高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    スープ

    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1610/05/news026.html

     毎年、3000~4000軒の新店が誕生する一方で、同じ数の店舗が閉店を余儀なくされる競争の激しいラーメン業界――。
    それぞれの店舗が生き残りをかけ、ラーメンの味に磨きをかける。

     ラーメンを評価する上で、めんと同じくらい重要になるのがスープである。実は、そのスープ作りを代行し、
    ラーメン店に販売している企業がある。業界で初めて「ストレートスープ」と呼ばれる業務用スープを開発したクックピットだ。

     近年、同社のスープを購入するラーメン店が増えている。創業時の2006年は33店舗だったが、
    今年は1000店舗を超える勢いだという。一体なぜか。同社の本間義広社長に話を聞いた。

    鈴木: 早速ですが、なぜスープに特化したビジネスを始めたのでしょうか。

    本間: 私はもともとラーメン店で働いていました。そのときは、店舗でスープを仕込んで作っていたのですが、
    それが想像以上に大変で……。例えば、深夜2時に火を付けても、ようやく昼の11時にスープが炊き上がるという感じです。
    その間、定期的にスープをかき混ぜる必要があるので、ずっと人がついていないといけません。
    そのため、営業時間と合わせると20時間以上も店舗にいなくてはならないのです。
    鈴木: スタッフをある程度確保できていればいいですけど、開業したばかりで1~2人くらいしかいない場合、ほぼ働きっぱなしになってしまいますね……。
    本間: はい。そこで、あらかじめ工場で作ったスープを凍らせて、店ではその冷凍スープを溶かすだけでお店で仕込んだときと同じ味、
    質を再現できる「ストレートスープ」を開発しました。
     それを同じ悩みをかかえていた他店にも提供するようになったことで、スープ作りの代行ビジネスが始まったというわけです。
    近年は人手不足ということもあり、店舗で仕込む余裕がないラーメン店が増えてきています。
     ちなみに、購入したスープの味は後から自由にアレンジできるので、店舗ごとに個性を出すことも可能です。


    (以下略)




    ramen-soup

     
    関連記事






    【画像】ソニー損保CMの女の子の現在www


    【超!閲覧注意】山で ”この光景” を見たら、自分は死ぬと思った方がいい

    【悲報】かつやの朝定食(390円)wwwwww

    【画像】これ許せないやつwww

    【拡散】韓国の滅亡シナリオが素晴らしすぎるwww

    女ウケする男の趣味一覧が面白いwwwww

    海外「アニメや文化じゃない!」西洋人が日本に夢中になる本当の理由に海外が納得

    この漁の映像すごすぎワロタwww途中からとんでもない事になるwwwww

    上場大手企業に勤務してる俺が「街コン」にいった結果wwwwwww

    小林麻央さん、余命2ヶ月と告白!!! ブログがヤバイ事になってる・・・・

    参照記事 : http://2ch.sc/



    このページのトップヘ