高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    ティム・クック


    1: 高低差速報
    アップルCEO、社員に大統領批判メール
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASGT18H0M_Y7A810C1EAF000/
    米国でのネオナチや白人至上主義者の活動活発化を受け、米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)が従業員に向け「ネオナチや白人至上主義を、人権を守ろうとする反対派と対等に並べるトランプ米大統領の立場には同意できない」とするメールを送ったことが17日分かった。200万ドル(約2億2千万円)以上を反差別活動をする団体に寄付し、アップルのコンテンツ市場のページ上にも同団体を支援できる仕組みを作るという。



    479f32d92535a072cda49cd07321a4cfe11cc2581447242491

    関連記事


    1高低差速報
    https://japan.cnet.com/article/35098136/

    「AirPods」
     「Bluetoothヘッドホンの問題は、『iPod』を充電するだけでなく、ヘッドホンも充電しなければならないことだ。
    そんなことは誰もしたくない。それに音質の問題もあり、帯域の高さが足りない。音質はいつか改善されるとしても、ヘッドホンを充電するのは面倒だろう」(Steve Jobs氏)
     現在のBluetoothの音質が十二分に明瞭であることに議論の余地はほとんどないが、Appleが考え出したAirPodsの
    充電方法にJobs氏が怒りを覚えるであろうことは間違いないと言える。AirPodsをケースに入れて充電する必要があるばかりか、
    ケース自体も忘れずに充電しなければならないのだから。

    使いにくくなった「iOS」
     「シンプルにするのは、複雑にするより難しいこともある。努力して思考を研ぎ澄ませないと、
    シンプルにはできない。だが、そこに至ることができれば何だってできるのだから、目指す価値はある」(Steve Jobs氏)



    焦点がぶれている
     「的を絞るときに大切なのは、『ノー』と言うことだ」(Steve Jobs氏)
    iPhoneの出発点になったのは、スマートフォンを再発明するデバイスというシンプルなアイデアだった。購入時に検討するのは、
    ストレージ容量を4Gバイト、8Gバイト、16Gバイトのどれにするかだけ。それでiPhoneユーザーになれたのだ。
     それから10年たった今、本体のサイズや色など、選択肢があまりにも増えてしまった

    iPadの急激な失速
     「われわれがやりたいのは、信じられないほど高性能なコンピュータを自由に持ち運べるブックに収め、20分もあれば使い方がわかるようにすることだ」(Steve Jobs氏)


    古いテクノロジがあふれるApple Store
     「世界最高の製品を作っていても、ゴミのような製品も大量にできてしまう。クズ製品は一掃しなければならない」(Steve Jobs氏)
     Appleが販売している一部の製品は、まさに骨董品だ。「iMac」「Mac mini」「Mac Pro」、MacBook Air、「Apple TV」、そしてiPodの全モデルは、待ったなしで刷新する必要がある。

    何でもない問題に、ばかげた解決方法
     「とても美しいケーキを焼いて、飾り付けに犬の糞を使うようなものだ」(Steve Jobs氏)
     Appleは世界有数の人材を雇用しており、素晴らしいことを実行できる能力がある。
     だが、同社が発表する製品にはばかげたミスも混ざっている。たとえば、iPhone用のバッテリケースは
    充電インジケータが内側にあって、iPhoneを装着すると見ることができない。また、充電可能なマウスは、
    底面に充電ポートがある。充電可能なスタイラスは、キャップが小さくてすぐになくなってしまう。
     どれもこれも、Appleらしくないと思えるような設計上のミスだ。

    アダプタ、アダプタ、またアダプタ
     「自分たちがやることを誇りに思うのと同じくらい、やらないことにも誇りを持っている」(Steve Jobs氏)
     Appleは明らかに、Macのラインアップを簡素化するという使命を帯びており、その手段の1つとして、できるだけポートの数を減らし、可能であれば1つのポートで統一しようとしている。新しいMacBook Proがその一例だ。
     だが、iPhoneやiPadならいざ知らず、コンピュータでポートを1つにするというのは苦痛でしかない。多くのユーザーは、
    何種類ものアダプタやアクセサリ(Satechiの「Type-C USB 3.0 3-in-1」コンボハブなど)を持ち運ばないと、作業ができないという状況だ。

    「Siri」がまだ賢くならない
     「大切なのは細部だ。細部がきちんとするまで、待つ価値はある」(Steve Jobs氏)

    イノベーションを忘れ、他社(とりわけサムスン)に追随
     「他人の意見という雑音に、自分の内なる声をかき消されるな」(Steve Jobs氏)
     かつてのAppleは前を向いていたが、今では横に目をやり、競合他社が何をしているのか、気にすることが増えているように思える。
    同社が特に気にしているのは、韓国のハードウェアメーカー、サムスンだ。

    次の主力製品が一向に出てこない
     Steve Jobs氏は、iPodでAppleをメインストリームへと押し上げ、iPhoneでその土台を固め、iPadで頂点に達した。
     だが、ストーリーはそこで終わっている。
    Jobs氏亡き後のAppleが新たにリリースしたデバイスは「Apple Watch」だけで、Apple Watchが次なるiPhoneのような製品になる気配は見えない



     url
    関連記事


    1高低差速報
    http://gigazine.net/news/20170118-tim-cook-made-apple-boring/

    スティーブ・ジョブズは革新的なアイデアをさまざまな製品として世に送り出し、Appleという会社を世界有数の
    企業へと発展させましたが、ティム・クックCEOに替わってから「Appleは退屈な運営の会社になった」と元従業員が話しています。

