高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    スティーブ・ジョブズ


    1: 高低差速報
    今となっては考えにくい話ですが、スティーブ・ジョブズ氏は当初、Apple独自のスマートフォンをリリースすることに前向きではありませんでした。当時Appleの事業の中核であった、iPodの売れ行きが鈍ることを恐れていたのです。
    オタク以外にはウケないと考えていたジョブズ氏

    iPhone誕生にまつわる物語を明かしているのは、6月20日に発売予定のブライアン・マーチャント氏による「The One Device: The Secret History of the iPhone(たった1つのデバイス:iPhoneの知られざる歴史)」という書籍です。

    スマートフォン業界はiPhoneを中心に周っていると言っても過言ではないほど、爆発的な売れ行きをみせている同端末ですが、この書籍によると、スティーブ・ジョブズ氏は当初、Apple製のスマートフォンがここまで売れると思っていなかったようです。

    「彼はスマートフォンが、我々が呼んでいたところの『ポケットプロテクターたち(=オタク)』以外に行き渡るとは考えていなかった」と語るのはAppleの元幹部です。またジョブズ氏は、iPodの売り上げを自社開発のスマートフォンが潰しかねないことについても恐れていたそうです。「iPodの父」として知られるトニー・ファデル氏も「当時の我々の考えはこうだった――iPodを侵食することはできない。なぜならiPodは売れているからだ」と述懐します。

    さらに当時は、VerizonやAT&Tといったキャリアが絶対的な発言権を持っており、「携帯はこうでなくちゃならない」という彼らの意見に、メーカー側は粛々と従わざるを得ない状況でした。事実、「エンドユーザーにたどり着くことが難しいのが、スマートフォンの問題だ」と、2005年にスティーブ・ジョブズ氏も認めています。
    Motorolaとの業務提携という苦肉の策

    そこでAppleが考えだしたのが、Motorolaと業務提携することで、iTunesを搭載した携帯端末をMotorolaに販売させるというものでした。こうすることで、iPodへの脅威を削ぐことができる、と考えたのです。
    no title


    しかし最終的に、AppleはMotorolaとの提携を止め、2007年に独自スマートフォンであるiPhoneをリリースします。確かにジョブズ氏の見立てどおり、iPhoneの売れ行きと反比例するように、iPodは衰退していきましたが、iPodの売り上げ減によって失った分以上を、iPhoneで取り返したことは言うまでもありません。
    iPhoneで家庭が犠牲になった社員が多数

    ブライアン・マーチャント氏の書籍については、先述したトニー・ファデル氏や、Appleの副社長を務めるフィリップ・シラー氏などから、記述が正確でないという指摘も受けていますが、Appleの舞台裏をうかがい知ることができるだけでもワクワクさせられますね。

    なお、この他にも書籍では、社運を賭けたプロジェクトであるiPhoneの開発に心血を注ぐがあまり、家庭が犠牲となり、離婚する羽目になった社員が複数いたことなども明かされています。
    http://iphone-mania.jp/news-172246/

    170603_jobs-w960



    関連記事


    1: 高低差速報
    アメリカ「ふむふむとりあえず見てみよう
    なるほどこれは確かに面白いな
    お金は出すからやってみてくれ」


    ジョブズ「やったぜ」


    ジョブズってアメリカに生まれてなかったらこうなってそうだよな

    あいつ実力主義者過ぎてペコペコすんの嫌いそうだし
    original





    関連記事


    1高低差速報
    怠けなくなったし不安なんか吹き飛んだ
    本当に必要なことを全力でするようになったし小さいことに感謝するようになった
    人生最後の日がきょうだったとしたら君なら何を考え何をする



     kouteisasokuhou
    関連記事


    1高低差速報
    http://gigazine.net/news/20170118-tim-cook-made-apple-boring/

    スティーブ・ジョブズは革新的なアイデアをさまざまな製品として世に送り出し、Appleという会社を世界有数の
    企業へと発展させましたが、ティム・クックCEOに替わってから「Appleは退屈な運営の会社になった」と元従業員が話しています。

    Tim Cook made Apple 'boring operations company' - former engineer
    http://www.cnbc.com/2017/01/17/tim-cook-made-apple-boring-operations-company--former-engineer.html

    スティーブ・ジョブズが存命だったころの2007年からAppleで働いていた経験を持つバロウ氏は、
    「当時のAppleという組織は西部の開拓時代のようでした。私はマネージャーとして雇用されましたが、
    最初の2年間はマネージャーとしての管理業務は行っておらず、複数の開発プロジェクトに携わっていました」とCNBCに語っています。
    当時のAppleの最優先事項は「組織」ではなく「プロジェクト」であり、役割や肩書きなどに関わらず、
    それぞれが可能な限り解決できるあらゆる問題に取り組んでいたそうです。バロウ氏は「まさに野生状態でしたが、
    自分のしたことの全てが最大限に製品に反映されるため、とてもやりがいを感じていたのも事実です」と話しています


