高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    テスラ


    1: 高低差速報
    テスラの最高経営責任者(CEO)であるイーロン・マスクのインタヴューが、8月16日付の『ニューヨーク・タイムズ』に掲載された。

    彼が流した涙、特定のツイートに関する後悔の欠如、ラッパーのアジーリア・バンクスが何らかのかたちでテスラの財務的な意味での将来の一翼を担うかもしれない──。これらの内容における注目点は、マスクがテスラのCEOと会長としての役割を放棄する用意がある、という主張だった。

    「仕事ができる人がいるなら教えてほしいですね。仕事がありますよ」と、彼はインタヴューで語っている。「わたしより仕事が良くできる人はいますか? もしいるなら、すぐにでも“手綱”を渡します」

    その裏にある意味、すなわち「代わりなんかいない」というメッセージは、表面的にはナンセンスと言っていい。テスラを経営できる人物は、たくさんいるだろう。世界の自動車メーカーを見渡してみれば、有能な幹部が何百人といる。しかも多くのメーカーは、テスラより大規模なのに効率的で、収益性が高いのだ。

    深読みすれば、その感情のなかに真実が見えてくる。確かに、もっといいCEOになれる人物はいるかもしれない。だが、「イーロン・マスクの代わり」はいないのだ。彼は単なるCEOではない。多くの人々にとって彼はレジェンド(伝説の人物)なのである。

    テスラの成功が証明したこと
    まずはテスラの物語から始めよう。同社が2003年に創業したとき、自動車のセールスマンは燃費が5km/?の巨大なSUV「ハマー H2」にご執心だった。この当時で最も人気の電気自動車(EV)といえば、ゴルフカートだったのだ。米国の自動車産業は新参者には厳しいことで知られており、EVで成功を目指そうというアイデアは嘲笑されるだけだった。

    それからというもの、懐疑的な人々はテスラを過去の大失敗した新規参入メーカーと同じように葬り去ろうと手ぐすねを引いていた。例えば、タッカーやデロリアン、フィスカーといったメーカーだ。

    だが、マスクはこうした連中をものともしなかった。彼はEVの量産を実現し、しかも自動運転技術まで搭載した。しかも充電インフラを自ら構築し、簡単に充電できる環境もつくった。

    しかし最も重要なのは、EVを人々の羨望の対象にしたことである。テスラのクルマを所有することはステータスシンボルになったのだ。いまでは約40万人が、「モデル3」を購入するための順番待ちリストに載っている。

    ゼネラルモーターズ(GM)やクライスラーでなくても米国で自動車メーカーになれることを、テスラは証明した。そしてBMWやメルセデス・ベンツ、レクサスでなくても、米国の人々を魅了する高級車をつくれることも。

    好意的な評価が一転
    テスラと並行して、マスクはスペースXも経営していた。彼のリーダーシップの下で同社は商業用ロケットの事業に参入し、ボーイングのような航空宇宙産業における巨人に挑むまでになった。

    マスクは火星への入植を約束した。さらに“副業”として次世代交通システムのハイパーループの実現に動き、人工知能(AI)にも進出して、シカゴでは地下トンネルを掘る契約を獲得した。

    そしてここにいたるまでずっと、世界中の多くの人々が彼を応援した。マスクは雑誌の表紙を飾り、彼にインスピレーションを受けた歌まで登場した。さまざまなトークショーに出演し、「シンプソンズ」と「サウスパーク」にまで登場し、有名なゴシップメディアの見出しにも名前が載った。

    確かに彼は相当に強いエゴをもっていて、彼のことを疑ったり嫌悪したりする人々を見下す悪い癖がある。しかし、一般の人々は寛容にも、規模が大きく大胆なアイデアを提案して実現する優れた手腕ゆえに、そんな小さな“罪”を許した。

    しかしこの1年で、こうした好意的な流れが変わり始めた。大部分はマスクのビジネスが苦境に陥ったことに起因している。すなわち、35,000ドル(約390万円)からという“手頃な価格”を売りにしたモデル3の量産である。