    Tim Cook made Apple 'boring operations company' - former engineer
    http://www.cnbc.com/2017/01/17/tim-cook-made-apple-boring-operations-company--former-engineer.html

    スティーブ・ジョブズが存命だったころの2007年からAppleで働いていた経験を持つバロウ氏は、
    「当時のAppleという組織は西部の開拓時代のようでした。私はマネージャーとして雇用されましたが、
    最初の2年間はマネージャーとしての管理業務は行っておらず、複数の開発プロジェクトに携わっていました」とCNBCに語っています。
    当時のAppleの最優先事項は「組織」ではなく「プロジェクト」であり、役割や肩書きなどに関わらず、
    それぞれが可能な限り解決できるあらゆる問題に取り組んでいたそうです。バロウ氏は「まさに野生状態でしたが、
    自分のしたことの全てが最大限に製品に反映されるため、とてもやりがいを感じていたのも事実です」と話しています


    現在はヒューレット・パッカードの子会社・Palmで働くバロウ氏は、
    「Palmのチームはとても組織的で、働く上で自分の属する部署以外に対する責任を負う必要はありません。
    それぞれが自分の持つ責任を明確に把握しており、わからないことを他部署の人に尋ねても『それは私の仕事ではありません』
    と言われるのが一般的でした」と話します。そしてバロウ氏はティム・クックCEO率いるAppleは大胆さがなくなり、
    Palmと同じような業務になっていると指摘しています。

    2011年からAppleのトップに立ったクックCEOはAppleを経済的に成長させ続けており、2011年に1082億ドル(約12兆2300億円)
    だったAppleの年間売上高は2016年に2157億ドル(約24兆3800億円)と2倍に達しています。一方で、Apple Watchという新製品が出てからも、
    Appleの売上の大部分を占めているのは依然としてiPhoneという状況であり、Appleは自動運転カー、
    テレビ、ビデオ、インターネットなどの分野に多額の投資を行っていますが、イノベーションは起こっていません。
    起業家のスティーブ・ブランク氏は、ティム・クック氏のリーダーシップについて、
    「ビル・ゲイツの後を継いでMicrosoftの売上を3倍にしたスティーブ・バルマーに通じる」と称賛しています。
    しかし、バルマー氏率いるMicrosoftは、Apple・Google・Facebook・Amazonのような企業にモバイル・検索・ソーシャルメディア・クラウドなどの
    分野で主導権を握られるなど、ソフトウェアの支配力を維持できなかったとも言われています。
    バロウ氏はクック氏率いるAppleについて「クックはAppleをダイナミックな変化を起こす『チェンジメーカー』
    から退屈な運営の会社に変えてしまった」とツイートしています。

    また、IoT機器メーカー・Nestの創始者でAppleではトップ・エンジニアとして働いていたトニー・フェデル氏は、
    「当時のAppleには競争というものがなかった。みんなで一緒に最高の解決策を模索すると、スティーブは全部試すように指示していたんだ」
    と話しています。一方でBloombergのマーク・ガーマン氏は「近年のAppleのMac部門は2つ以上のアイデアを競争させるようになってきている。
    『デザイナーとエンジニアがひとつのコンセプトに同時に取り組むべき』という考えの元だ」と話しており、クック氏率いるAppleは賛否両論状態で、
    今後の手腕が期待されます。




    no title
     
    関連記事

    2ちゃんねるのコメント


    1:
    http://ggsoku.com/2016/05/tim-cook-reevealed-iphone-7-series-some-features/

    Tech Insiderは2日(現地時間)、米アップルのティム・クックCEOが、「iPhone 7」シリーズに関する情報を明らかにしたと報じています。

    クック氏は今回、CNBCのインタビューに応じる中で、iPhone 7シリーズには
    “things that you can’t live without, that you just don’t even know you need today(
    現在は必要ないと思っているものの、生きる上では必要不可欠になるもの)” が実装されることを明言しました。

    残念ながらその詳細については語られなかったものの、同氏はインタビューを通じて、次期iPhoneシリーズが、
    多くのiPhoneユーザーを最新機種に乗り換えさせるだけの魅力を秘めた端末として登場することを強調。
    「革新に欠ける」とする最近のアップルに対する世間の評価を、暗に否定する発言をしました。
    なお、直近の情報では、iPhone 7シリーズは「iPhone 6s」シリーズと良く似たデザインの端末として登場し、
    フォームファクタの刷新を含むメジャーモデルチェンジは2017年の「iPhone 8」の登場を待つ必要があるとみられています


    Apple-iPhone-7-release-date



    関連記事
     





    ベッキーついにブチ切れた!ゲス川谷に鉄槌


    早稲田大学サークル「SOPHIE」、居酒屋での非常識なトラブルで炎上・・・(画像あり)

    民進党・山尾議員のコーヒー代がすごい額になってるんだがwwwww

    マクドナルドのヤバい映像

    “ヤバすぎる”日本三大奇書とは?

    硫酸のパワーすげえ!が良く分かる面白実験。わずか3分でこんなになっちゃうのか。

    【朗報】またやったぜ日本!折りたたみスマホの開発に成功!!!

    Wi-Fiただ乗りしてる隣人を晒し上げたいんだけど

    入社式で結構可愛い女が泣かされててワロタwwwwwwwww

    韓国人「日本のツイッターで拡散している韓国の画像をご覧ください」

    参照記事 : http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/bizplus/1462262786/



    このページのトップヘ