高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    テスラ・モーターズ


    1: 高低差速報
    米テスラの最高経営責任者(CEO)で、起業家のイーロン・マスク氏がロサンゼルス近郊で始めた地下トンネルの建設工事が話題を呼んでいる。掘削速度を従来の10倍、コストを10分の1にするという壮大な構想を打ち出したためだ。マスク氏は「誰も成功すると思っていないからやりやすい」と冗談を飛ばすが、その裏にはもちろん高い技術と緻密な戦略がある。
    引用記事:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23835740T21C17A1000000/
    170329-GettyImages-506802690-1024x683




    関連記事


    1: 高低差速報
    no title

    世界的に電気自動車の開発が加速するなか、アメリカの電気自動車メーカーのテスラは、初めて電気トラックを公開し、乗用車だけでなく、商用車でも電動化の動きが広がっています。

    テスラは16日、アメリカ西部のカリフォルニア州ロサンゼルスで、初めてとなる電気トラックを公開しました。

    このトラックはトレーラーを引っ張って最大で40トン程度の荷物を運ぶことができ、1回の充電で走行できる距離は、およそ800キロだということです。

    このスポーツカーは、この日、公開した電気トラックのトレーラーの中から現れ、イーロン・マスクCEOは「ガソリン車を正面から駆逐するために生産する」と述べました。
    引用記事:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171117/k10011227061000.html

    関連記事


    1: 高低差速報
    トヨタ自動車が米カリフォルニア州の環境規制への対応で、温暖化ガスの排出枠(クレジット)を大量に米テスラモーターズから購入したことが明らかになった。今後は規制が強まり、さらに経営の負担になる恐れがある。
     トヨタ自動車が2017年8月末までに米国で温暖化ガスの排出枠(クレジット)を米テスラモーターズから大量に購入したことが明らかになった。米カリフォルニア州大気資源委員会(CARB)が10月13日に公表した資料による。CARBは毎年、8月末までの1年間における自動車各社の排ガスゼロ車(ZEV)規制への対応を公表している。

     同州は自動車メーカーに、販売台数の一定割合を電気自動車(EV)などZEVとするよう義務付ける規制を導入している。基準未達のメーカーは罰金を払うか、基準をクリアしているメーカーから「ZEV排出枠(クレジット)」を購入しなければならない。

     トヨタは2017年8月末までの1年間で、3万5200クレジットと業界で最も多くのクレジットを購入した。2位は米ゼネラル・モーターズ(GM)、3位は欧米フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)だった。
    no title


    引用記事:http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/110879/102400753/

    関連記事


    1高低差速報
    トヨタ、テスラ株すべて売却 EV協業見込めず  :日本経済新聞
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS03H0D_T00C17A6NNE000

    2017/6/3 10:27
     トヨタ自動車が米電気自動車(EV)メーカー、テスラの保有株をすべて売却していたことが3日、分かった。2010年に資本・業務提携してEVの共同開発を進めたが、15年以降は基幹部品の調達などの協力実績がなく、一部株式を売却していた。今後も協業が見込めないことから、残っていた1%超の株式を16年末までに手放したもようだ。

     トヨタは10年にテスラに5千万ドル(約55億円)を出資し、約3%の株式を取得。その後、テスラの電池を搭載した多目的スポーツ車(SUV)をトヨタが発売した。

     だが、14年にテスラが電池供給を打ち切ったため、トヨタは一部テスラ株を売却。16年3月時点で保有株式は約234万株になっていた。16年末の株価で計算すると、500億円規模の売却益が出たとみられる。

     トヨタは次世代エコカーとして燃料電池車(FCV)に力を入れているが、EVでも独自に1人乗りの小型車「i―ROAD(アイロード)」を実験しているほか、16年12月にEVの開発組織を新設して量産化の準備を進めている。



    5c0881029de64c9281dbe3adc4cf5fe7
    関連記事

    このページのトップヘ