高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    スマートフォン


    1: 高低差速報
     日本は技術大国であり、今でも多くの基幹技術を持ってはいるものの、スマートフォン市場においては全く振るわない状況だ。日本国内を見ても、アップル社が優勢で、中国市場では日本メーカーの携帯電話そのものを見かけなくなって久しい。 

     中国メディアの快資訊は7日、日本がスマートフォン市場で成功できない3つの理由について分析した記事を掲載した。記事によると技術では今でも中国より上であるとしており、技術力の問題ではないのだという。

     記事はまず、日本独特の「ガラパゴス化」を指摘した。かつて日本市場では日本の携帯産業が独自の進化を遂げ、高品質の携帯電話を開発し、欧米の海外企業を日本市場から撤退させるの競争力を持っていたが、結果として競争相手がいない環境を作ってしまったと分析。ライバルがいないため良いスマホが作れなかったのだと論じた。

    引用記事:http://news.livedoor.com/article/detail/14698447/
    smartphone



    関連記事


    1: 高低差速報
     Appleは米国時間6月5日、「iPhone」の次期OSとなる「iOS 11」の機能を発表した。その数週間前にはGoogleが「Android O」を披露している。この2つのOSが、実質的に世界のスマートフォンを動かすことになる。では、より優れているのはどちらだろうか?

     結論を言えば、Android Oが優勢だ。

    理由は、Googleの人工知能(AI)──「Google Assistant」から、Wi-Fiのパスワードにカメラを向けただけで自動でWi-Fiの接続設定をするクールな機能まで──だ。

     Appleは停滞しているわけではない。現実世界に仮想の物体を表示する拡張現実(AR)をメインストリームにできれば、同社にも追いつくチャンスがある。

     ただし、以下の点は考慮すべきだ。

    実際に2つのOSを並べて比較してみないことには、どちらがより重要な進歩を本当に遂げたかを知ることはできない(iOS 11は9月に、Android Oは夏にリリースが予想される)。
    AppleもGoogleも、それぞれ次期のiPhoneと「Google Pixel」の発表まで、まだ新機能を隠し持っている可能性がある。
    新機能の幾つかは、iOSあるいはAndroid自体のものではない。
     上記の3点を踏まえた上で、両者の優劣を項目ごとにみていくこととしよう。

    華々しい新機能

    Android O
    動画や「Googleマップ」のナビゲーションなどを小さなサムネイル状にし、他のアプリの操作中も画面の端に表示しておける(「Picture in Picture」と呼ばれる機能)。
    テキストをコピー&ペーストで選択する際、氏名、電話番号、住所、会社名など、種類に応じて選択範囲を自動的に調整し、アクションを予測して提示する(「Smart Text Selection」と呼ばれる機能)。
    Android Oのすべての新機能はこちら。

    iOS 11
    「iMessage」上で「Apple Pay」を使って友だちに支払いができる。
    家にある複数のスピーカで音楽を再生できる。
    iOS 11のすべての新機能はこちら。
     ここでの勝者は、Android Oだ。Picture in PictureとSmart Text Selectionは小さな機能だが、日常での端末利用をより便利にしてくれる。そして、Android端末はiOSと違い、既に端末から複数のスピーカで音楽を再生できるようになっている(Chromecastをサポートしていれば)。

     それでも、iMessageでの個人間(P2P)決済機能の追加は大きい(Android端末にはない機能だ)。

    以下ソース
    https://japan.cnet.com/article/35102490/




    android-vs-ios

    関連記事


    1高低差速報
    PCは、スマートフォンやタブレットが普及した今でも、
    仕事の生産性を大きく左右するデバイスとして重要な存在だ。
    そして2017年には、仕事を取り巻く環境にも変化が予想される。

    果たしてPCはどのように変わっていくのだろうか。

    *+*+ マイナビニュース +*+*
    http://news.mynavi.jp/articles/2017/01/15/pc/ 




    billboard

    関連記事 

    このページのトップヘ