高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    タバコ



    1: 高低差速報
    禁煙が進むアメリカでは、現在の喫煙率は史上最低の平均15%にまで
    下がっています。ところが、その喫煙率にも「貧富の差」があることが
    米国疾病対策センターの調べで判明し、問題になっています。

     学歴による喫煙率の違いの調査によれば、高校卒業資格のみのアメリカ人の
    4割がいまだに喫煙を続けています。また、地方に住むアメリカ人の
    たばこが原因による肺がんの罹患(りかん)率は、都市に住む人より
    18~20%高いこともわかりました。

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/lifex/209335


    tabako2




    関連記事





    1高低差速報


    渋谷駅、ハチ公横の囲い付きの喫煙所が撤去された結果…
    ピークタイムではないのに30人くらいタバコ吸ってるし、灰皿なくてこんな感じ。
    警察も通りかかっても注意しようがない。
    嫌がられることだからこそちゃんと隔離しないと無法地帯になっちゃうの残念だけど当たり前だよね…。
    渋谷区なんとかして
    https://twitter.com/a_kisida3/status/810446470734172160




    関連記事

    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    リアルライブ 11/23(水) 17:13配信

     22日深夜放送のラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」で愛煙家である爆笑問題の太田光が、
    喫煙者の扱いに不満を吐露しつつ、タバコ問題について語った。

     どんどん上昇しているタバコの値段。最近では、公共の場での禁煙エリアも多くなり、
    愛煙家は肩身の狭い思いをしている。自治体によっては公共の場で完全禁煙となっており、
    東京都では2020年のオリンピックに向けて、東京全面禁煙構想も上がっている。東京都の場合は
    屋外のみならず屋内での全面禁煙化も検討されているという。そのタバコの問題に関して、匂いや
    煙など以外に最も問題視されているのは、受動喫煙である。

     相方の田中裕二は「ますます煙草は吸わなくなっていくだろうし、人々はね」とコメントすると、
    太田は「オレは別にねタバコは税金かけてくれても僕は良いんですよ、それでも吸いますけど」と
    これからも喫煙していくと宣言。

     ただ、喫煙者の扱いに不満なようで、「だったらもうちょっとさ…、お酒に関してはそんなにみんな
    言わないじゃないですか。お酒だって結構な事があるじゃない。酔っぱらって絡まれたり…」と
    飲酒と比較し、「なんかちょっと、わかるんだけど…ちょっと…」と暗に喫煙者への配慮を要求した。

     また、問題視されている副流煙については、「あの副流煙の方が悪いって言うじゃない?
    副流煙が悪いのはそうかもしれないけど、タバコ吸っている人よりも吸ってない人の方が健康に悪い、
    副流煙が悪いからみたいな理屈で言う時あるじゃない!?」と
    説明した後に、「イヤ、そうじゃないよね。副流煙も自分で吸ってるからね」と指摘した。

     ただ、「でも言えないよね、それ言っちゃうと怒られちゃうから。困った問題だよね」と
    喫煙者である太田は頭を悩ませていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161123-00000007-reallive-ent





    ota-hikari-01

    関連記事

    このページのトップヘ