高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    ビットコイン


    1: 高低差速報
    不確実性に対するヘッジとなるのはかつて、金だった。政治的、経済的な混乱の中で投資家が資産を守るために持とうとするのは、金だったのだ。だが、現在その金に代わる存在は、ビットコインとなっている。ここ数か月のそれぞれの値動きが、それを証明している。

    北朝鮮が日本に向けて繰り返しミサイルを発射し、中国が南シナ海に独自の航行規則を作り出そうとし、そして米国政府は混乱状態にある。世界各国の債務残高は増え続け、複数の中央銀行が金利をゼロ前後に維持している。それにもかかわらず、金価格は上昇していないのだ。

    https://forbesjapan.com/articles/detail/17542



    point_img01

    関連記事


    1: 高低差速報
    中国でのビットコイン取引所「OKCoin」で日本時間14時15分、1ビットコインあたり3256ドルに、取引所「Kraken 」では3242ドルに達した。ニュースサイト「TechCrunch」によると、ビットコインは過去最高値を更新した。

    仮想通貨ニュースサイト「Forklog」は、6月中頃に1ビットコインあたりの価値は初めて3000ドルを超えたと指摘。その後2900ドルに反落し、7月中頃には2000ドルを切った。

    1日に起きたビットコインの分裂と、新たな規格(プロトコル)「ビットコインキャッシュ(BCC)」の発足直前に、ビットコインの価値は再び2900ドルに到達。BCC登場後には2600ドルに下がった。

    BCCは一方、8月5日午前には1枚あたりの価値は256ドルだったが、登場1日後の一時は価値が750ドルに上がっていた。

    https://jp.sputniknews.com/business/201708053963063/




    biticoin


    関連記事



    1: 高低差速報
    最近、ビットコインに関する話題も多く、世間の注目度も次第に高くなってきているように思われる。いろいろとビットコインに関するベンチャー企業も立ち上がっているようである。しかし、ビットコインが貨幣の代替品として日本で普及する可能性は極めて低いと見ている。

    ビットコインはその名の通り、貨幣のような使い方ができる。しかし、円やドルのように政府や中央銀行などに保証された正式な通貨ではない。ブロックチェーンという仕組みそのものが存在の裏付けとなっているが、国といった組織によって保証されたものではない。

    逆を言えばその国の信用力に問題がある場合や、国という枠を超えて取引を行う際には貨幣の代替品としてビットコインのニーズがある。これはある意味、国際基軸通貨のドルと似たようなところがある。ドルであれば世界各国との取引に使うことができる。そのようなメリットもビットコインは保持している。

    確かに海外への送金ではかなり手数料が掛かるし面倒である。その点ではビットコインは便利ではあるが、それについてはブロックチェーン技術を使って日本のメガバンクなどでも円にリンクさせる電子通貨の実験を行っている。メガバンクの電子通貨は円に連動していることで国内で利用する際には価格変動リスクは存在しない。しかし、ビットコインの相場はかなり大きく変動するなど、常に価格変動リスクに晒される。投機的な目的でビットコインを利用する人はいても、日本人が国内の商取引でビットコインを利用する必要性はほとんどない。

    日銀の金融政策の目的は円という価値を維持することであり、つまりは極度のインフレなどになって貨幣価値が急落してしまうことを避けようとするものとなる。ただし、対外的な価値、すなわちドルに対する円の価値を維持させることが目的ではない。為替介入は日銀の実行部隊が行うが、指示するのは財務大臣である。

    日本では日銀という組織が金融政策のみならずインフラ整備等により円の価値を維持させている。ビットコインにはこのような信用を裏付ける組織が存在しているわけではない。裏を返せば国の通貨が信用ならない国、規制によって海外での通貨利用が制限されている国などでは利用価値はあっても、日本の一般国民がビットコインを使うインセンティブはなく、投機もしくは一部海外送金手段など以外には利用目的が存在しないと思われる。
    https://news.yahoo.co.jp/byline/kubotahiroyuki/20170604-00071693/




    bitcoin1

    関連記事



    1高低差速報
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170530-00000079-san-bus_all

    インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の相場が乱高下している。先週25日に1ビットコイン=
    34万円超の過去最高値を記録したが、その後4割超、値を下げた。日本で仮想通貨の法整備が進み
    投資資金が流入したが、高騰する相場への警戒感から資金が引き揚げられたもようだ。
    今後も価格は上昇する可能性があり、“仮想通貨バブル”を懸念する声も出ている。


    今回、相場が乱高下したのは「未成熟な市場に、経験の浅い投資家が飛びついたが、過熱感に対する
    不安から狼狽(ろうばい)売りがでた」(市場関係者)ことが一因とみられる。

    また株式市場規模が約8千兆円なのに対し、仮想通貨の市場規模は10兆円程度と小さく、
    わずかな取引でも大きな値動きにつながるという。「比較的小規模な取引でも、相場に影響を及ぼす」
    (仮想通貨取引所関係者)という。

    ブラウン・ブラザーズ・ハリマン・インベストメント・サービスの村田雅志氏は、「ビットコインはもはや
    投機商品と化した感がある」と指摘。「短期間に大きく値が動く可能性があるが、急落のリスクも
    高まっている」と警鐘を鳴らす。




    a28456ee-aa0e-43de-9f94-345243d78e7b
    関連記事


    1高低差速報

     インターネット上の仮想通貨ビットコインの価値が急上昇している。ドル建て相場は19日、伝統的な「無国籍通貨」である金の最高値を上回った。
    ここ1カ月で6割の上昇だ。荒い値動きに目をつけた投機マネーが流入。過熱を警戒する声も強まっている。

     ビットコインの情報サイトを運営するコインデスクによると、日本時間19日午後2時過ぎに一時1ビットコイン=1922.4ドルをつけ、
    金が2011年9月6日にニューヨーク…

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDJ19H0L_Z10C17A5000000/?dg=1




    9185b125-094b-486b-af62-1b26fcb7c3b4
    関連記事

    このページのトップヘ