高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    ジョコビッチ




    1高低差速報
    ノバク・ジョコビッチ、ベッカー氏とのコーチ契約解消 新興宗教に傾倒し2人に亀裂か
    2017年01月07日 12時25分

    男子テニスのノバク・ジョコビッチがボリス・ベッカー氏とのコーチ契約を解消した
    度々不仲説があり、ジョコビッチは今季途中からベッカー氏を大会に帯同しなくなった
    ジョコは新興宗教の教祖ペペ・イマズ氏に傾倒し、2人の関係に亀裂が生じたという

    https://news.nifty.com/article/sports/tennis/12136-363417/





    org_-e1445074335175

    関連記事

    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    「道具」を大切にしなくても一流になれるか? イチローにあってジョコビッチにないもの

    四球を選ぶイチロー。一塁に走る前にバットを地面に置くのがイチローの「流儀」である



    産経 2016.8.14 15:00
    http://www.sankei.com/premium/news/160814/prm1608140005-n3.html

     史上30人目のメジャー通算3000安打を達成したイチローは
    「道具」を心底、大切にする大リーガーである。
    野球の本場・米国でもその姿勢は尊敬の眼差しでみられている。
    「野球の上達には、道具を大切にすることが近道」。
    日米を代表する大打者・イチローの忠告とは裏腹に、
    感情の高ぶりを抑えきれずに道具を粗末に扱うトップアスリートもいる。
    皮肉なことに、道具を大切にしなくても
    世界の頂点に立つことは可能である。
    イチローの道具論は果たして偏狭な精神論なのか?

     ■怒りはなぜか道具に向かう

     野球やテニス、ゴルフといった球技には、ボールを操る道具がある。
    勝負を分ける“分身”のような存在だが、
    道具とのかかわりは選手ごとに異なる。

     男子テニス界で何年にもわたって世界1位を維持する
    ノバク・ジョコビッチ(セルビア)は冷静沈着な風貌には似合わず、
    感情の起伏が激しい。
    王者らしからぬ自らの凡ミスに苛立ち、ラケットを放り投げ、
    ときに地面にたたきつけて破壊する。
    何の罪もないボールボーイに険しい態度で接することもある。
    ファンもジョコビッチの傍若無人ともいえる行為を受け入れているのか、
    執拗なブーイングは起きない。

     ゴルフでは元世界ランク1位のロリー・マキロイ(北アイルランド)も
    ラウンド中、感情を制御できなくなることがある。
    昨年、キャデラック選手権のラウンド中、
    アイアンを池に投げ捨てるという“事件”があった。
    ミスを受け入れることができずにクラブに八つ当たりしたのである。

     ゴルファーは概して、ミスショットをクラブのせいにしたがる。
    他人のクラブを使うといいショットが打てるが、
    同じクラブを自分で買って打つと、
    借りたときのようにはいかなくなるという俗説がある。
    理由は、他人のクラブで打つと、
    傷つけてはならないと大事に使おうとコンパクトに振るからだという。
    ゴルフに限らず、道具には目に見えない心理的効果があるようだ。

     映画「ティン・カップ」に登場する主人公は
    ラウンド中にキャディーと対立し、
    12本のクラブを怒りのなすまま折り、
    最後は7番アイアンだけでプレー、予想外の好スコアを出した。
    映画の話とはいえ、ゴルフは1本のクラブでもプレーでき、
    意外とスコアがまとまる。
    余談だが、ゴルフのルールでは他人のクラブを使用すると
    2打罰のペナルティーを受けるが、クラブをへし折っても罰を受けない。
    どちらかといえば後者の方が悪質に見えるのだが…。

     ■イチローの心を理解できるか

     イチローの影響からか、
    道具を大切にする心はメジャーリーガーの間にも浸透し始めている。
    イチローが3000本の偉業を達成する前のこと、
    イチローの次打者、マーティン・プラドが四球で歩いた際、
    バットを丁寧に置くシーンが中継で映し出された。
    まるで日本からやってきた42歳のサムライの所作を
    再現しているかのような振る舞いだった。
    道具を大切にすることは、競技と謙虚に向き合っている証しであろう。

     プロゴルファーの青木功もそうだが、
    道具を大切にする一流選手は概して現役生活が長い。
    道具を粗末に扱うことは、もう一人の自分を傷つける行為にほかならない。
    29歳のジョコビッチや27歳のマキロイに
    往年の勢いが感じられなくなっているのは年齢の問題もさることながら、
    競技への向き合い方に要因があるといったら言い過ぎか。
    関連記事







    windows10のデフォルト設定怖すぎわろたwww


    磯山さやかに実況やらせてたフジテレビwwwww

    日給6,800円の肉体労働を働いてきた結果、晩飯が・・・

    【驚愕】二週間炭水化物抜いてみたらwww

    暇だからベトナム旅行した時の写真うpしてみる

    【画像あり】Facebookで3000万人が見たポケモンGOの風刺画がこちらです

    おもしろい化学のgif見せたろか?(GIF動画画像あり)

    【悲報】おのののかの見下し発言に視聴者の不快感が限界超え

    韓国人「EU”世界最高の革新国家は韓国”…米国、日本、EUよりも上」

    鷲見玲奈アナ、ヤクルト山田哲人と交際中だった。

    参照記事 : http://2ch.sc/



    このページのトップヘ