    現在はヒューレット・パッカードの子会社・Palmで働くバロウ氏は、
    「Palmのチームはとても組織的で、働く上で自分の属する部署以外に対する責任を負う必要はありません。
    それぞれが自分の持つ責任を明確に把握しており、わからないことを他部署の人に尋ねても『それは私の仕事ではありません』
    と言われるのが一般的でした」と話します。そしてバロウ氏はティム・クックCEO率いるAppleは大胆さがなくなり、
    Palmと同じような業務になっていると指摘しています。

    2011年からAppleのトップに立ったクックCEOはAppleを経済的に成長させ続けており、2011年に1082億ドル(約12兆2300億円)
    だったAppleの年間売上高は2016年に2157億ドル(約24兆3800億円)と2倍に達しています。一方で、Apple Watchという新製品が出てからも、
    Appleの売上の大部分を占めているのは依然としてiPhoneという状況であり、Appleは自動運転カー、
    テレビ、ビデオ、インターネットなどの分野に多額の投資を行っていますが、イノベーションは起こっていません。
    起業家のスティーブ・ブランク氏は、ティム・クック氏のリーダーシップについて、
    「ビル・ゲイツの後を継いでMicrosoftの売上を3倍にしたスティーブ・バルマーに通じる」と称賛しています。
    しかし、バルマー氏率いるMicrosoftは、Apple・Google・Facebook・Amazonのような企業にモバイル・検索・ソーシャルメディア・クラウドなどの
    分野で主導権を握られるなど、ソフトウェアの支配力を維持できなかったとも言われています。
    バロウ氏はクック氏率いるAppleについて「クックはAppleをダイナミックな変化を起こす『チェンジメーカー』
    から退屈な運営の会社に変えてしまった」とツイートしています。

    また、IoT機器メーカー・Nestの創始者でAppleではトップ・エンジニアとして働いていたトニー・フェデル氏は、
    「当時のAppleには競争というものがなかった。みんなで一緒に最高の解決策を模索すると、スティーブは全部試すように指示していたんだ」
    と話しています。一方でBloombergのマーク・ガーマン氏は「近年のAppleのMac部門は2つ以上のアイデアを競争させるようになってきている。
    『デザイナーとエンジニアがひとつのコンセプトに同時に取り組むべき』という考えの元だ」と話しており、クック氏率いるAppleは賛否両論状態で、
    今後の手腕が期待されます。




    no title
     
    関連記事



    1高低差速報
    http://iphone-mania.jp/news-149505/

    利益を出すのは、あくまでも最高のコンピューターを作るためであって、金儲けが目的化してはいけない――
    故スティーブ・ジョブズ氏による20年近く前のスピーチが、今のAppleに当てはまるのではないかとして注目を集めています。

    一時期Appleが失敗した理由とは
    動画はシアトルで開催されたカンファレンス「CAUSE 98」で撮影されたものです。
    動画のなかでスティーブ・ジョブズ氏は、同氏が追放された後のAppleが失敗した理由として、
    素晴らしい製品を作ることではなく、利益を出すことを第一に考えたからだと熱弁を振るいます。

    Appleに起きたことは、率直に言うと、何年にも渡って……かつて目標は世界で最高のコンピューターを作ることだった。
    これが1つ目の目標だった。で、2つ目は、実際にこれはHewlett-Packard由来なんだが
    (注:ジョブズ氏はインターンシップとして同社で働いていた)、「利益を出さなければいけない」というものだ。
    なぜなら、利益を出せなければ1つ目の目標は達成できないからね。

    そう、だから私たちは利益を出すのが好きだ。でも利益を出す目的は、世界で最高のコンピューター
    を作ることなんだ。いつの間にかどこかで、この2つが逆転してしまった。「目標は儲けまくることで、
    そうだな、もし良さそうなコンピューターを作らなきゃいけないとなったら、まあ金があるからやるよ」って。

    これはとても微妙なんだ。最初は全然分からない。でも、それがすべてだってことが判明する。
    ほんの僅かな逆転に気づくのには5年を要するが、5年も経つとその微妙な逆転がすべてになっている。
    だから我々は再び、あるべきところにあるべきものを配置してきたというわけさ。




    banner_stevejobs


    関連記事


    このページのトップヘ