    テスラはモデル3の投入によって、多くの人々のクリーンな運転体験をもたらし、株主に利益をもたらすことを、長い間ずっと約束してきた。それが実現できて初めて、テスラは「真の自動車メーカー」になったと言えるからだ。

    いつも通り、マスクは野心的な目標と期限を設定した。そしていつも通り、彼は守れなかった。しかも、何度も同じことを繰り返したのだ。

    投資家はこれに慣れていた。しかし、テスラの将来はモデル3の将来に左右される。その生産工程が幾度となく暗礁に乗り上げたこともあり、明らかにプレッシャーを強まっていった。
    引用記事:https://wired.jp/2018/08/22/elon-musk-tesla-tweets-struggles/
    d8871d3d066fa8482196cc06302cad73



    関連記事


    1: 高低差速報
    no title

    世界的に電気自動車の開発が加速するなか、アメリカの電気自動車メーカーのテスラは、初めて電気トラックを公開し、乗用車だけでなく、商用車でも電動化の動きが広がっています。

    テスラは16日、アメリカ西部のカリフォルニア州ロサンゼルスで、初めてとなる電気トラックを公開しました。

    このトラックはトレーラーを引っ張って最大で40トン程度の荷物を運ぶことができ、1回の充電で走行できる距離は、およそ800キロだということです。

    このスポーツカーは、この日、公開した電気トラックのトレーラーの中から現れ、イーロン・マスクCEOは「ガソリン車を正面から駆逐するために生産する」と述べました。
    引用記事:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171117/k10011227061000.html

    関連記事


    1: 高低差速報
    http://wpb.shueisha.co.jp/2017/11/02/94074/


    ホリ 掃除機でおなじみの「ダイソン」がEV(電気自動車)を開発するらしいね。

    ひろ 「家電メーカーが自動車を!?」って思うかもしれないですけど、EVってモーターで動かしているわけで、
    ダイソンみたいなモーター技術を持っている会社は参入するのが容易なんですよね。

    ホリ EVはアメリカの「テスラ」がかなり先行しているよね。それにヨーロッパの自動車メーカーもEVへのシフトが加速しつつある。一方、日本は遅れている感が否めない。

    ひろ 今のところ、日本の本格的なEVって、日産の「リーフ」くらいですかね。

    ホリ 日本はリーダーシップをちゃんと取る経営者がいないんだよ。

    ひろ 海外に比べて投資も集まりにくいし、法律も硬直化していますよね。だって、セグウェイすら公道は実験走行しかできないんですよ。
    なので、日本人がEVを開発するとしても、日本以外でやったほうが効率良さそうな気が。

    ホリ 俺もそう思う。わざわざ日本ではやらないよ。

    ひろ ドローンもそうでしたけど、日本だけ置いてきぼりって状況がEVでも起きると。

    ホリ まあ、日本の企業の多くが、ディスラプション(破壊的イノベーション)に対応できなかったってことだね。
    だってEVはモーターとバッテリーとコンピューターで走るし、ドライブバイワイヤだからギアボックスもデフもドライブシャフトもいらなくなるからね。
    maxresdefault




    関連記事


    1: 高低差速報
    https://www.youtube.com/watch?v=tfMgR08wmZg

    世界的に見ると自動車はEVになるのは確実。フランスやイギリスは2040年までに内燃機関の生産を禁止する。
    EVの生産台数は2位がアメリカ、1位が中国で4割以上を占める。
    日本ではトヨタが大スポンサーだからトヨタが出してないものをマスコミは宣伝しないのでEVについて知られていない。
    自動車を廃車するサービスと一体で進まなければならないが、日本では業界の人達が非常に抵抗していて進まない。
    このまま続くと20年前の日本のIT産業みたいになる恐れが強い。


    car_denki


    関連記事


    1: 高低差速報
    電気自動車(EV)への期待が高まっている。人気を牽引するのは米テスラだ。イーロン・マスク社長は「水素はバカだ」と公言し、未来のクルマといわれた燃料電池車(FCV)を攻撃する。しかしモータージャーナリストの清水和夫氏は「攻撃するのはテスラにとって一番厄介な敵だから」という。清水氏と元朝日新聞編集委員の安井孝之氏の「EV対談」。第3回をお届けします(全5回)。

