高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    ダルビッシュ


    1: 高低差速報
    引用記事:https://www.asahi.com/articles/ASKDT63HMKDTPTQP007.html

    全国高校野球選手権大会が第100回を迎える2018年が明けた。
    大リーグでプレーするダルビッシュ有(ゆう)投手(31)が、高校野球への思いを語った。
    球児へ贈るメッセージは、「頑張らない!」。大リーグを代表する右腕が、その言葉に込めた真意とは。

    頑張り過ぎなくていいんです、日本の球児は。何百球の投げ込みとか、何千本の素振りとか、そんなのを頑張っちゃダメなんです。

    母校の東北高では、いわゆる強豪校の練習をみんながしていたけど、僕はしなかった。
    納得がいかない練習は絶対にしたくないと強く思っていたので、ウサギ跳びとかそういう類いの練習は一切しなかった。
    主将になるまで、ほぼ全体練習にも参加しませんでした。

    小さい頃から日本人じゃないような考え方を持っていて、そういうのが当たり前というみんなの常識が、僕の中では常識ではなかった。
    日本ハム入団1年目のキャンプで、2軍監督と面談した時も、「君は何が一番大事なんだ」と聞かれ、「納得がいかない練習だけはしたくない」と答えたくらいです。
    20170901_darvish-560x373



    関連記事


    1: 高低差速報
     2012年の米移籍から6年が経った今、ダルビッシュはアメリカで生活することに非常に心地よさを感じているという。
    どの球団と契約を結ぶことになっても、自宅はダラス近郊に構えたままで、オフは日本に帰国せずにダラスでトレーニングを続ける。
    「今ではアメリカで生まれ育った感じすらする」と通訳を介して話したという右腕。
    生活の拠点を完全にアメリカに移した理由の1つは、3人の息子たちにも広大なテキサスの土地で伸び伸び育ってほしいという父親としての願いもあるようだ。

     注目の移籍先はどこになるのか。そして、再び野球に対する情熱を燃え上がらせてくれた苦い経験を糧に、どんな投手に成長するのか。
    2018年のダルビッシュから目が離せなさそうだ。

    引用記事:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00093625-fullcount-base



    DarvishYu20170723

    関連記事



    1: 高低差速報
    メジャーでの人種差別については、マイアミ・マーリンズのイチロー選手も「アイスやコインを投げつけられた。何回かは僕の頭に当たったことがある」と語っているほか、観客から暴言を受けた経験も明らかにしている。 
    「ニューヨーク・ヤンキース時代には、イチローの華麗なバットさばきに対して、テレビの解説者がバットを『チョップスティック(箸)』と表現して『日本やアジアの食文化に対する差別だ』として非難を受けたこともあります」


    20170713-00000002-wordleafs-0371ba9c6425d8738ca22eeece3cd47cd




    関連記事


    1: 高低差速報
    アストロズ・グリエルに人種差別行為か、米複数メディアも速報

     27日(日本時間28日)にミニッツメイド・パークで行われたアストロズとドジャースのワールドシリーズ(WS)第3戦で、アストロズのユリエスキ・グリエル内野手に人種差別行為の疑惑が持ち上がり、
    現地で大きな波紋を呼んでいる。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171028-00090214-fullcount-base

    ■関連画像

    DNMvX7uV4AAgrRB



    no title

    関連記事



    1: 高低差速報
    ダルビッシュの理論
    「筋肉をつければつけるほど良い。スピードやスタミナもあがる。
    怪我がおこりやすいということもない。外国人はみんな筋肉を一杯つけてる」

    イチローの理論
    「人間持って生まれたバランスが大切で日本人が外国人の真似をしても怪我をするだけ。
    筋肉をささえる関節や骨の頑丈さが外国人とは違う。」



    NYY-2-1_13

    関連記事

    このページのトップヘ