高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    バブル


    1: 高低差速報
    19日午前の東京株式市場で日経平均株価は13日続伸した。
    前日比140円80銭高の2万1503円85銭ときょうここまでの高値で午前を終えた。
    前日に付けた年初来高値を上回っている。
    18日の米株式市場でダウ工業株30種平均が過去最高値を更新し初の2万3000ドル台に乗せたことで、投資家心理が一段と上向いた。
    株高継続を好感して証券株や保険株が高い。
    円安・ドル高も追い風となり、自動車や電気機器といった輸出関連株が買われた。
    0171019at47_p




    関連記事



    1高低差速報
    http://www.cyzo.com/2017/01/post_30985_entry.html

     2020年の東京五輪開催により、さらなる発展が期待される湾岸エリア。その中心地、豊洲にそびえる高層マンションの33階、
    約70平米の部屋からは、窓越しに東京タワーとスカイツリーの両方が見渡せる。
     西田由香里さん(仮名・39歳)は、この部屋に夫と小学生の息子と3人で暮らす。
     いわゆる「勝ち組」を絵に描いたような湾岸エリアのタワマン生活は、さぞかし優雅なものだろうと思いきや、その実態は「カツカツ」という言葉がふさわしい。
    「子どもが小学校に行っている間は、スーパーでパートをしています。同じマンションの住人に見られたくないので、
    電車で30分ほど離れた場所で。食費も、月5万円にまで切り詰めています」 【続きはサイトで】



    6cde904503b0040c154b539f10c10a7b23f2a16d




    関連記事

     

    このページのトップヘ