高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    ビットコイン


    1: 高低差速報
    Apple Computerの共同創業者でAppleの社員証1番を持つスティーブ・ウォズニアック氏は、「Bitcoin(ビットコイン)は金(ゴールド)や米ドルよりもいい」と発言するなど、ビットコインを高く評価していることが知られています。ただし、ウォズニアック氏にとっての「ビットコインの素晴らしさ」とは投資対象としてみた価値ではなく、ビットコインの技術思想や数学的な美しさにあるようです。

    カンファレンス「Money 20/20」で行われたインタビュー内で、「仮想通貨ビットコインはゴールドや米ドルよりも優れている」と述べたウォズニアック氏は、その理由として、「金や米ドルとは違い予測可能な有限の供給量があること」と「改ざんされないこと」を挙げています。ゴールドは採掘技術がより効率的になると価値が希釈される可能性があり、ドルに至ってはアメリカ政府のコントロールのせいで「ペテン」のようなもので、その価値が棄損されていると述べています。根っからの技術者であるウォズニアック氏にとっては、不確実な要素がなく数学的に一意のビットコインの方がよほど信頼に足るというわけです。

    ウォズニアック氏は従来からビットコインを高く評価していることを公言してきましたが、「ビットコインの時価」など投資対象としてはまったく興味がないとのこと。代表的な財産である「家」を比較対象に挙げて、たとえ住宅価格が異常なまでに高騰したり、政府が重く課税をしたとしても、住宅というモノ自体が存在するのに対して、ビットコインはそもそも存在しないことや、供給量を誰も意図的に操作できない点でビットコインは資産としての価値が安定していることを挙げて、財産としての性質が根本的に違うと付け加えています。

    ウォズニアック氏がビットコインを高く評価しているのは、システムを支える技術的アイデアであるブロックチェーンの革新性など、技術思想としての価値があるからです。この文脈におけるビットコインの価値は、モノとモノの価値を交換する「お金」としての機能であり、相場の乱高下を利用して投機的に売り買いしたり、マイニングによって新コインを掘りだしたりして利益を上げることではありません。

    引用記事:http://gigazine.net/news/20180125-steve-wozniak-bitcoin/
    steve-wozniak-windows-phone



    関連記事



    1: 高低差速報
    仮想通貨に対し、ウォール街の有力企業の少なくとも1社は安心感を強めているもようだ。

    米ゴールドマン・サックス・グループは、ビットコインなど仮想通貨の値付けを行う
    トレーディングデスクを設置する。同社の戦略に詳しい複数の関係者が明らかにした。
    来年6月末までに業務を開始することを目指していると、関係者2人は説明した。
    別の関係者によれば、同行は安全性や、こうした資産をどのように保有・保管するか
    などの問題の解決に取り組んでいる。

    主要なウォール街企業が仮想通貨の値付けを行うのは初めてとなる。
    仮想通貨は激しい値動きで注目を集めてきたが、金融機関は関与に慎重だった。
    ゴールドマンは、CBOEグローバル・マーケッツとCMEグループが提供を始めた
    ビットコイン先物の決済を手掛ける数少ない主要金融機関の1社。
    シティグループやバンク・オブ・アメリカなどは様子見姿勢を取っている。

    関係者1人によると、ゴールドマンはニューヨークにチームを編成中。
    仮想通貨のトレーディングデスクをどこに置くかは決めていないが、
    債券・通貨・商品部門の電子取引を行う課の中に置くことが可能性の一つという。
    引用記事:https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-12-21/P1BYMQ6S972A01


    BTC


    関連記事


    1: 高低差速報
    麻生太郎財務・金融担当相は19日の閣議後会見で、仮想通貨ビットコインについて「十分に法定通貨のようになりうるか、信用・証明されていない」と指摘。取引規制を導入すべきか「もうしばらく様子を見たい」と述べた。

    フランスのメール経済・財務相は17日、主要20カ国・地域(G20)間で来年、ビットコインの規制について議論することを提案する意向を表明した。

    引用記事:https://jp.reuters.com/article/aso-bitcoin-idJPKBN1ED06R


    関連記事


    1: 高低差速報
    代表的な仮想通貨であるビットコインの取引で日本の存在感が高まっている。10~11月は世界全体の取引の4割を日本円が占め、米ドルを超えて世界最大のシェアを握った。仮想通貨が決済手段として法的に認められ、値上がりを狙う個人マネーが流入している。価格が高騰する中で借り入れで取引金額を膨らませる投機的な動きもめだつ。取引拡大に投資家保護の仕組みが追いついておらず、今後の課題になりそうだ。
    引用記事:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24500490R11C17A2MM8000/

    BTC



    関連記事



    このページのトップヘ