9u0s0_Esd0




    関連記事


    1: 高低差速報
    アマゾン・ベゾスCEO、株高で資産世界一 10兆円

     【シリコンバレー=中西豊紀】米アマゾン・ドット・コムの株価上昇を受け、同社のジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)が初めて世界一の長者になった。米経済誌フォーブスの調査で27日、明らかになった。
    アマゾンは時価総額で5000億ドル(約56兆円)を達成したばかり。積み上がった個人資産をベゾス氏がどう生かすかにも注目が集まっている。

     フォーブスが即時集計している長者番付で米国時間の27日朝、ベゾス氏の…

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN27H3O_X20C17A7000000/?dg=1&nf=1




    4ef7a41f32f7c17fc10149be5038e31c

    関連記事


    1: 高低差速報
    かつて国内ネット通販の二大巨頭として激しい勢力争いを繰り広げてきたアマゾンと楽天に、決定的な違いが生じつつある。次々と新しいサービスを繰り出すアマゾンに対して、楽天は具体策を打ち出せない状況が続いている。アマゾンと楽天は何が違ったのか、今後、楽天に復活の可能性はあるのかについて探った。

    「楽天ポイント」に頼りすぎ

    楽天の2016年12月期決算は、営業利益が前年比17.6%減の739億円と2期連続の減益となった。売上高は9.6%増だが、主力のEC事業で販促費用がかさみ利益を圧迫した。減益要因のひとつといわれているのが、同社が2016年1月からスタートさせた「楽天スーパーポイントアッププログラム(SPU)」である。

    これは楽天市場におけるポイント制度を大幅に拡充した新しいキャンペーンである。通常、楽天市場では商品を購入すると100円あたり1ポイントが付与される仕組みになっている。貯まったポイントは商品の購入などに使うことができるので、ポイント制度の存在は顧客の囲い込みにつながる。

    楽天では、こうした通常ポイントに加え、楽天カードを利用すると追加でポイントを付与したり、期間限定でポイントが数倍になったりするキャンペーンを、随時行なっている。今回、実施されたSPUはこれをさらに拡充したものである。

    注文をアプリ経由にする、プレミアムカードを利用する、電話サービスの楽天モバイルに加入するなど、あらかじめ決められた条件を満たすと、通常ポイントの比較で最大7倍のポイントをゲットできるというものだ。

    ポイントは最終的には商品と交換できるので、このキャンペーンは事実上の値下げということになる。このため楽天では、キャンペーン実施のために、かなりの予算を確保する必要に迫られ、これが営業利益を押し下げた。

    同社の国内EC事業の売上高は3112億円と前期比9.3%と大きく伸びたが、同部門の営業利益は775億円と20%近くのマイナスとなっている。営業利益の減少分が販促活動に回ったと考えていいだろう。

    つまり楽天は、国内のEC事業を伸ばすため、コストをかけて販促活動を行ったわけだが、EC事業での売上高を確保するため、消耗戦を行ったと解釈することもできる。楽天がここまで必タヒになっているのは、当然のことだが、アマゾンの追い上げが激しくなっていることが要因である。

    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52002
    141215_amaraku_top



    関連記事


    1高低差速報

     一方でIBMのクラウド分野のライバルとして立ちはだかったアマゾン・ドット・コムの創業者ジェフ・ベゾス氏を称賛し、投資してこなかったことを悔やんだ。「人に質問をするなどいろんな方法で自分の幅を広げることができたはずだ。(アマゾンなどへの投資機会を逃し)失敗した」と述べた。

     バフェット氏とともに壇上で質問に答えていた盟友のチャーリー・マンガー副会長も「我々はグーグルを理解できるほど賢いはずだった」とグーグルの親会社アルファベットへの投資をしていないことに悔しさもにじませた。

     バフェット氏は「企業が大きく稼ぎ成長するには投資が必要だったが、今や大規模な資本は必要ない」と指摘。IT業界への投資尺度は「(従来と)全く違う世界だ」と述べていた。同氏の今後のハイテク分野への投資には一段と注目が集まりそうだ。

     バフェット氏は86歳と高齢ながら、時折好物のチェリーコークに手を伸ばし6時間近い長丁場を取り仕切った。
    http://www.nikkei.com/article/DGXLNSE2INK01_X00C17A5000000/?dg=1&nf=1





    buffett
    関連記事


    1高低差速報
    カギは「ボーン・グローバル」にあり

    では、どうすれば日本からビル・ゲイツやジェフ・ベゾスのような世界的起業家が生まれるようになるのか。もちろん簡単に説明できることではないのですが、世界の経営学で近年注目されている視点に、「ボーン・グローバル」(born-global)というものがあるので、それを使って私なりの視点を解説しましょう。

    「ボーン・グローバル」とは、創業間もない段階からグローバルで展開することを目指し、事業戦略を設計するスタートアップ企業や起業家のことです。インディアナ大学のパトリシア・マクドゥーガル教授などを中心に、経営学ではここ20年間ほど注目されている分野です。

    例えば、アマゾンやフェイスブックは早々に新興国でのビジネスに打って出るなど、早い段階からグローバル規模で事業を展開してきました。最近ならウーバーやエアビーアンドビーもそうでしょう。こう言った企業は、そもそも前提にしているマーケットがグローバルなので、ビジネスモデルが「はまれば」、会社が一気に成長し、資産総額も増えて行きます。

    現時点でボーン・グローバル企業・起業家が生まれやすいのはアメリカのはずです。米国市場で成功することは、そのままグローバル市場での成功につながりやすいからです。アメリカは英語という世界共通の言語が使われますし、多民族国家ですから世界に広がる人脈を形成しやすい。そして、競争環境が厳しいことで知られています。

    経営学では「レッドクイーン効果」と呼びますが、これは逆に言えば、アメリカで多くのライバルとしのぎを削って勝ち抜けば、それはそのまま世界市場で勝てる競争力につながりやすいのです。

    http://forbesjapan.com/articles/detail/16123




    img_d6a0908025419a05f6b1bf3abe67e8ef36634
    関連記事


    1高低差速報
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170331-00015752-forbes-bus_all

    30日の午後を通じ、ベゾス、オルテガ、ウォーレン・バフェットの資産額の差は1億ドル以内に収まる接戦となり、
    世界長者番付の1位で資産額869億ドル(約9.7兆円)のビル・ゲイツに次ぐポジションを争った。当日の株式市場の
    取引終了後の時点で、ベゾスとバフェットの資産額はともに753億ドル(約8.4兆円)で、タイで2位に並んだ。
    ベゾスが世界の富豪ランキングで2位まで上昇したのは、これが初めてだ。彼の資産額のビル・ゲイツとの差は、今や116億ドルまで縮まった。


     

    washingtonpost-bezos



    関連記事

    このページのトップヘ