高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    スポーツ


    1: 高低差速報
    日大DLの選手が、退部の意向であることが分かった。
    日大関係者が15日に明らかにした。
    責任を感じて決意したという。

    関係者は反則が内田正人監督の指示だったとも明かした。
    内田監督は連盟へ10日付で8月末まで現場指導の自粛を申し入れていたことも判明した。

    内田監督は10日に厳重注意処分を受けると、12日の関大戦からベンチ入りは自粛すると伝えていた。

    引用記事:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00209874-nksports-spo
    20180516-00209874-nksports-000-6-view



    関連記事


    1: 高低差速報
    日本帰ってきたけど、猫背で、表情暗い人かなり多いなぁ。 みんな疲れてるんかな。
    姿勢意識するだけでも、思考が変わり、顔の表情変わると思うんやけど。
    俺が時差ぼけでテンション狂ってるだけかな。苦笑 みなさんファイト!

    https://twitter.com/YutoNagatomo5/status/949902487531569152


    7f3c80e274fdb82b8a6a5586a6809c60_400

    関連記事


    1: 高低差速報
    引用記事:https://www.asahi.com/articles/ASKDT63HMKDTPTQP007.html

    全国高校野球選手権大会が第100回を迎える2018年が明けた。
    大リーグでプレーするダルビッシュ有(ゆう)投手(31)が、高校野球への思いを語った。
    球児へ贈るメッセージは、「頑張らない!」。大リーグを代表する右腕が、その言葉に込めた真意とは。

    頑張り過ぎなくていいんです、日本の球児は。何百球の投げ込みとか、何千本の素振りとか、そんなのを頑張っちゃダメなんです。

    母校の東北高では、いわゆる強豪校の練習をみんながしていたけど、僕はしなかった。
    納得がいかない練習は絶対にしたくないと強く思っていたので、ウサギ跳びとかそういう類いの練習は一切しなかった。
    主将になるまで、ほぼ全体練習にも参加しませんでした。

    小さい頃から日本人じゃないような考え方を持っていて、そういうのが当たり前というみんなの常識が、僕の中では常識ではなかった。
    日本ハム入団1年目のキャンプで、2軍監督と面談した時も、「君は何が一番大事なんだ」と聞かれ、「納得がいかない練習だけはしたくない」と答えたくらいです。
    20170901_darvish-560x373



    関連記事


    1: 高低差速報
    「メジャーに来て最初に思ったのは、周りがでかい奴だらけだということ。

    それに対抗しようと、最初は筋肉をつけた。しかし、たった3kg増えただけで、体が全く自由に使えなくなった。

    人間の体は、様々なセンサーを出してくれている。過度な筋肉をつけることは、そのセンサーを○してしまうことに繋がり、それは結果的に怪我につながる。

    結局人間は、生まれ持った”関節”とか”腱”なんかは鍛えられないから、筋肉が大きくなるとそれを支える部位で故障が起きてしまう。

    ライオンやトラはトレーニングなんかしないでしょ(笑)」


    2016080800253_1

    関連記事


    1: 高低差速報

     日本語で、「貯金」「投資」について、持論を次のようにつぶやき、社会に問いかけた。

     「貯金の重要性は理解しているが、僕は貯金反対で実際に生活費に必要なお金以外は全て消費ではなく投資に使う。

     投資とはアスリートで例えるとフィジカルトレーニングみたいなもの。」


    引用記事:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171215-00078125-nksports-socc



    59697f12af33f

    関連記事


    1: 高低差速報
     今回はゴルフ界にとって大きな問題についてお話しします。

     少子化とともに、年々ゴルフ人口が減っていることは皆さんもご存じのことと思います。ある調査によると、
    2016年にゴルフコースで1回以上プレーした人は15年に比べて210万人も少ない550万人だったそうです。
    実に27.6%の減少。ゴルフ人口はピーク時の2分の1以下になった計算です。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23916360W7A121C1000000/



    golf_jou_man


    関連記事


    1: 高低差速報
    日馬富士と貴乃花と相撲の世界について、経済学者が率直に思うこと

    大相撲も、年6場所で1場所あたり15日間。毎日、とは言わないが、年中行われている。
    これをすべて「ガチ○コ」でやったら怪我人が続出し、大相撲もビジネスとして成り立たないのは容易に推量できる。
    筆者は、もちろん「注射」が本当に存在するのかどうか、その実態を知らないが、
    ビジネスとして大相撲を捉えるなら、そうした仕組みがないと継続するのは難しいとも思う。
    引用記事:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53698 


    sumo_torikumi

    関連記事

    このページのトップヘ