    【安井】最近の電気自動車(EV)への傾斜は欧州での排気ガス問題が一つのきっかけでしたが、もう一つの要素として、イーロン・マスクのテスラの動きが自動車業界に刺激を与えていますね。

    【清水】テスラは恐竜を絶滅させた隕石のような存在です。それほど衝撃を与えています。

    テスラにとって一番厄介な敵は水素
    【安井】ZEV規制がテスラの業績を下支えしているわけですね。

    【清水】この規制でホンダやトヨタは年間数十億円のお金をテスラに払っているわけです。それがテスラの大きな収益源になっている。このことが実は、イーロン・マスクが「水素はバカだ」と言い、燃料電池車(FCV、フューエルセル車)を「フール・セル」と揶揄している理由だと僕は思っています。

    【安井】なぜですか。

    【清水】テスラにとって一番厄介な敵は水素だからです。

    ZEV規制は「水素」に移る可能性がある
    【清水】カリフォルニアの2018年モデルイヤー以降のZEV規制で、例えばEV1台販売した際に得られるクレジットが1だとしたら、FCは2.5ぐらいのクレジットもらえるようになるんです。カリフォルニア州の考え方として、EVはもう普及期に入ってきたから、クレジットを減らすよと言い始めた。次の高みを狙い、FCVにインセンティブを乗せるよということなのです。2018年からFCV、つまり水素のほうにカリフォルニア州は力を入れようとしている。

    【安井】イーロン・マスクにとっては、今のうちにFCVを潰しておかないとクレジットがこれまでのように売れなくなるということですね。だから水素を敵にしているという見立てですか。

    【清水】そうだと思います。イーロン・マスクほどの頭脳があればわかるはずです。あらゆるロビーイングで水素を潰すのが、今のイーロンの仕事だと見ています。

    http://president.jp/articles/-/23114




    GettyImages-490597796


    関連記事


    1: 高低差速報
    海外で電気自動車の普及を進めるいわゆる「EVシフト」の動きが広がる中、世耕経済産業大臣は「いきなり電気自動車にいけるわけでもない」と述べ、次世代の自動車についてはプラグインハイブリッド車などを含めて中長期的な視野で対応を検討していく考えを示しました。
    EV=電気自動車をめぐっては、イギリスとフランスの政府が2040年までにガソリン車の新車の販売禁止を打ち出したほか、中国政府も同じような措置を検討していることを明らかにするなど、普及に向けた動きが広がっています。

    これについて、世耕経済産業大臣は15日の閣議のあとの記者会見で「EVの潮流は拡大してきているし、実際に販売台数も増えている。しかし、いきなりEVにいけるわけでもない」と述べました。

    そのうえで世耕大臣は「EV、プラグインハイブリッド車、燃料電池車などいろいろな次世代自動車があるわけで、戦略的によく考えて中長期的な視野で臨みたい。自動車産業界とも対話をしていきたい」と述べ、次世代の自動車については中長期的な視野で対応を検討していく考えを示しました。
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170915/k10011140721000.html



    20160803_03_l





    関連記事


    1: 高低差速報
    トヨタ自動車とマツダは4日、資本提携で合意したと正式発表した。

    お互い500億円ずつ出資し、電気自動車(EV)などの技術開発を進めるほか、米国に共同で新工場をつくる。世界的に自動車の環境規制が厳しくなる中で、資本提携によって競争力強化を図る。

    トヨタは、マツダに5・05%出資し、第2位の株主となる。マツダが行う新株の第三者割り当てを引き受ける。マツダもトヨタに、金額ベースで同額相当となる0・25%を出資する。
    両社は2015年5月に業務提携し、連携のあり方を模索していたが、お互いに株を持ち合うことで共同開発などを進めることになった。

    4日夜に行った共同記者会見で、トヨタの豊田章男社長は「海図なき、前例のない戦いが始まっている」と強調した。マツダの小飼雅道社長は「(EV技術の)変動に柔軟に対応できる体制を協業によって準備したい」と語った。

    http://www.yomiuri.co.jp/economy/20170804-OYT1T50054.html?from=ytop_top 



    hqdefault


    関連記事

    このページのトップヘ