高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    スターバックス


    1: 高低差速報
    スターバックスは国内でもっとも店舗数が多いカフェチェーンだ。その数は、約1340店。店が多くなれば、接客レベルもバラつくはずだが、スタバの接客には定評がある。なぜ社員からアルバイトまで、「意識の高さ」が徹底されているのか。プレジデントオンラインでは、スタッフがコーヒーの知識と接客技術を競う「コーヒーアンバサダーカップ」に潜入取材。その秘密を探った――。
    引用記事:http://president.jp/articles/-/25052


    270648


    関連記事



    1高低差速報
    3、40分ずっと見てたんだけど、ずっと楽天やアマゾンで商品検索してるだけ
    その間スタバで頼んだは冷コー1杯のみ
    あのさあ、それ喫茶店でやる必要ある? 家でスマホでやれやきっしょ


    que-10160157895


    関連記事



    1高低差速報

    ■あのスタバが債務超過に?

     ところがバランスシートに目を移すと、負債は1000億円を超え、純資産は304億円のマイナス、いわゆる
    「債務超過」状態となっている。254億円の資本金と479億円の利益剰余金を、1038億円の自己株式が
    食いつぶしているからだ。
     上場していた頃のSBJは、「超」がつくほど優良な財務体質を誇った会社だった。無借金で自己資本比率は65%、
    ROEも13%台とバランスシートが強固で美しいだけでなく、稼ぐ力もある会社だった。

     2015年3月の上場廃止後も、稼ぐ力は当時と変わらないどころかさらに上がっているのに、この会社の
    バランスシートをこんな無惨な姿に変えてしまった原因は、米スターバックス本社による完全子会社化に他ならない。

     なお、SBJ側は「債務超過は意図した結果であり、安定した収益計上ができている。完全子会社化の影響ではあるが、
    スターバックス コーヒー ジャパンが中長期的、かつ持続的な成長可能性を実現することができる環境になったと
    理解している」と説明している。
    ※長文のため後略
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170211-00156999-toyo-bus_all





    cached
     
    関連記事


    このページのトップヘ