高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    ネット


    1高低差速報
    メディアの信頼性が下がり続けている。フェイクニュース(偽ニュース)や不正確な情報が、インターネットで急拡散する時代。
    私たちは何を信じ、どう対応すべきか。池上彰さんに聞いた。


    信頼失う新聞・テレビは滅ぶのか 池上彰さんが「楽観できない」と語る理由
    https://www.buzzfeed.com/daisukefuruta/interview-with-ikegamiakira




    northkorea_city5
     
    関連記事


    1高低差速報
    元サッカー日本代表の“旅人”中田英寿氏(40)が6日、都内で行われたスウェーデン発の時計ブランド「ダニエル・ウェリントン」ブランドパーソナリティー就任発表会(日本総輸入元ビヨンクール主催)に出席した。


     中田氏の考えに影響を与えたのが旅だ。引退後に世界を回り、110?120か国を制覇。死ぬまでに200か国を巡ることを目標としている。


    「人間はすべて経験から成り立っている。だから、より多くの経験をした方が人間として濃くなる。広い世界でいろんな場所に行き、いろんな人に会って価値観を変え、自分を作っていきたい。ネット社会だが、経験と知識として得ることは全然違う。ネットで見ただけでは、何も得ていないのと同じ」

    と語った

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00000050-tospoweb-ent



    1139175_1200
     
    関連記事



    1高低差速報
    ビートたけし氏は、その言動が常に注目される著名人である。彼がテレビで語った一言が、ニュースとして新聞やインターネットの見出しになることも少なくない。しかし本人は、そんな現状を決して快く思っていない。著書『テレビじゃ言えない』(小学館新書)ではこう語っている。

     * * *

     マスコミの中で特に「情けない」と感じるのがスポーツ新聞がやってるネットニュースだ。

     オイラが『ニュースキャスター』や『TVタックル』でしゃべった内容を、「たけし◯◯について語った」とかいうタイトルでニュースにしてさ。別に悪いことじゃないのかもしれないけど、テレビ番組のコメントを拝借するだけなんて、取材とは言えないだろう。

     プロとしてのプライドはないのかって話でさ。



    ※ビートたけし/著『テレビじゃ言えない』(小学館新書)より

    ソース
    http://www.news-postseven.com/archives/20170210_490482.html




    news_header_takesi1

     
    関連記事

    1高低差速報
    日本の新宗教界に異変が起きている。天理教、立正佼成会など大手の信者数が軒並み激減しているのだ。
    その背景には何があるのか、宗教学者の島田裕巳氏が解説する。

     この背景にあるのは先進国に共通する「宗教消滅の危機」と同じ理由による。

     1990年代以降にインターネットが普及し、人は何か悩みを抱えても、教会の門を叩くより、
    まずはネットで検索するようになった。

     日本人の多くは欧米では日曜日に教会に行くものと誤解しているが、ヨーロッパではミサに集まるのは
    高齢者ばかりで、その数も年々減っている。アメリカでさえ無宗教が増えている。

     そうした社会ではすでに宗教的カリスマを必要としなくなり、心の拠り所は“ゆるキャラ”で充分ということになる。

     日本の新宗教が信者を増やしたのは、高度成長期に地方から都会に出てきた人を取り込めたことにある。
    希薄になった人の繋がりを宗教に求めたからだ。しかし、現代の若者は何か困ればスマホがあり、
    人間関係はSNSで築く。それでは宗教の出る幕がない。

    http://news.infoseek.co.jp/article/postseven_480409/




    0f52714815dc3816f0547fc61aaabd5f71cf51441456516800

    関連記事



    このページのトップヘ